レース終盤の大逆転。ディクソン、イエローコーションを味方につけて今季2勝目|インディカー第14戦ナッシュビル

スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)が、ナッシュビルで行なわれたインディカー・シリーズ第14戦で優勝。一時は最後尾付近まで後退したものの、イエローコーションを味方につけ、大逆転勝利を手にした。

レース終盤の大逆転。ディクソン、イエローコーションを味方につけて今季2勝目|インディカー第14戦ナッシュビル
Listen to this article

 インディカー・シリーズ第14戦がナッシュビルのストリートコースで行なわれ、チップ・ガナッシのスコット・ディクソンが今季2勝目、通算53勝目を挙げた。

 ディクソンは予選14番手と、後方からのスタート。しかも26周目にフロアに大ダメージを負ったために、ピットレーンがクローズされている状況でピットイン。これでマシンを修復することができたが、ペナルティを科されてしまい、後方に落ちた。

 ディクソンはレース終盤に向けて15番手を走っていたが、51周にアンダーグリーンでピットイン。すると次の周には多重クラッシュによるフルコースコーションが発生。ピットレーンがオープンとなると、各車が最後のピット作業のためになだれ込んだ。

 ディクソンは当然ステイアウトし、2番手に浮上。その後首位を走っていたジョセフ・ニューガーデン(ペンスキー)が66周目にピットストップを行なったことで、ディクソンがついに首位に立つことになった。

 その後はクリスチャン・ルンガー(レイホール・レターマン・ラニガン)や、ポールポジションからスタートしたスコット・マクログリン(ペンスキー)らにプレッシャーをかけられた。しかしそこは百戦錬磨のディクソン。最終盤はマクラフランの猛追を抑えきり、今季2勝目、通算53勝目を挙げた。

 2位にはマクログリン、3位はアレックス・パロウ(チップ・ガナッシ)だった。

 デイル・コイン・レーシングwithRWRの佐藤琢磨は、20番グリッドからスタート。しかしデヴリン・デフランチェスコ(アンドレッティ)を抜こうとしたところで、両車が接触。揃ってレースを終えることになった。

 佐藤はこの接触について憤慨しており、以下のようにコメントしている。

「ターン10でデフランチェスコのラインがアウトに膨らんだため、いつもであれば2ワイドで通過できる場所で接触し、ウォールに衝突しました。彼は『僕が彼に向けてステアリングを切り込んだ』と説明していますが、そんなことはしていません」

「彼に対しては、確実に僕が見えるようにしていましたし、実際、彼は僕を見ていました。彼は『誰かに追突された』とも説明していますが、オンボード映像を見たところ、実際はそうではありませんでした」

 今回のレースの結果、11位でフィニッシュしたウィル・パワー(ペンスキー)がランキング首位を堅持。ディクソンが3番手に浮上し、マーカス・エリクソン(チップ・ガナッシ)が3番手となった。

 
Read Also:
順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 New Zealand スコット ディクソン United States Chip Ganassi Racing 80 2:06'24.2439     94.585  
2 New Zealand スコット マクログリン United States Team Penske 80 2:06'24.3506 0.1067 0.1067 94.888  
3 Spain アレックス パロウ United States Chip Ganassi Racing 80 2:06'24.8539 0.6100 0.5033 94.704  

シェア
コメント
ロッシが3年ぶり勝利。選手権リーダーはエリクソンからパワーに|インディカー第13戦インディGP
前の記事

ロッシが3年ぶり勝利。選手権リーダーはエリクソンからパワーに|インディカー第13戦インディGP

次の記事

ルンガー、ベッテルの”セカンドキャリア”にインディカーはおすすめ?「適応は難しいだろうけど、僕は大好き」

ルンガー、ベッテルの”セカンドキャリア”にインディカーはおすすめ?「適応は難しいだろうけど、僕は大好き」