ロードアメリカ予選:ニューガーデンが今季3度目ポール。佐藤琢磨は7番手

シェア
コメント
ロードアメリカ予選:ニューガーデンが今季3度目ポール。佐藤琢磨は7番手
David Malsher
執筆: David Malsher
翻訳:: 松本和己
2018/06/24 5:41

インディカー第10戦ロードアメリカの予選が行われ、ジョセフ・ニューガーデンがポールポジションを獲得した。

Scott Dixon, Chip Ganassi Racing Honda
Will Power, Team Penske Chevrolet
Takuma Sato, Rahal Letterman Lanigan Racing Honda

 インディカー第10戦ロードアメリカの予選は、チーム・ペンスキーのジョセフ・ニューガーデンがポールポジションを獲得。前戦テキサスに続く2戦連続、今季3度目のポールとなった。

 ニューガーデンは初日のフリー走行を共にトップで終えていたが、予選中にギヤレシオを変更。1分43秒2026を記録し、チームメイトのウィル・パワーを0.0482秒上回った。

 2番手のパワーはこれまでデトロイトのレース1以外の全戦でトップ3スタート。予選で安定した速さを発揮している。

 ファスト6はペンスキーの2台を除いた4台がホンダ勢だったが、アンドレッティ・オートスポートのライアン・ハンター-レイ、アレクサンダー・ロッシがそれぞれ3番手、4番手となった。フリー走行3回目をトップで終えたロバート・ウィケンス(シュミット・ピーターソン)は5番手、セバスチャン・ブルデー(デイル・コイン)が6番手だった。

 レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングは、佐藤琢磨が0.0363秒差でファスト6進出を逃し7番手。グラハム・レイホールは8番手だった。7番手には、現在ポイントリーダーのスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)が入っている。

【リザルト】インディカー第10戦ロードアメリカ:予選結果

 
次の IndyCar ニュース
予選7番手の佐藤琢磨「チームが素晴らしい働き。力強い結果を期待」

前の記事

予選7番手の佐藤琢磨「チームが素晴らしい働き。力強い結果を期待」

次の記事

テキサス決勝:ディクソン歴代3位の通算43勝目。佐藤琢磨は粘って7位

テキサス決勝:ディクソン歴代3位の通算43勝目。佐藤琢磨は粘って7位

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント ロード・アメリカ
ロケーション ロード・アメリカ
ドライバー ジョセフ ニューガーデン
チーム Team Penske
執筆者 David Malsher
記事タイプ 予選レポート