【インディカー】第5戦インディGP:ヴィーケイ初優勝。グロージャン4秒差で2位

インディカーの第5戦インディアナポリスGPがインディアナポリス・モータースピードウェイのロードコースで行なわれ、リナス・ヴィーケイが初優勝を手にした。ロマン・グロージャンが2位。佐藤琢磨は16位だった。

【インディカー】第5戦インディGP:ヴィーケイ初優勝。グロージャン4秒差で2位

 インディカー・シリーズの第5戦インディアナポリスGPの決勝レースが行なわれ、エド・カーペンター・レーシングのリナス・ヴィーケイがインディカー初優勝を果たした。ポールポジションからスタートした元F1ドライバーのロマン・グロージャン(デイル・コイン・レーシング)は2位だった。

 7番グリッドからスタートしたヴィーケイは、早めにピットストップを行なう戦略を採り、レース中に徐々に順位を上げていき、85周レースの48周目には首位に浮上。その後、最後のピットストップを終えた段階では一時6番手まで順位を下げるも、ライバルがピットストップを行なったことで首位に返り咲いた。

 残り20周という段階で、サーキットには小雨が降り始める。しかしウエットタイヤを投入するほど路面が濡れることはなく、各車ドライタイヤでの走行を続けた。

 ヴィーケイは最終スティントでブラックタイヤを履いていた。これに対し約9秒後方に位置していたグロージャンは、レッドタイヤのパフォーマンスを活かしてヴィーケイとの差を縮めていった。しかしヴィーケイとの差は大きく、最終的には燃料を節約する走行となった。

 結局ヴィーケイが首位でフィニッシュ。インディカー・シリーズ初優勝を手にすることになった。なおこれで、今季5戦で5人目のウイナーが誕生したことになった。

 2位は4.951秒差でグロージャン。グロージャンはレース序盤をリード。25周目に最初のピットストップをするまでの間に、2番手のアレックス・パロウ(チップ・ガナッシ)に対して4秒のリードを築いた。最終的には44周ラップリードを記録したが、戦略の違いによりヴィーケイに屈した。

 しかしグロージャンは、これがインディカー初表彰台。フォーミュラカーのレースで表彰台を獲得するのは、2015年のF1ベルギーGP以来ということになる。

 3位には、開幕戦で優勝を果たしたアレックス・パロウ(チップ・ガナッシ)が入った。

 レイホール・レターマン・ラニガンの佐藤琢磨は、17番グリッドからスタートし、最終的には16位でフィニッシュしている。

 

Read Also:

シェア
コメント
インディ初ポールのグロージャン……ここでは戦える「生き返ったような感じだ!」
前の記事

インディ初ポールのグロージャン……ここでは戦える「生き返ったような感じだ!」

次の記事

【インディカー】佐藤琢磨、インディGPは悔しい16位「フラストレーションが溜まる戦いだった」

【インディカー】佐藤琢磨、インディGPは悔しい16位「フラストレーションが溜まる戦いだった」
コメントを読み込む