ミッドオハイオ予選:ロッシ今季3度目PP。佐藤琢磨は赤旗の影響もあり8番手

シェア
コメント
ミッドオハイオ予選:ロッシ今季3度目PP。佐藤琢磨は赤旗の影響もあり8番手
David Malsher
執筆: David Malsher
翻訳:: 松本 和己
2018/07/29 5:40

ミッドオハイオの予選が行われ、アンドレッティ・オートスポートのアレクサンダー・ロッシがポールポジションを獲得した。

 インディカー第13戦ミッドオハイオの予選が行われ、アンドレッティ・オートスポートのアレクサンダー・ロッシが今季3度目のポールポジションを獲得した。

 ロッシは、ファスト6でアタックを1回のみ実施。このアタックをまとめ、昨年のポールシッターであるウィル・パワー(チーム・ペンスキー)に0.2秒差をつけてポールポジションを勝ち取った。

 3番手はライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)、4番手には昨年のウイナー、ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)がつけた。今季がルーキーシーズンのロバート・ウィケンス(シュミット・ピーターソン)が5番手、カーリンのマックス・チルトンが6番手を手にした。

 今季からインディカーに参戦しているカーリンがファスト6に進出したのは大きなサプライズだったが、これは予選セグメント2で有力ドライバーが不運な敗退を喫した影響が大きい。

 12台がファスト6進出を争うセグメント2では、残り時間1分を切ったタイミングでジェームス・ヒンチクリフ(シュミット・ピーターソン)がスピンしクラッシュ。最速タイムを出した直後だったが、このベストタイムが抹消され10番手に降格となった。

 この影響で、軟らかいレッドタイヤでのタイムを出せなかったドライバーも多く、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのグレアム・レイホール、佐藤琢磨が共にノックアウト。それぞれ7番手、8番手となりファスト6には進めなかった。ポイントリーダーのスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)も、9番手だった。

 今回が怪我からの復帰戦となるピエトロ・フィッティパルディ(デイル・コイン)は、22番手。チームメイトのセバスチャン・ブルデーはブラックタイヤでの2周目に、2コーナーでタイヤバリヤに突き刺さりノータイムで予選を終えた。

【リザルト】インディカー第13戦ミッドオハイオ予選

次の IndyCar ニュース
マクラーレンの19年フル参戦は厳しい?「人材確保が最大の壁」とカーリン

前の記事

マクラーレンの19年フル参戦は厳しい?「人材確保が最大の壁」とカーリン

次の記事

ミッドオハイオ:ロッシ2ストップ戦略で2勝目。佐藤琢磨1周目の接触で17位

ミッドオハイオ:ロッシ2ストップ戦略で2勝目。佐藤琢磨1周目の接触で17位
Load comments

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント ミドオハイオ
ロケーション ミドオハイオ・スポーツカー・コース
執筆者 David Malsher
記事タイプ 予選レポート