F1
25 9月
FP3 まで
12 時間
:
30
:
19
MotoGP
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
スーパーGT
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
7 days
スーパーフォーミュラ
26 9月
次のセッションまで……
03 時間
:
30
:
19

ミッドオハイオ2:トップ3をアンドレッティ勢が独占、ハータが今季初勝利。佐藤琢磨は18位

シェア
コメント
ミッドオハイオ2:トップ3をアンドレッティ勢が独占、ハータが今季初勝利。佐藤琢磨は18位
執筆:

インディカー第11戦、ミッドオハイオのレース2が行なわれ、コルトン・ハータ(アンドレッティ・ハーディング・スタインブレナー・オートスポート)が今季初優勝を飾った。

 インディカーのミッドオハイオ戦のレース2が、シリーズ第11戦として13日に開催され、コルトン・ハータ(アンドレッティ・ハーディング・スタインブレナー・オートスポート)が今季初優勝を達成した。

 ダブルヘッダー2戦目となる第11戦の予選はウエットコンディションで行なわれた。前日にポール・トゥ・ウィンを挙げたウィル・パワー(チーム・ペンスキー)が予選序盤にスピンを喫し赤旗の原因となり17番手に沈む波乱も起きる中、若手ドライバーたちが思い切りの良さを見せた。

 ポールポジションはハータが獲得。2番手にサンティノ・フェルッチ(デイル・コイン)が入り、4番手にアレックス・パロウ(デイル・コイン・レーシングwithチームゴウ)、フェリックス・ローゼンクヴィスト(チップ・ガナッシ)が5番手に並んだ。

 予選3番手はポイントリーダーのスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)がつけた。佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は予選22番手と、最後列からのスタートとなった。

 決勝はドライコンディションでスタートしたが、スタート直後から波乱が起きた。ハータと競ったフェルッチがコースオフ。そしてコースに復帰する際、パロウとローゼンクヴィストに接触してしまったのだ。

 上位グリッドに並んだ若手3人が上位戦線から離脱すると、首位を守ったハータに続いたのはディクソン。しかしハータは好ペースを維持し、ディクソンに隙を与えなかった。

 アレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)やライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)ともバトルを演じたディクソンは、22周目にまさかのスピンを喫し、後方に下がった。

 アンドレッティ・オートスポートの先輩を従える形になったハータは、うまくタイヤをマネジメントし、ロッシやハンター-レイを近づけず。そのままトップでチェッカーを受け今季初勝利、通算3勝目を挙げた。

 佐藤は戦略を駆使して上位進出を狙い、一時はラップリードをする場面もあったが、最終的には18位フィニッシュ。レース1の17位に続き厳しい結果となった。ミッドオハイオはチームの地元レースであり、チームメイトのグレアム・レイホールが2レース続けて4位となっただけに、悔しいレースとなった。

 シーズンは残り3レース。ダブルヘッダーのインディ・ロードコースと、最終戦セントピーターズバーグだ。ランキング首位のディクソンは、ランキング2番手のジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)を72ポイントリードしている状態だ。

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 United States Colton Herta Andretti Harding Steinbrenner Autosport 75 1:34'17.396     107.763
2 United States アレクサンダー ロッシ United States アンドレッティ 75 1:34'18.779 1.382 1.382 107.737
3 United States ライアン ハンター-レイ United States アンドレッティ 75 1:34'19.893 2.496 1.113 107.716
ミッドオハイオ1:パワーがポール・トゥ・ウィンの圧勝で今季初勝利

前の記事

ミッドオハイオ1:パワーがポール・トゥ・ウィンの圧勝で今季初勝利

次の記事

インディカー、ナッシュビルでのストリートレース”ミュージックシティGP”の開催を発表

インディカー、ナッシュビルでのストリートレース”ミュージックシティGP”の開催を発表
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント Mid-Ohio
執筆者 David Malsher