F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
1 days
MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
04 4月
イベントは終了しました

ロッシ、ペンスキー加入の噂に終止符。アンドレッティと契約更新

アレクサンダー・ロッシはアンドレッティ・オートスポートと契約更新。引き続きホンダ陣営でレースを行うようだ。

ロッシ、ペンスキー加入の噂に終止符。アンドレッティと契約更新

 2016年のインディ500ウイナーであり、今季も2勝を挙げてタイトル争いに絡んでいるアレクサンダー・ロッシ。第13戦ミッドオハイオを前に、アンドレッティ・オートスポートとの契約更新が発表された。

 ロッシは、チームにエンジンを供給するホンダと強固な関係を構築しているにも関わらず、ペンスキーに移籍するのではないかと噂されていた。しかし、今回の発表でその噂に終止符が打たれた。

 ロッシとアンドレッティにとって重要なスポンサーのひとつであるNAPA Auto Partsや、AutoNationも引き続きサポートを続けるという。

 チームオーナーのマイケル・アンドレッティは次のように語った。

「我々は(契約延長に)懸命に取り組んできた。すべてがまとまって嬉しい。2016年以来、我々はNAPA Auto Partsと強い関係を築いてきた。彼らはシリーズにフィットしている。アレクサンダーや我々チームと、2020年以降も一緒に働くことができて嬉しい」

 ロッシ自身は次のようにコメントした。

「アンドレッティ・オートスポートとの関係を続けることが出来て素晴らしい気分だ。今後のことを決めて、チャンピオンシップ争いに集中できるようになって安心だ」

 アンドレッティ・オートスポートは、現行の2.2リッターV6ツインターボエンジンのレギュレーションが導入された当初、シボレーのエンジンを使用していた。その年、ライアン・ハンター-レイがチャンピオンを獲得したが、今のところチームにとってそれが最後のドライバーズタイトルとなっている。

シェア
コメント
ミッドオハイオ予選:パワーが通算57回目のPP。佐藤琢磨は17番手スタートに

前の記事

ミッドオハイオ予選:パワーが通算57回目のPP。佐藤琢磨は17番手スタートに

次の記事

ミッドオハイオ決勝:ディクソン、ローゼンクヴィストとの激戦を制す

ミッドオハイオ決勝:ディクソン、ローゼンクヴィストとの激戦を制す
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
ドライバー アレクサンダー ロッシ
チーム アンドレッティ
執筆者 David Malsher