インディカーGP決勝:パワー今季初優勝、ペンスキー通算200勝達成

シェア
コメント
インディカーGP決勝:パワー今季初優勝、ペンスキー通算200勝達成
David Malsher
執筆: David Malsher
2018/05/12 23:49

インディカー・シリーズ第5戦インディカーGPが行われ、ペンスキーのウィル・パワーが優勝を果たした。

 インディカー・シリーズ第5戦インディカーGPが、インディアナポリス・モータースピードウェイのインフィールドセクションとオーバルコースを組み合わせたコースを使って行われ、チーム・ペンスキーのウィル・パワーが優勝を果たした。この勝利は、チーム・ペンスキーにとってインディカーでの200勝目という記念すべき1勝となった。

 2位にはチップ・ガナッシのスコット・ディクソン、3位にはルーキーのロバート・ウィッケンス(シュミット・ピーターソン)が入った。

 ポールポジションからスタートしたパワーはポジションを堅持。ウィッケンスを2番手に従えて走行していた。しかしパワーは、硬い方のタイヤであるブラックタイヤを装着した際にペースを上げることができず、ウィッキンスの先行を許してしまうばかりでなく、柔らかいレッドタイヤを履くセバスチャン・ブルデー(デイル・コイン)の脅威に晒される。

 2度目のピットストップを終えた時点でも、ウィッケンスがリードを守っていた。しかし、今度は履くタイヤが逆。レッドタイヤを履くパワーは徐々にウィッケンスを追い詰め、51周目のターン1で首位を取り戻すことに成功した。

 55周目、ブルデー攻略を狙っていたペンスキーのジョセフ・ニューガーデンがターン12でスピンし、ストールしてしまった。これにより、フルコースイエローコーションが宣言される。

 レースの最後まで燃料がもつのか……微妙なタイミングではあったものの、この間に各車がピットイン。パワーが先頭のままコースに復帰し、ウィッケンスが2番手を維持した。

 素晴らしいピットストップとなったのはディクソンだった。ディクソンはこのピットインにより、ブルデーやアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ)、エリオ・カストロネベス(ペンスキー)、ジェームス・ヒンチクリフ(シュミット・ピーターソン)らの前に出ることに成功。一気に3番手に躍り出ることになった。

 そして64周目、ディクソンはウィッケンスを攻略して2番手に浮上。ポジションを落としたウィッケンスは、ロッシの攻撃を受けることになった。

 残り10周、コースには雨が落ち始める。それまでにディクソンは首位パワーに1秒差まで接近していたが、雨が降り始めるとその差は徐々に開き、結局2.2秒の差をつけてパワーがトップチェッカーを受けた。

 この勝利は、ペンスキーにとってインディカーでの通算200勝目という記念すべき1勝となった。

 2位にはディクソン、3位にはウィッケンスが入った。以下ブルデー、ロッシという順だった。

 レイホール・レターマン・ラニガンの佐藤琢磨は、レース終盤に10番手に上がり、この位置でフィニッシュを果たした。佐藤のチームメイト、グラハム・レイホールは9位だった。

→インディカーGP決勝レース結果

次の IndyCar ニュース
インディ500練習走行がスタート。初日パジェノー首位、佐藤琢磨14番手

前の記事

インディ500練習走行がスタート。初日パジェノー首位、佐藤琢磨14番手

次の記事

インディGP予選:ウィル・パワーが今季初PP。佐藤琢磨は11番手

インディGP予選:ウィル・パワーが今季初PP。佐藤琢磨は11番手

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント インディアナポリス
ロケーション インディアナポリス・モーター・スピードウェイ
ドライバー ウィル パワー
チーム Team Penske
執筆者 David Malsher
記事タイプ レースレポート