いきなり予選4番手! インディ初挑戦で速さ見せたルンガー「家族が結果を知ったら倒れるんじゃないかな!」

インディカー第12戦でシリーズデビューを果たしたクリスチャン・ルンガーは、いきなり予選4番手と速さを見せられたことに驚いたという。

いきなり予選4番手! インディ初挑戦で速さ見せたルンガー「家族が結果を知ったら倒れるんじゃないかな!」

 インディカーの第12戦の予選がインディアナポリス・モーター・スピードウェイで行なわれ、これがシリーズデビュー戦となったクリスチャン・ルンガー(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は予選4番手といきなり速さを見せた。これには、ルンガー本人も驚きを感じており、「家族が結果を知ったら心臓発作を起こすんじゃないか」と語った。

 アルピーヌの育成ドライバーであるルンガーは、普段はFIA F2選手権を主戦場としているが、インディアナポリスのロードコースでも高パフォーマンスを発揮。1時間のプラクティスからチームのレギュラードライバーであるグレアム・レイホールや佐藤琢磨を上回り、7番手タイムを記録した。

 予選でも、ソフトコンパウンドであるレッドタイヤのグリップ向上にも動じず、ポールポジション争いを展開。0.0286秒差の4番手となった。

 レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングは、3台体制でのフルタイムエントリーも検討中であり、ルンガーはその候補のひとりだと公言している。アルピーヌF1チームへの昇格が望めない今、ルンガーはインディカーのシートを手にするために、素晴らしいアピールをしてみせたと言えよう。

Read Also:

「家を出るときには、まさかこんなポジションにいるとは思っていなかった」とルンガーは語った。

 ルンガーはそう語った。

「家族は今、眠っているだろう。朝、目が覚めたら心臓発作を起こすんじゃないかな!?」

「ここにいることができて、本当に幸せだ。一秒一秒を楽しんでいる。ヨーロッパとは全然違うからね。ファンの皆さんの姿を見るだけでも素晴らしい」

「今年のF2レースでは、ファンが集まったことが1度か2度あったけど、収容人数は半分程度だった。だからここに来て、多くの人が僕たちの近くにいるのを見るのは、本当に素晴らしいことだ」

 7月にバーバー・モータースポーツ・パークで行なわれた1日のテストで初めてインディカーマシンをドライブしたルンガーは「今のところいい感じだと思うけど、このポジションは予想していなかった」と話す。

「テストを終えて、クルマの状態はわかっていた。でも僕がテストをしたのはバーバーだったから、何が起きるかは分かっていなかった。でもマシンがかなり似ていることが分かったんだ」

「もちろん、若干の違いはある。でもレースカーはレースカーだ。クルマの限界を見つけることが重要だ。それをすぐに見つけられたと思う」

「F2マシンとインディカーは、どちらもダラーラ社製だ。かなり似ている部分もあると思う。クルマの走らせ方だけなら、それほど大きな違いはない。だからこそ、すぐに慣れることができたのだと思う」

 ルンガーは、さらなるスポット参戦の可能性について、状況は今のところはオープンだと語った。

「将来については、様々な選択肢があると思う。これ(インディカー)がそのひとつではないと言うつもりはない。間違いなく選択肢のひとつなんだ。でも他にもある」

「レースをしにここに来れたということは、将来の決断に向けて良いことだと思う。今日のパフォーマンスからすると、将来は明るいようにも思える。でもそれ(インディカー)をやると言うつもりはない。非常に多くの選択肢があるんだ」

「つまり、僕は探求するためにここにいるんだ。おそらく後で、他のいくつかのことも試してみるだろう」

「F2はまだ半シーズン残っている。僕はまだF2でチャンピオンシップのポジションを上げるに焦点をあてているんだ」

 FIA F2では現在ランキング12番手と物足りない結果となっているルンガーだが、アメリカのファンには鮮烈な印象を与えたことだろう。決勝でさらなるアピールができるか注目だ。

Read Also:

シェア
コメント
今季3度目のポール獲得のオワード、悲願のタイトル獲得へ向けテストで好感触掴む「表彰台の中央は僕らがいて当然の場所」
前の記事

今季3度目のポール獲得のオワード、悲願のタイトル獲得へ向けテストで好感触掴む「表彰台の中央は僕らがいて当然の場所」

次の記事

インディカー第12戦インディGP2:パワーが今季初勝利で通算40勝目。佐藤琢磨は終盤接触も10位

インディカー第12戦インディGP2:パワーが今季初勝利で通算40勝目。佐藤琢磨は終盤接触も10位
コメントを読み込む