レースレポート
IndyCar Laguna Seca

アレックス・パロウ、コーション5度のレースを制し今季2勝目|インディカー第8戦ラグナセカ

インディカー第8戦ラグナセカは、荒れたレースとなったものの、ポールシッターのアレックス・パロウ(チップ・ガナッシ)が今季2勝目を挙げた。

 ラグナセカで行なわれたインディカー第8戦は、5度のコーションが出る波乱のレースとなったものの、ポールポジションからアレックス・パロウ(チップ・ガナッシ)が今季2勝目をマークした。

 95周で争われたレースは、1コーナーでいきなり2番手カイル・カークウッド(アンドレッティ・グローバル)がパロウを交わすというダイナミックな幕開けとなった。

 オープニングラップのクラッシュなども無く、首位に立ったカークウッド以下、先頭集団は僅差のまま周回を重ねていった。

 レースが大きく動いたのは、各車が最初のルーティーン・ピットを終わらせてしばらく経った35周目。ルカ・ギオット(デイル・コイン)が単独スピンを喫してタイヤバリアに激突し、1度目のコーションが出た。このタイミングで上位のマシンが続々ピットインする中、パロウはステイアウトを選択した。

 40周目にレースがリスタートされたが、ノーラン・シーゲル(アロー・マクラーレン)がスピンしたことで再度コーション。43周目に改めてリスタートが切られた。パロウはハイペースで飛ばし、コーション中にピットした組でトップとなったコルトン・ハータ(アンドレッティ・グローバル)とのギャップを広げていった。

 パロウは56周目に2度目のピットイン。ハータやアレクサンダー・ロッシ(アロー・マクラーレン)の後ろ3番手で復帰した。パロウは62周目のターン2でロッシのインをついて2番手に浮上すると、64周目にはラグナセカの名物コーナー、コークスクリュー手前でハータをインからオーバーテイク。首位を奪還した。

 その後2周で3秒までリードを広げたパロウは、後続のライバルに合わせるような形で71周目に早めのピットイン。優勝に向けて万全の体制を築いた。

 しかしここから波乱が続く。75周目にマーカス・アームストロング(チップ・ガナッシ)がコースオフして3度目のコーション。82周目にジャック・ハーベイ(デイル・コイン)にエンジントラブルが発生、90周目にはスピンしたキフィン・シンプソン(チップ・ガナッシ)にグレアム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン)が接触し、コーションとリスタートが繰り返された。

 最後のリスタートは残り4周のところ。パロウは集中を切らさずうまく加速し首位を守ると、そのままトップチェッカーを受けた。2位はハータ、3位にはロッシが入った。

 7月5~7日に開催される次戦ミッド・オハイオからは、導入が延期されていたハイブリッドエンジンを搭載してのレースとなる。

 
   
1
 - 
4
   
   
1
 - 
2
   
順位 ドライバー # 周回数 タイム 前車との差 Mph ピット ポイント リタイア原因
1 Spain アレックス パロウ Chip Ganassi Racing 10 95

2:04'09.8545

  102.740 3 54  
2 United States コルトン ハータ Andretti Global with Curb-Agajanian 26 95

+1.9780

2:04'11.8325

1.9780 102.712 3 41  
3 United States アレクサンダー ロッシ Arrow McLaren 7 95

+4.5136

2:04'14.3681

2.5356 102.678 3 36  
4 France ロマン グロージャン Juncos Hollinger Racing 77 95

+4.8243

2:04'14.6788

0.3107 102.673 3 32  
5 United States Kyle Kirkwood Andretti Global 27 95

+8.6768

2:04'18.5313

3.8525 102.620 3 31  
6 New Zealand スコット ディクソン Chip Ganassi Racing 9 95

+9.1504

2:04'19.0049

0.4736 102.614 3 28  
7 Australia ウィル パワー Team Penske 12 95

+9.9964

2:04'19.8509

0.8460 102.602 3 26  
8 Mexico パトリシオ オワード Arrow McLaren 5 95

+10.6214

2:04'20.4759

0.6250 102.593 3 24  
9 United States サンティノ フェルッチ A.J. Foyt Enterprises 14 95

+11.0025

2:04'20.8570

0.3811 102.588 3 22  
10 Sweden マーカス エリクソン Andretti Global 28 95

+11.6398

2:04'21.4943

0.6373 102.579 3 20  

 

前の記事 アロー・マクラーレン、突然解雇のプルシェールに「彼が悪かったわけではない」と釈明。期待の若手起用を優先
次の記事 ザウバーF1、マクラーレン”電撃解雇”のプルシェールに別のインディカーシートを模索中。来季F1候補は「4人の勝利経験者」か?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本