F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
9 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
18 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
11 days

インディカー、2022年にハイブリッドシステム搭載。第3のメーカーを誘致へ

シェア
コメント
インディカー、2022年にハイブリッドシステム搭載。第3のメーカーを誘致へ
執筆:
2019/08/03 6:02

インディカーは次世代エンジン導入を1年遅らせ、ハイブリッドシステムを組み込むことで、第3のメーカーを呼び込もうとしている。

 インディカーは、2022年から共通のハイブリッドシステムを導入することを発表。これに併せて、ホンダやシボレーに続く、第3のエンジンメーカーをシリーズに呼び込もうとしているようだ。

 ハイブリッドシステムは、シボレーおよびホンダのエンジンと統合され、”合計900馬力以上”のパワーを生み出すという。マシンのブレーキシステムからエネルギーを回生するモーターとインバーター、バッテリーからハイブリッドシステムが構成される。

 また、マシンにハイブリッドシステムが搭載されることで、エンジンが止まってしまった際にも、セーフティチームの支援なしにエンジンを再始動することが出来るようになる。これにより、コーションが出ている時間が短くなり、ファンのレース体験をより良いものとすることにも繋がる。

 詳細はまだ確定していないものの、ロードコースやストリートコースで使われるプッシュ・トゥ・パスも、ハイブリッドシステムによって効果が増強されるようだ。現在はターボの過給圧が1.5barから1.65barに上昇することで、1レースあたり合計200秒間、約60hpのパワーアップが得られるようになっている。

 当初、次世代のエンジンについては、現行の2.2リッターV6ツインターボエンジンを2.4リッターに拡張しながらも、現在の構成を維持するという計画が2018年5月に発表されていた。

 しかしながら今年の4月、インディカーの代表を務めるジェイ・フライは新しいエンジン導入を1年遅らせ、第3のエンジンメーカーを惹きつけるための時間にすると認めた。

 今回の発表により、インディカーには新しいエンジンとダラーラの次世代シャシーが同じ年に導入されることになった。エンジンのサイズはまだ未発表だが、このエンジンとシャシーは2022年から2027年まで使われる予定だ。

 フライは「マシンの進化と、新しいエンジンに組み込まれるハイブリッド・パワートレインのような技術革新により、インディカーにとってエキサイティングな時代となるだろう」と語った。

「速く、音が大きく、本格的であるという我々のルーツに忠実であり続けると同時に、シリーズとエンジンメーカーにとって重要な要素であるハイブリッド技術を追加し、将来に向けて動いていく」

 ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)の代表であるテッド・クラウスは、次のように述べた。

「ホンダは、我々のスポーツと世界を担う人材と技術を育てるためにレースに注力している。インディカーは成功と失敗が明確な環境の中で、人材と技術の両方を証明するための完璧なプラットフォームを提供してくれる」

 シボレーのパフォーマンスおよびモータースポーツ担当副社長であるジム・キャンベルは「シボレーは、新しいエンジン規則の導入を2022年まで遅らせることを支持している」と話した。

「それは、新しい技術をシャシーと同時に導入するためだ。シボレーとインディカー間のパートナーシップは、我が社がエンジンに組み込んだ技術を紹介し、レーストラックで学んだパフォーマンスや信頼性、効率性を市販車に反映するための強力なプラットフォームだ」

次の記事
ミッドオハイオ決勝:ディクソン、ローゼンクヴィストとの激戦を制す

前の記事

ミッドオハイオ決勝:ディクソン、ローゼンクヴィストとの激戦を制す

次の記事

マクラーレン、2020年からインディカーにフル参戦! シュミット・ピーターソンと提携

マクラーレン、2020年からインディカーにフル参戦! シュミット・ピーターソンと提携
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
執筆者 David Malsher