登録

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本
速報ニュース

ローゼンクヴィスト、来季アロー・マクラーレンSPに移籍。オワードとコンビ

フェリックス・ローゼンクヴィストは、来シーズンはアロー・マクラーレンSPに移籍し、インディカー・シリーズへの参戦を続けることが決まった。

Felix Rosenqvist, Chip Ganassi Racing Honda

Felix Rosenqvist, Chip Ganassi Racing Honda

Michael L. Levitt / Motorsport Images

 2019年にインディカー・シリーズにデビュー。2年間にわたってチップ・ガナッシのマシンを走らせてきたフェリックス・ローゼンクヴィストが、アロー・マクラーレンSPに移籍し、来季もインディカー・シリーズを戦うことが明らかになった。

【ギャラリー】2018年、スーパーGTに参戦していたローゼンクヴィスト

 アロー・マクラーレンSPは今季、オリバー・アスキューとパトリシオ・オワードという若いコンビでシリーズを戦った。しかしアスキューは今季限りでチームを離脱。その後任として、ローゼンクヴィストが加入することになった。彼は11月2日にバーバー・モータースポーツ・パークで行なわれるテストで、初めてアロー・マクラーレンSPのマシンを走らせることになる。

「アロー・マクラーレンSPに加入し、僕のキャリアの次のステップに進めることが待ちきれない」

 そうローゼンクヴィストは語る。

「このチームは今年、一貫して競争力があることを示した。僕はパト(オワード)と協力して、さらにそれを前進させるのを楽しみにしている。この機会を与えてくれたサム(シュミット/共同オーナー)とリック(ピーターソン/共同オーナー)、さらにはザク(ブラウン/マクラーレンCEO)、チーム全体にも感謝したいと思う。来季に向け、可能な限りの準備を整えている。楽しいシーズンになるだろう」

 シュミットも次のようにコメントを発表し、ローゼンクヴィストの加入を歓迎した。

「彼が2016年にインディ・ライツにやってきて以来、ずっと注目してきた。そしてこの2年間の彼のパフォーマンスには、常に感銘を受けている。彼とパトは、お互いのことをうまく補い合うことになると思う。そして共に、チームとしての前進を手助けしてくれると信じている」

 ブラウンも、ローゼンクヴィストの加入について次のようにコメントした。

「パトとフェリックスという若くて証明された才能にコンビを組ませることができるチャンスが訪れることは滅多にない。彼らは、我々にとって強力なドライバーラインアップだと思う。そしてコースの内外で、彼らとどんなことを達成できるのか、それを見るのが楽しみだ」

 チームメイトとなるオワードも、ローゼンクヴィストと組むのを楽しみにしていると語った。

「フェリックスと共に働くのを楽しみにしている。マシンに乗っている時も、あるいはそうでない時も、彼は尊敬すべきドライバーであり、共にうまく働くことができると確信している」

「チームと共に、毎週末のレースから可能な限り最強のパッケージを作り上げていくために、お互いから多くのことを学べると思う」

 なお、ローゼンクヴィストの後任として、チップ・ガナッシにはアレックス・パロウが加入することも発表されている。

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 アレックス・パロウ、インディカー2年目は名門チップ・ガナッシに移籍「夢のよう」
次の記事 グロージャン、WECだけでなくインディカーにも興味あり? 複数チームと交渉中と認める

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?
チップ・ガナッシ、巨額賠償を求められているアレックス・パロウへの悪影響を心配せず「ちょっとしたバンプに過ぎない」

チップ・ガナッシ、巨額賠償を求められているアレックス・パロウへの悪影響を心配せず「ちょっとしたバンプに過ぎない」

IndyCar

チップ・ガナッシ、巨額賠償を求められているアレックス・パロウへの悪影響を心配せず「ちょっとしたバンプに過ぎない」 チップ・ガナッシ、巨額賠償を求められているアレックス・パロウへの悪影響を心配せず「ちょっとしたバンプに過ぎない」

アレックス・パロウとマクラーレンの法廷闘争。争点はパロウが支払う損害賠償金額か? マクラーレンは33億円あまりの支払い求める

アレックス・パロウとマクラーレンの法廷闘争。争点はパロウが支払う損害賠償金額か? マクラーレンは33億円あまりの支払い求める

IndyCar

アレックス・パロウとマクラーレンの法廷闘争。争点はパロウが支払う損害賠償金額か? マクラーレンは33億円あまりの支払い求める アレックス・パロウとマクラーレンの法廷闘争。争点はパロウが支払う損害賠償金額か? マクラーレンは33億円あまりの支払い求める

キャデラック、2024年WECもコスト要因から”1台体制”を継続。IMSAは2チームが引き続き参戦予定

キャデラック、2024年WECもコスト要因から”1台体制”を継続。IMSAは2チームが引き続き参戦予定

WEC

キャデラック、2024年WECもコスト要因から”1台体制”を継続。IMSAは2チームが引き続き参戦予定 キャデラック、2024年WECもコスト要因から”1台体制”を継続。IMSAは2チームが引き続き参戦予定

最新ニュース

レッドブル、”メルセデスのアイデア”採用に「感情的にならないように、より良いモノを選んだ」

レッドブル、”メルセデスのアイデア”採用に「感情的にならないように、より良いモノを選んだ」

F1 F1

レッドブル、”メルセデスのアイデア”採用に「感情的にならないように、より良いモノを選んだ」 レッドブル、”メルセデスのアイデア”採用に「感情的にならないように、より良いモノを選んだ」

新車フェラーリ296 GT3を富士でテスト。ロベルト・メリは好感触「アウディと比べると全く違うクルマ。特に一発の速さは間違いなくある」

新車フェラーリ296 GT3を富士でテスト。ロベルト・メリは好感触「アウディと比べると全く違うクルマ。特に一発の速さは間違いなくある」

SGT スーパーGT

新車フェラーリ296 GT3を富士でテスト。ロベルト・メリは好感触「アウディと比べると全く違うクルマ。特に一発の速さは間違いなくある」 新車フェラーリ296 GT3を富士でテスト。ロベルト・メリは好感触「アウディと比べると全く違うクルマ。特に一発の速さは間違いなくある」

もう厄介なタイヤ問題とはオサラバ? ハース小松礼雄代表、新車VF-24は「挙動が予測可能」レース重視のアプローチ継続へ

もう厄介なタイヤ問題とはオサラバ? ハース小松礼雄代表、新車VF-24は「挙動が予測可能」レース重視のアプローチ継続へ

F1 F1
プレシーズンテスト

もう厄介なタイヤ問題とはオサラバ? ハース小松礼雄代表、新車VF-24は「挙動が予測可能」レース重視のアプローチ継続へ もう厄介なタイヤ問題とはオサラバ? ハース小松礼雄代表、新車VF-24は「挙動が予測可能」レース重視のアプローチ継続へ

ハミルトン、新天地フェラーリとの契約交渉で“多様性の推進”を重視「会長との話し合いで優先事項だと伝えた」

ハミルトン、新天地フェラーリとの契約交渉で“多様性の推進”を重視「会長との話し合いで優先事項だと伝えた」

F1 F1

ハミルトン、新天地フェラーリとの契約交渉で“多様性の推進”を重視「会長との話し合いで優先事項だと伝えた」 ハミルトン、新天地フェラーリとの契約交渉で“多様性の推進”を重視「会長との話し合いで優先事項だと伝えた」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本