F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

インディで初のポール・トゥ・ウイン! 佐藤琢磨「密度の濃いバトルだった」

シェア
コメント
インディで初のポール・トゥ・ウイン! 佐藤琢磨「密度の濃いバトルだった」
2019/04/08 2:19

インディカーで初のポール・トゥ・ウインを果たした佐藤琢磨が、チームのプレスリリースにコメントを寄せた。

 バーバー・モータースポーツパークで行われたインディカーの第3戦インディ・グランプリ・オブ・アラバマで、佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン)がポール・トゥ・ウインを達成した。

 佐藤にとってこれはインディカー・シリーズでの通算4勝目。初のポール・トゥ・ウインである。90周のレース中74周でリードラップを取る、完勝劇だった。

「この優勝を僕にもたらしてくれたボビー(・レイホール)、デイヴ(・レターマン)、そしてマイク・ラニガンの3人に心からお礼を申し上げます。これまで密接に仕事をしてきたグレアム・レイホールにも感謝しています」

 佐藤はチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「今日は、僕もグレアムもとてもコンペティティブでした。(トラブルのため順位を落とした)グレアムに起きたことはとても残念でしたが、チームとして素晴らしいことを成し遂げたと思います」

 1回目のピットストップでは、左リヤタイヤの交換に手間取り、ヒヤリとするシーンがあった。

「30号車を担当するクルーには新しいメンバーもいて、今は練習している最中なので、(ピットストップに手間取るのは)いつでもありうることです。なにしろ、これはレースなのです。皆さんご存じのとおり、僕がミスすることだってあります。それは構いません。今日のマシンはとても好調だったので、その後、リードを取り戻すことができました」

 またレース残り数周、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)に迫られる中、コースオフしてしまうシーンもあった。これについても佐藤は、次のように語っている。

「おそらく、あそこまでハードにプッシュする必要はなかったのでしょう。とても密度の濃いバトルでした。本当によかったと思います」

 次戦は4月14日に決勝レースが行われる、グランプリ・オブ・ロングビーチ。佐藤がインディカー初優勝を果たした地である。今回の勢いを、そのまま次戦に繋げていくことができるのか? 注目が集まる。

次の記事
アラバマ決勝:佐藤琢磨、盤石の速さで完勝! ディクソンを寄せ付けず

前の記事

アラバマ決勝:佐藤琢磨、盤石の速さで完勝! ディクソンを寄せ付けず

次の記事

佐藤琢磨、今までで最も”クリーン”な勝利「でも最後は大変な戦いだった」

佐藤琢磨、今までで最も”クリーン”な勝利「でも最後は大変な戦いだった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント バーミンガム
サブイベント Race
ドライバー 佐藤 琢磨
チーム Rahal Letterman Lanigan Racing