ハーベストGPレース2:パワー優勝。ニューガーデン4位で王座争いは最終戦に持ち越し

ペンスキーのウィル・パワーは、最終スティントでコルトン・ハータ(アンドレッティ)から激しいプレッシャーをかけられたものの、なんとかこれを凌いでトップチェッカー。通算39勝目を挙げた。

ハーベストGPレース2:パワー優勝。ニューガーデン4位で王座争いは最終戦に持ち越し

 インディアナポリス・モータースピードウェイのロードコースで開催されたインディカー ・シリーズ第13戦ハーベストGPのレース2は、ポールポジションからスタートしたウィル・パワー(ペンスキー)が逃げ切って優勝。また、前日のレース1で優勝したジョセフ・ニューガーデン(ペンスキー)はこのレース2でも4位に入り、ランキング首位であるスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)との差を32ポイントにまで縮めることになった。

 ポールポジションのパワーは力強いスタートを切り、首位のポジションを堅持した。コルトン・ハータ(アンドレッティ)はターン1でロックアップしたものの、チームメイトのアレクサンダー・ロッシやパトリシオ・オワード(アロー・マクラーレンSP)、アレックス・パロウ(デイル・コイン)らを抑え、2番手を守った。

 ニューガーデンは最初ポジションを落としたが、3周目には10番手に浮上。これはライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ)がプライムタイヤを発熱させるのに苦労したからだ。ニューガーデンは、その後もマルコ・アンドレッティ(アンドレッティ)らも抜き、ポジションを上げていった。

 その後方には、前日のレース1でランキング上のリードを減らすことになったディクソンが控えていた。

 なおこの日のレースは前日の85周よりも10周少ない75周に設定されていた。そのため各車とも、2ストップで走り切ることを目指していた。しかしこれを実現するためには、スタートから燃費を節約する必要があった。

 そんな中でも、10周目頃からピットインするマシンが登場。ただ首位をいくパワーはペースをコントロールし、後続との差を最小限にしながら、周回を進めていった。

 ディクソンのマシンのフロアには、ダメージが及んでいるように見えた。これは、バックストレートエンドのターン7で、ハンター-レイと接触した影響だと考えられた。ストラテジストのマイク・ハルは、影響はないと語ったが、それは信じがたかった。しかし幸運なことに、チームメイトのフェリックス・ローゼンクヴィストがサポート役を務める形となった。

 ニューガーデンは着実に順位を上げ、21周目には5番手となっていた。一方で首位のパワーは、同じ頃には5.6秒のリードを築いていた。これは彼がペースを上げたわけではなく、2番手ハータが後続のロッシとオワードを抑えることに集中する必要があったからだ。

 ロッシとオワード、そしてニューガーデンは26周目にピットイン。プライムタイヤに履き替えた。ディクソンも同様にピットストップしたが、トップ2のパワーとハータはピットインを1周先送りにした。

 この結果、先にピットストップを行なったロッシは、タイヤを十分に暖めることができたため、ハータを抜くことに成功した。

 ディクソンには不運が訪れた。サポート役を失うことになったのだ。ローゼンクヴィストは、チャーリー・キンボール(A.J.フォイト)と接触し、ポジションを下げることになってしまったのだ。

 エリオ・カストロネベス(アロー・マクラーレンSP)やハンター-レイらは、早々に最初のピットストップを行なったため、3ストップ作戦を採らざるを得ず、ポジションを下げることになった。これによってディクソンは9番手に浮上。さらに37周目にはパロウも抜くことになった。

 首位のパワーは、ロッシに対して4.5秒のリードを持っていたが、50周目を目前としたところで、両者の間隔は3秒以内に縮まった。

 そして50周目、上位集団ではパジェノーが最初に2度目のピットストップを実施。 ニューガーデンは51周目にタイヤ交換を行ない、パワーも52周目にピットインした。

 ピットストップの1周後、ニューガーデンはターン7でオワードをオーバーテイクし5番手に浮上。ハンター-レイが4番手を走っていたが、彼は3回目のピットストップをしなければならず、ニューガーデンはこの時点で実質的な4番手ということになった。

 ロッシは最終スティントにプライマリータイヤを履いていた。一方パワーは中古のオプションタイヤを選択。これにより、パワー、ロッシ、ハータのトップ3が、1.8秒以内の僅差にひしめく大接戦となった。その後方10秒の位置にニューガーデンがいた。

