F1
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
24 7月
イベントは終了しました
06 8月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
16 7月
イベントは終了しました
08 8月
次のセッションまで……
22 時間
:
16
:
14
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

またも追い上げ展開で8位。佐藤琢磨「理想的ではないが、徐々に良くなってきている」

シェア
コメント
またも追い上げ展開で8位。佐藤琢磨「理想的ではないが、徐々に良くなってきている」
2020/07/13 10:30

2020年のインディ第4戦ロードアメリカ。佐藤琢磨はダブルヘッダーの2レース目を8位でフィニッシュした。

 ロードアメリカで行なわれたインディカーシリーズの第3戦。佐藤琢磨は(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、8位でレースを終え、3戦連続のトップ10フィニッシュを果たした。

Related videos:

 ダブルヘッダーで開催された今回のロードアメリカ戦。佐藤はレース1で、一時最後尾まで後退しながらも粘りの走りで9位となったが、レース2に向けてマシンのセットアップを大幅に変更したのだという。

「昨日以来、マシンのバランスが改善できなかったので、昨晩は大幅な変更を行ないました。したがって、ちょっとしたギャンブルというか、分からないところがある状態で予選に臨みました」

 佐藤は、チームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「予選では2セットのレッド・タイヤを使わなければならず、これは決勝レースでの戦い方を犠牲にするものですが、これでスターティングポジションを上げられるので“よし”としました」

 決勝では、またしても不運な展開でスタート直後にポジションを落とすも、粘りの走りで挽回。次戦以降もこの流れを保っていきたいと語った。

「スタートでは、僕の前を走るドライバーたちが大きなクラッシュを演じて行き先がなくなったため、過去の3レース同様、大きく順位を落としました。その後、徐々に挽回を図っていきます。また、ピットストップではメカニックたちが素晴らしい働きをしてくれました。結果的にかなりポジションを上げて終盤は8位を目指して戦いました」

「決して理想的な展開ではありませんが、ペンスキーと争ったのですからそれほど悪くないと思います。ここまで10位、9位、8位と決勝の順位が徐々によくなっているので、次のアイオワでもこの流れを保てることを期待しています。次戦も全力で戦います!」

Read Also:

ロードアメリカレース2:ローゼンクヴィスト、ラスト2周の逆転劇。インディ初優勝を果たす

前の記事

ロードアメリカレース2:ローゼンクヴィスト、ラスト2周の逆転劇。インディ初優勝を果たす

次の記事

パロウ、2戦連続の表彰台逃すもルーキー最上位に「総合的に素晴らしい連戦になった」

パロウ、2戦連続の表彰台逃すもルーキー最上位に「総合的に素晴らしい連戦になった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント ロード・アメリカ
サブイベント Race 2