マクラーレン、インディ500に参戦するアロンソ車のカラーリングを公開

シェア
コメント
マクラーレン、インディ500に参戦するアロンソ車のカラーリングを公開
執筆:
2019/04/09 1:00

マクラーレンは、フェルナンド・アロンソを擁して今季のインディ500に参戦するマシンのカラーリングを公開。同チームのF1マシン同様の塗り分けとなった。

 マクラーレンは今シーズンのインディ500に、フェルナンド・アロンソを擁して参戦予定となっている。そのマシンのカラーリングを、チームが公開した。

 アロンソは、F1モナコGP、ル・マン24時間、そしてインディ500の世界三大レース完全制覇を目指している。すでにモナコGPとル・マン24時間レースを制しているアロンソは、もし今年インディ500を制することができれば、トリプルクラウン達成となる。なおアロンソにとって今年のインディ500は、自身2度目の挑戦。またカーナンバーは、マクラーレンの伝統的なナンバーである66が使われることになっている。

 マクラーレンが走らせるインディカーは、すでにマクラーレンのテクノロジーセンターで組み立てられたという。そしてマクラーレンが”スペシャリスト”と呼ぶスタッフがこれを担当したようだ。なおエントリーは、カーリン・レーシングによってサポートされる。

 イギリスで組み立てられたマシンは、4月24日にインディアナポリス・モータースピードウェイで行われるオープンテストに参加するため、アメリカへ向けて輸送中であるという。

 またマクラーレンはテストマシンをテキサス・モータースピードウェイに送り、アロンソにユニバーサルエアロキットを搭載したマシンをオーバルコースで初めてドライブさせる予定だ。このテストは、4月9日に行われる予定である。

 この日公開されたインディ500用マシンは、マクラーレンのF1マシンと同じパパイヤオレンジをメインにカラーリングされている。これについてマクラーレンは「マクラーレンF1チームのMCL34のカラーリングを反映している」と語ると共に、チームの歴史を鑑みて「青の補色」を入れているとしている。

 このマシンをドライブするアロンソも、次のように語った。

「5月にインディ500でマクラーレンと共にレースをする際の66号車を、世界に公開することができ、僕は興奮している」

「マクラーレンのファクトリーのチームは、我々マシンをブリックヤード(インディアナポリス・モータースピードウェイ)に戻すべく、このマシンを組み立てるために懸命に努力してきた。そして2019年のマクラーレン・レーシングのカラーリングをまとっており、素晴らしく見えると僕は思う」

「三冠を勝ち取るという僕のレースへの希望は変わらない。そして、素晴らしいアメリカのファンに会えるのを楽しみにしている。初めて訪れた際、僕のことをとても歓迎してくれたんだ」

 マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンも、次のように語った。

「マクラーレン・レーシングのインディ500への旅路にとって、66号車の外観とそのカラーリングを公開するのは、とても重要な瞬間だ」

「これは、われわれのプログラムの次の段階が始まったことを示している。そして、マクラーレン・テクノロジーセンターのインディ500スペシャリストチームの多大な努力を反映している」

「我々全員が、4月24日に初めて66号車がコースに出ていくのを楽しみにしている」

次の記事
佐藤琢磨、今までで最も”クリーン”な勝利「でも最後は大変な戦いだった」

前の記事

佐藤琢磨、今までで最も”クリーン”な勝利「でも最後は大変な戦いだった」

次の記事

完勝の佐藤琢磨にブルデー&ディクソン脱帽「今回のサトーは速すぎた」

完勝の佐藤琢磨にブルデー&ディクソン脱帽「今回のサトーは速すぎた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Tom Errington
まずは最新ニュースを読む