 ハータはターン1でチームメイトのロッシを抜いて2番手に浮上。周回遅れのカストロネベスとオーバーテイクしようとしていたパワーに次なる照準を合わせた。そして70周目、ハータは首位パワーの真後ろまで迫った。

 ただ、レーシングラインを外れた位置には、大量のタイヤかすがあり、これがハータがオーバーテイクを成功させる妨げとなった。ハータは再三パワーにプレッシャーをかけたが、抜くまでには至らず、0.9秒及ばなかった。

 結局パワーが優勝し、ハータが2位、ロッシはトップ2台から結局約5秒遅れの3位となった。ニューガーデンはオワードに詰め寄られたものの、ロッシから約3.3秒遅れの4位となった。

 ただニューガーデンは、ランキング首位のディクソンとのポイント差を32ポイントに縮め、10月25日の最終戦セント・ピーターズバーグに挑むことになる。

 なお佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン)は17番グリッドからのスタート。レース中のほとんどのシーンでバトルを演じたが、14位までポジションを上げるのが精一杯だった。

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム Mph
1 Australia ウィル パワー United States Team Penske 75 1:32'08.522   119.115
2 United States Colton Herta Andretti Harding Steinbrenner Autosport 75 1:32'09.416 0.893 119.096
3 United States アレクサンダー ロッシ United States アンドレッティ 75 1:32'14.712 6.190 118.982
4 United States ジョセフ ニューガーデン United States Team Penske 75 1:32'18.111 9.588 118.909
5 Mexico パトリシオ オワード Arrow McLaren SP 75 1:32'18.599 10.077 118.898
6 United Kingdom ジャック ハーベイ United States マイケル・シャンク・レーシング 75 1:32'26.511 17.988 118.729
7 United States グラハム レイホール United States Rahal Letterman Lanigan Racing 75 1:32'27.028 18.505 118.718
8 New Zealand スコット ディクソン United States Chip Ganassi Racing 75 1:32'29.043 20.520 118.675
9 Spain アレックス パロウ Dale Coyne Racing with Team Goh 75 1:32'31.758 23.235 118.616
10 France シモン パジェノー United States Team Penske 75 1:32'43.960 35.437 118.356
11 Sweden フェリックス ローゼンクヴィスト United States Chip Ganassi Racing 75 1:32'47.965 39.442 118.271
12 United States サンティノ フェルッチ Dale Coyne Racing with Vasser Sullivan 75 1:32'48.804 40.281 118.253
13 Canada ジェームズ ヒンチクリフ United States アンドレッティ 75 1:33'01.235 52.712 117.990
14 Japan 佐藤 琢磨 United States Rahal Letterman Lanigan Racing 75 1:33'01.513 52.990 117.984
15 Sweden マーカス エリクソン United States Chip Ganassi Racing 75 1:33'03.109 54.586 117.950
16 United States ライアン ハンター-レイ United States アンドレッティ 75 1:33'03.897 55.374 117.934
17 Netherlands Rinus van Kalmthout United States Ed Carpenter Racing 75 1:33'08.283 59.760 117.841
18 France セバスチャン ブルデー United States A.J. Foyt Enterprises 75 1:33'19.491 1'10.968 117.605
19 United Kingdom マックス チルトン United Kingdom カーリン 75 1:33'19.991 1'11.468 117.595
20 United States コナー デイリー United States Ed Carpenter Racing 74 1:32'16.855 1 Lap 117.350
21 Brazil エリオ カストロネベス Arrow McLaren SP 74 1:32'17.357 1 Lap 117.339
22 United States マルコ アンドレッティ Andretti Herta Autosport with Marco & Curb-Agajani 74 1:32'37.365 1 Lap 116.917
23 United States チャーリー キンボール United States A.J. Foyt Enterprises 74 1:32'38.887 1 Lap 116.885
24 United States セージ カラム United States Dreyer & Reinbold Racing 74 1:32'43.252 1 Lap 116.793
25 Canada Dalton Kellett United States A.J. Foyt Enterprises 73 1:32'24.461 2 Laps 115.605
シェア
コメント
ハーベストGP:ニューガーデンが円熟味見せる逆転優勝。佐藤琢磨は18位に終わる

前の記事

ハーベストGP:ニューガーデンが円熟味見せる逆転優勝。佐藤琢磨は18位に終わる

次の記事

インディカー、ハイブリッドPUを2023年から導入。ホンダ&シボレーと長期契約

インディカー、ハイブリッドPUを2023年から導入。ホンダ&シボレーと長期契約
コメントを読み込む