2度目のインディ500制覇へ……佐藤琢磨、オープンテストで首位発進

シェア
コメント
2度目のインディ500制覇へ……佐藤琢磨、オープンテストで首位発進
執筆:
2019/04/25 8:52

インディ500へ向けたオープンテストがインディアナポリス・モータースピードウェイで始まり、佐藤琢磨が首位でテストをスタートさせた。

 インディ500を踏まえたオープンテストがインディアナポリス・モータースピードウェイで行われ、雨で中断する場面もあったが、佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン)が最速をマークした。

 この日のテストは、経験者の走行枠とルーキー・オリエンテーション/復帰ドライバーの2セッションに分かれて行われた。

 まず行われた経験者のセッション、序盤にはエド・カーペンター(エド・カーペンター)が28周走行した段階でトップタイムをマーク。しかしコースには雨が落ち、セッションが中断されることとなった。

 4時間後にセッションが再開されると、ペンスキーのウィル・パワーが最速を更新。ただ、カーペンターが再び自身の最速を更新して首位に浮上する。

 その後、カーリンのマックス・チルトンのマシンのエンジンがブローアップ。セッションは再び中断されることになった。

 佐藤琢磨は、23周目にこのテスト最速となる226.993mph(約365.309km/h)を記録。佐藤は、トウ(スリップストリーム)を使わない走行でも、222.942mph(358.790km/h)と最速を叩き出している。

「僕のプログラムは数回中断されることになりました」

 佐藤はインディカーの公式サイトに、そうコメントを寄せている。

「今日はマシンのシェイクダウンのための走行でした。全ての機能がOKだということをチェックし、それを試すことが目的でした。その観点からすれば、とてもスムーズな1日だったと思います」

 セッションは雨のために、15分早めに終了。2番手にはカーペンター、3番手にはスペンサー・ピゴット(エド・カーペンター)、パワーが4番手となった。例年インディ500では好成績を残すアンドレッティ・オートスポート勢は、ライアン・ハンター-レイが5番手に入ったのが最上位。チップ・ガナッシ勢は6番手のスコット・ディクソンが最速だった。

 なおルーキー・オリエンテーション/復帰ドライバーのセッションでは、コルトン・ハータ(ハーディング)が最速。マクラーレンから2年ぶりのインディ500に挑戦するフェルナンド・アロンソは、29周を走行してこのセッション最下位の9番手だった。

P Name FTime Diff Gap FL Laps FSpeed Engine Team
1 Takuma Sato 39.649 --.---- --.---- 23 32 226.993 Honda Rahal Letterman Lanigan Racing
2 Ed Carpenter 39.750 0.1014 0.1014 24 36 226.414 Chevy Ed Carpenter Racing
3 Spencer Pigot 39.766 0.1170 0.0156 36 41 226.325 Chevy Ed Carpenter Racing
4 Will Power 39.783 0.1346 0.0176 5 40 226.225 Chevy Team Penske
5 Ryan Hunter-Reay 39.826 0.1774 0.0428 26 32 225.982 Honda Andretti Autosport
6 Scott Dixon 39.893 0.2439 0.0665 25 40 225.605 Honda Chip Ganassi Racing Teams
7 Ed Jones 39.895 0.2467 0.0028 32 32 225.589 Chevy Ed Carpenter Racing with Scuderia Corsa
8 Simon Pagenaud 39.901 0.2526 0.0059 27 40 225.556 Chevy Team Penske
9 Sebastien Bourdais 39.932 0.2828 0.0302 23 39 225.385 Honda Dale Coyne Racing with Vasser-Sullivan
10 Alexander Rossi 40.011 0.3625 0.0797 20 39 224.936 Honda Andretti Autosport
11 Graham Rahal 40.132 0.4834 0.1209 41 47 224.259 Honda Rahal Letterman Lanigan Racing
12 Zach Veach 40.214 0.5651 0.0817 29 44 223.803 Honda Andretti Autosport
13 Marco Andretti 40.304 0.6556 0.0905 30 39 223.301 Honda Andretti Herta Autosport with Curb-Agajanian
14 Josef Newgarden 40.352 0.7030 0.0474 27 38 223.038 Chevy Team Penske
15 James Hinchcliffe 40.359 0.7104 0.0074 20 49 222.997 Honda Arrow Schmidt Peterson Motorsports
16 Jack Harvey 40.398 0.7490 0.0386 38 42 222.784 Honda Meyer Shank Racing with Arrow SPM
17 Matheus Leist 40.418 0.7696 0.0206 34 34 222.671 Chevy AJ Foyt Enterprises
18 Charlie Kimball 40.619 0.9706 0.2010 11 18 221.569 Chevy Carlin
19 Max Chilton 40.799 1.1502 0.1796 14 22 220.594 Chevy Carlin
20 Tony Kanaan 7:12.812 6:33.1628 6:32.0126 2 3 20.794 Chevy AJ Foyt Enterprises
次の記事
オーバル初テストのエリクソン、”未知の体験”を満喫「学ぶことだらけだ!」

前の記事

オーバル初テストのエリクソン、”未知の体験”を満喫「学ぶことだらけだ!」

次の記事

マクラーレン単独でのインディ500は”新たな挑戦”。アロンソ「得られることは大きいはず」

マクラーレン単独でのインディ500は”新たな挑戦”。アロンソ「得られることは大きいはず」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント インディ500
執筆者 David Malsher
まずは最新ニュースを読む