ミッドオハイオ1:パワーがポール・トゥ・ウィンの圧勝で今季初勝利

シェア
コメント
ミッドオハイオ1:パワーがポール・トゥ・ウィンの圧勝で今季初勝利
執筆:

インディカーの第10戦、ミッドオハイオのレース1が行なわれ、チーム・ペンスキーのウィル・パワーが今季初勝利を挙げた。

 一時はコロナ禍の影響で開催延期が発表されたインディカーのミッドオハイオ戦だが、ダブルヘッダーでの開催が急きょ決定。第10戦として、レース1が9月12日(土)に行なわれた。

 レースはポールポジションを獲得したウィル・パワー(チーム・ペンスキー)がレースを引っ張る展開。大きなアクシデントも起きなかったため、パワーは2度のピットインでポジションを落とした以外は首位を譲らず、75周のうち66周をリードする強さで今季初勝利を挙げた。

 パワーの勝利は、昨年9月に行なわれたポートランド以来となり、実に丸1年ぶりの優勝となった。

 2位はランキング2番手のジョセフ・ニューガーデン(ペンスキー)。ポイントリーダーのスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)が10位に終わったことで、その差を76ポイントに縮めることに成功した。

 3位はアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポーツ)、4位はグレアム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)、5位はライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ)が続いた。

 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、予選18番手からスタートしたが、波乱の少ない展開でポジションを上げられず、17位でフィニッシュ。ランキングは4番手のままだが、パワーが7ポイント差に迫っている。

 現状発表されているスケジュールでは、13日に開催されるレース2を含め、残り4戦。いよいよシーズンも終盤に差し掛かっている。

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム Mph
1 Australia ウィル パワー United States Team Penske 75 1:29'08.909   113.978
2 United States ジョセフ ニューガーデン United States Team Penske 75 1:29'16.361 7.452 113.820
3 United States アレクサンダー ロッシ United States アンドレッティ 75 1:29'17.901 8.992 113.787
4 United States グラハム レイホール United States Rahal Letterman Lanigan Racing 75 1:29'18.141 9.232 113.782
5 United States ライアン ハンター-レイ United States アンドレッティ 75 1:29'22.137 13.228 113.697
6 Sweden フェリックス ローゼンクヴィスト United States Chip Ganassi Racing 75 1:29'23.026 14.117 113.678
7 United Kingdom ジャック ハーベイ United States マイケル・シャンク・レーシング 75 1:29'27.129 18.219 113.591
8 Netherlands Rinus van Kalmthout United States Ed Carpenter Racing 75 1:29'28.156 19.246 113.570
9 United States Colton Herta Andretti Harding Steinbrenner Autosport 75 1:29'34.935 26.026 113.426
10 New Zealand スコット ディクソン United States Chip Ganassi Racing 75 1:29'41.627 32.717 113.285
11 Mexico パトリシオ オワード Arrow McLaren SP 75 1:29'42.523 33.613 113.267
12 Spain アレックス パロウ Dale Coyne Racing with Team Goh 75 1:29'43.386 34.476 113.248
13 United States コナー デイリー United States Ed Carpenter Racing 75 1:29'48.216 39.306 113.147
14 United States サンティノ フェルッチ Dale Coyne Racing with Vasser Sullivan 75 1:29'51.905 42.996 113.069
15 Sweden マーカス エリクソン United States Chip Ganassi Racing 75 1:29'52.604 43.695 113.055
16 United Kingdom マックス チルトン United Kingdom カーリン 75 1:29'53.381 44.471 113.039
17 Japan 佐藤 琢磨 United States Rahal Letterman Lanigan Racing 75 1:29'54.751 45.841 113.010
18 France シモン パジェノー United States Team Penske 75 1:29'55.148 46.238 113.002
19 United States Oliver Askew Arrow McLaren SP 75 1:30'17.320 1'08.410 112.539
20 United States ザック ビーチ United States アンドレッティ 74 1:29'39.517 1 Lap 111.819
21 United States チャーリー キンボール United States A.J. Foyt Enterprises 74 1:30'01.099 1 Lap 111.372
22 Canada Dalton Kellett United States A.J. Foyt Enterprises 74 1:30'02.666 1 Lap 111.340
23 United States マルコ アンドレッティ Andretti Herta Autosport with Marco & Curb-Agajani 74 1:30'07.559 1 Lap 111.239

 

去就未定のペレス、マクラーレンCEOはインディカーでの起用に関心アリ?

前の記事

去就未定のペレス、マクラーレンCEOはインディカーでの起用に関心アリ?

次の記事

ミッドオハイオ2:トップ3をアンドレッティ勢が独占、ハータが今季初勝利。佐藤琢磨は18位

ミッドオハイオ2:トップ3をアンドレッティ勢が独占、ハータが今季初勝利。佐藤琢磨は18位
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント Mid-Ohio
執筆者 David Malsher