F1
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
R
オーストリアGP
13 8月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
22 8月
次のセッションまで……
10 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

インディカー、ポートランドとラグナセカが中止に。ダブルヘッダー戦が増加

シェア
コメント
インディカー、ポートランドとラグナセカが中止に。ダブルヘッダー戦が増加
執筆:
2020/07/27 23:23

インディカー・シリーズは今季、ポートランドとラグナセカでレースをせず、代わりにミッドオハイオ、ゲートウェイ、インディアナポリス(ロードコース)が2日連続開催のダブルヘッダーとなる。

 既報の通り、2020年インディカー・シリーズのポートランド戦は、新型コロナウイルス感染拡大を受けたオレゴン州のイベント制限の影響で、開催キャンセルとなることが関係者たちに通達されていた。そして日本時間28日(火)にインディカーは最新カレンダーを発表。ポートランド、ラグナセカがカレンダーから消え、ミッドオハイオ、ゲートウェイ、インディアナポリスのロードコースがそれぞれ2戦ずつに増加した。

Read Also:

 新型コロナウイルス感染者の症例が増え続けているアメリカ。オレゴン州ではイベントに関与できる人数が最大100人までに制限されてしまい、ポートランドでのレース開催は実質的に不可能となっていた。そしてカリフォルニア州でも感染者が急増している影響で検疫措置が取られることが予想されるため、ラグナセカ戦も中止となったようだ。

 インディカー・シリーズはプレスリリースの中で「この両イベントの中止は、シリーズとプロモーターが現在の地域の状況を綿密に確認した上で、相互に決定したものだ。シリーズ側はこれらの開催地が2021年に戻ってくることを楽しみにしている」と述べている。

 皮肉なことに、ラグナセカはロングビーチやデトロイト、リッチモンドらが中止となったことを受けて、そのレース数を補うために2日連続開催のダブルヘッダーとして予定されていた。しかしながらそのラグナセカも中止となったために、今度はミッドオハイオ、ゲートウェイ、インディアナポリス・ロードコースがダブルヘッダーとなってレース開催数を穴埋めする形となった。これにより、現時点で2020年のインディカー・シリーズは全14戦で競われる予定となっている。

 ペンスキー・エンターテインメントのマーク・マイルズCEOは次のようにコメントした。

「我々のファンは、今季のNTTインディカー・シリーズにおけるロードアメリカやアイオワ・スピードウェイのようなエキサイティングなダブルヘッダー戦をとても気に入ってくれている」

「我々は今季、インディカー・シリーズのカレンダーの中でも最もエキサイティングな3つのレーストラックで、世界クラスのエンターテイメントを提供できることを楽しみにしている」

 

Read Also:

2020年インディカー・シリーズ 改訂版カレンダー(7月28日時点)

日付 開催地
6月6日 テキサス
7月4日 インディアナポリス・ロードコース
7月11日 ロードアメリカ
7月12日 ロードアメリカ
7月17日 アイオワ
7月18日 アイオワ
8月8日 ミッドオハイオ
8月9日 ミッドオハイオ
8月23日 インディ500
8月29日 ゲートウェイ
8月30日 ゲートウェイ
10月2日 インディアナポリス・ロードコース
10月3日 インディアナポリス・ロードコース
10月25日 セントピーターズバーグ
インディのポートランド戦中止へ? 来週末のミッドオハイオが2日連続開催か

前の記事

インディのポートランド戦中止へ? 来週末のミッドオハイオが2日連続開催か

次の記事

新型コロナ感染拡大を懸念し、ミッドオハイオ戦の開催延期が急きょ決定

新型コロナ感染拡大を懸念し、ミッドオハイオ戦の開催延期が急きょ決定
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
執筆者 David Malsher