ウィケンス、月曜日夜に外科手術。脊椎の負傷に対する処置

シェア
コメント
ウィケンス、月曜日夜に外科手術。脊椎の負傷に対する処置
執筆: Jack Cozens
2018/08/21 5:17

インディカー第14戦ポコノで負傷したロバート・ウィケンスは、脊椎の負傷に対する処置として、月曜日の夜に手術を受ける。

Robert Wickens, Schmidt Peterson Motorsports Honda
Robert Wickens, Schmidt Peterson Motorsports Honda, James Hinchcliffe, Schmidt Peterson Motorsports Honda, Ryan Hunter-Reay, Andretti Autosport Honda, Pietro Fittipaldi, Dale Coyne Racing Honda crash
Robert Wickens, Schmidt Peterson Motorsports Honda, James Hinchcliffe, Schmidt Peterson Motorsports Honda, Ryan Hunter-Reay, Andretti Autosport Honda, Pietro Fittipaldi, Dale Coyne Racing Honda crash

 ポコノ・レースウェイで行われたインディカー第14戦。レース序盤の大クラッシュで負傷したロバート・ウィケンス(シュミット・ピーターソン)は、月曜日の夜に手術を受ける。

 決勝スタート直後に出されたコーションが明けた7周目、ウィケンスは3番手を走るライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)と軽く接触。両車が挙動を乱した結果としてウィケンスのマシンは宙に投げ出され、SAFERバリアの上を滑った後、デブリキャッチフェンスに当たり大破してしまった。

 ウィケンスはクラッシュの後、首を固定したままヘリで付近の病院に搬送された。チームとインディカーがレース後に発表した声明によると、彼は下肢や右腕、脊椎を負傷し治療を受けている他、肺挫傷を負っているという。

 そして月曜日になり、短い声明が発表され、彼の状態についてさらなる情報がもたらされた。MRI検査の結果、外科手術を行うことが決定された。

「シュミット・ピーターソン・モータースポーツのドライバーであるロバート・ウィケンスは、ポコノ・レースウェイで8月19日(日)に行われたABCサプライ500で負傷し、リーハイ・バレー病院で治療を続けています」とチームは声明で発表した。

「MRI検査は、適切な外科手術プランを明らかにする手段となり、ウィケンスは月曜日夜に脊椎損傷の手術を受けます」

「さらなる情報は、発表可能になり次第提供されます」

次の IndyCar ニュース
インタビュー:フェルナンド・アロンソ「来季計画の発表は10月頃」

前の記事

インタビュー:フェルナンド・アロンソ「来季計画の発表は10月頃」

次の記事

ウィケンス、胸椎骨折の手術終了。現時点で脊髄損傷の重症度は不明

ウィケンス、胸椎骨折の手術終了。現時点で脊髄損傷の重症度は不明
Load comments

この記事について

シリーズ IndyCar
ドライバー ロバート ウィッケンス
執筆者 Jack Cozens
記事タイプ 速報ニュース