ロードアメリカ:ディクソン、レース1で圧巻の開幕3連勝。佐藤琢磨9位

インディカー第3戦ロードアメリカのレース1はチップ・ガナッシのスコット・ディクソンが優勝。開幕からの連勝を3に伸ばした。

ロードアメリカ:ディクソン、レース1で圧巻の開幕3連勝。佐藤琢磨9位

 インディカー第3戦ロードアメリカのレース1が行なわれ、チップ・ガナッシのスコット・ディクソンが開幕3連勝をマークした。

 レース序盤はポールシッターのジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)がリードするも、ピットでエンジンストールを喫し、優勝戦線から離脱した。

 対して、9番手スタートだったディクソンはチームがピットストップのタイミングを的確に判断。ディクソン自身もインラップ、アウトラップで猛プッシュしその期待に応え、上位に食い込んだ。

 そして最後のピットストップ。チームの迅速な作業により、ディクソンは首位を守っていたウィル・パワー(チーム・ペンスキー)を逆転。その後はパワーの追撃を振り切り、開幕3連勝を達成した。

 3位には、ルーキーのアレックス・パロウ(デイル・コイン・レーシング・ウィズ・チームゴウ)が食い込んだ。

 これまでは不運に翻弄されるレースが続いていたが、14番手からスタートするとすぐさま数台をオーバーテイク。ピットストップで順位を落とす場面もあったが、最後のピットストップを終えた段階で4番手につけていた。

 45周目、パロウはライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポーツ)をターン1で攻略した。しかしこれは直前にコーションが出されたことで無効。それでも再度ハンター-レイを交わし表彰台圏内に上がると、ハンター-レイの攻撃を抑え、3位でチェッカーを受けた。

 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、15番手から決勝レースに臨んだが、オープニングラップで22番手まで順位を落としてしまった。しかしそこから徐々にポジションを回復。最後のピット作業を終えたところで、12番手につけた。

 そこから切れ味鋭いオーバーテイクを見せ11番手に浮上。さらに他車のアクシデントでふたつポジションを上げ、9位シングルフィニッシュを果たした。

Related videos:

Read Also:

Race results:

順位 # ドライバー チーム 周回数
1 9 New Zealand スコット ディクソン United States Chip Ganassi Racing 55  
2 12 Australia ウィル パワー United States Team Penske 55 2.538
3 55 Spain アレックス パロウ Dale Coyne Racing with Team Goh 55 3.192
4 28 United States ライアン ハンター-レイ United States アンドレッティ 55 3.984
5 88 United States Colton Herta Andretti Harding Steinbrenner Autosport 55 7.249
6 18 United States サンティノ フェルッチ Dale Coyne Racing with Vasser Sullivan 55 8.200
7 15 United States グラハム レイホール United States Rahal Letterman Lanigan Racing 55 11.355
8 5 Mexico パトリシオ オワード Arrow McLaren SP 55 14.784
9 30 Japan 佐藤 琢磨 United States Rahal Letterman Lanigan Racing 55 15.004
10 8 Sweden マーカス エリクソン United States Chip Ganassi Racing 55 15.766
シェア
コメント
佐藤琢磨、2020年2戦目は10位「思い通りにいかないレースだったが、良かった」

前の記事

佐藤琢磨、2020年2戦目は10位「思い通りにいかないレースだったが、良かった」

次の記事

ロードアメリカレース2:ローゼンクヴィスト、ラスト2周の逆転劇。インディ初優勝を果たす

ロードアメリカレース2:ローゼンクヴィスト、ラスト2周の逆転劇。インディ初優勝を果たす
コメントを読み込む