佐藤琢磨、デトロイトレース1で5位「初日からよく挽回したと思う」

シェア
コメント
佐藤琢磨、デトロイトレース1で5位「初日からよく挽回したと思う」
2018/06/03 6:43

インディカー・シリーズ第7戦デトロイトGPのレース1が行われ、佐藤琢磨は5位でチェッカーを受けた。

 インディカー第7戦デトロイトGPのレース1が行われ、佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン)は5位でフィニッシュした。

 佐藤は7番グリッドからスタート。そしてレース中にインディ500勝者のウィル・パワー(ペンスキー)などを抜き、最後にはエド・ジョーンズ(チップ・ガナッシ)も捕らえて、5位でチェッカーを受けた。

 レース後、佐藤はチームのプレスリリースに、次のようにコメントを寄せている。

「決して最良の日とは言えませんが、しっかりとした結果を残せました」

 そう佐藤は語る。このデトロイトは、現チームメイトのグラハム・レイホールが圧倒的な強さを見せた地。チームにとっても験の良いサーキットである。

「昨年、チームが勝ち取った成績を考えれば僕たちの期待が高かったのは当然のことですが、少し苦戦を強いられるとともに初日はマシン関連のトラブルもあったので、そこからよく挽回したと思います」

 今回のデトロイトGPは、翌日曜日にはレース2が行われるスケジュールになっている。

「路面にはようやくラバーがのってきました。明日の予選は力強く戦えるでしょうし、できればいいマシンに仕上げたいと思います」

次の記事
デトロイト・レース1:ディクソン今季初優勝。佐藤5位フィニッシュ

前の記事

デトロイト・レース1:ディクソン今季初優勝。佐藤5位フィニッシュ

次の記事

デトロイト・レース2:ハンター-レイ怒涛の追い上げで優勝。琢磨17位

デトロイト・レース2:ハンター-レイ怒涛の追い上げで優勝。琢磨17位
Load comments

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント デトロイト
サブイベント 土曜日 決勝レース
ロケーション ベル・アイル・パーク
ドライバー 佐藤 琢磨
チーム Rahal Letterman Lanigan Racing