ミッドオハイオ予選:パワーが通算57回目のPP。佐藤琢磨は17番手スタートに

インディカー第13戦ミッドオハイオの予選は、チーム・ペンスキーのウィル・パワーがポールポジションを獲得した。

ミッドオハイオ予選:パワーが通算57回目のPP。佐藤琢磨は17番手スタートに

 インディカー第13戦ミッドオハイオの予選が行われ、チーム・ペンスキーのウィル・パワーが通算57回目のポールポジションを獲得した。

 予選Q1のグループ1をトップタイムで通過したパワーはQ2でも5番手となり、Q3のファスト・シックスに駒を進めた。すると、Q3では1分5秒1569をマーク。週末の一番時計で、2番手となったアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)に対して0.3748秒差をつける圧巻の走りで、ポールポジションを獲得した。

 ポイントリーダーのジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)は3番手。タイトル争いのライバルであるロッシの後塵を拝したものの、しっかりと上位グリッドにつけた。

 4番手にはシモン・パジェノーが入り、ペンスキーは全3台がファスト・シックスに進出した形。5番手はデイル・コインのセバスチャン・ブルデー、6番手にはフェリックス・ローゼンクヴィスト(チップ・ガナッシ)がつけた。

 初日のプラクティスで総合トップだったコルトン・ハータ(ハーディング・レーシング)は、わずか0.0034秒届かず、Q2敗退の7番手となった。

 佐藤琢磨が所属するレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングは苦しい戦い。グレアム・レイホールと共に予選Q1グループ1に出走した佐藤だが、レイホールが8番手、佐藤が9番手と振るわず。Q2に進出することができず、レイホールが15番手、佐藤は17番手から決勝に臨むことになった。

【リザルト】インディカー第13戦ミッドオハイオ:予選結果

シェア
コメント
アイオワ決勝:”ミッドナイトレース”をニューガーデン制す。佐藤琢磨は悔しいリタイア

前の記事

アイオワ決勝:”ミッドナイトレース”をニューガーデン制す。佐藤琢磨は悔しいリタイア

次の記事

インディカー、2022年にハイブリッドシステム搭載。第3のメーカーを誘致へ

インディカー、2022年にハイブリッドシステム搭載。第3のメーカーを誘致へ
コメントを読み込む