F1
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
R
オーストリアGP
13 8月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
22 8月
次のセッションまで……
10 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

ロードアメリカレース2:ローゼンクヴィスト、ラスト2周の逆転劇。インディ初優勝を果たす

シェア
コメント
ロードアメリカレース2:ローゼンクヴィスト、ラスト2周の逆転劇。インディ初優勝を果たす
2020/07/13 2:57

インディカー第4戦ロードアメリカは、チップ・ガナッシのフェリックス・ローゼンクヴィストがインディ初優勝を果たした。

 インディカー第4戦、ロードアメリカのレース2は、フェリックス・ローゼンクヴィスト(チップ・ガナッシ)がラスト2周で逆転のオーバーテイクを決め、インディカー初優勝を飾った。

 55周のレーススタート直後から、接触によりライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポーツ)やグレアム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)がクラッシュするという波乱の幕開け。しかし、ポールポジションのパトリシオ・オワード(アローマクラーレンSP)は動じず、レースをリードしていった。

 しかし、7番手スタートのローゼンクヴィストが着実にポジションを上げ、オワードを追った。一時は4.3秒差まで近づいたものの、ピット作業時にタイヤ交換に時間がかかってしまい、その差が8秒まで開いてしまう。その後も両車は一進一退の戦いを続けた。

 最後のピットストップを終えたローゼンクヴィストとオワードの差は6.2秒。しかしペースではローゼンクヴィストの方が上で、残り6周の時点で3.8秒差あったギャップを2周後には2秒まで縮めた。

 残り2周、ローゼンクヴィストはオワードについに追いつき、ターン5でインを守るオワードに対してクロスラインを仕掛けた。サイドバイサイドのバトルはターン7まで続いたが、ローゼンクヴィストはアウト側からオワードの前に出ることに成功した。

 ローゼンクヴィストは、そのままトップチェッカー。インディカーでの自身初優勝を果たした。オワードとは最終的に2.869秒差をつけた。3位には、アレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポーツ)が入っている。

 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)は12位でフィニッシュ。開幕からの連勝は3で途絶えたが、チームとしては開幕から4戦連続で勝利したことになる。

 レース1で3位を獲得したアレックス・パロウ(デイル・コイン・レーシング with チーム・ゴウ)は、一時2番手につける場面もあったが最終的に7位。佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は12番手スタートから8位と、3戦連続のトップ10フィニッシュとなった。

Related videos:

Read Also:

Race results:

佐藤琢磨、スタート直後の不運で最後尾に後退も……粘りの追い上げ9位完走

前の記事

佐藤琢磨、スタート直後の不運で最後尾に後退も……粘りの追い上げ9位完走

次の記事

またも追い上げ展開で8位。佐藤琢磨「理想的ではないが、徐々に良くなってきている」

またも追い上げ展開で8位。佐藤琢磨「理想的ではないが、徐々に良くなってきている」
コメントを読み込む