速報ニュース

テオ・プルシェール、わずか数戦でインディカーのシート失う。アロー・マクラーレンがノーラン・シーゲルと複数年契約

アロー・マクラーレンはノーラン・シーゲルと複数年契約を締結。インディカー・シリーズの残りシーズンで6号車のドライバーとして起用することとなり、テオ・プルシェールがシートを喪失した。

Theo Pourchaire, Arrow McLaren Chevrolet

Theo Pourchaire, Arrow McLaren Chevrolet

写真:: Josh Tons / Motorsport Images

 インディカー・シリーズに参戦するアロー・マクラーレンは、ラグナセカで行なわれる第8戦を前に、ノーラン・シーゲルと複数年契約を締結。今後6号車のドライバーとして起用していくことを明らかにした。

 シーゲルはカリフォルニア出身の19歳。2019年に14歳で4輪レースにデビューすると、U.S.F2000、インディ・プロ 2000、インディNXTと、アメリカ・オープンホイール界のピラミッドを順調にステップアップしてきた。今季はインディNXTに参戦しつつ、デイル・コイン・レーシング、フンコス・ホリンジャー・レーシングからインディカーにもスポット参戦しており、最近ではマクラーレンCEOのザク・ブラウンが所有するユナイテッド・オートスポーツからル・マン24時間に出走してクラス優勝を果たした。

 今回マクラーレンと契約したシーゲルはインディNXTへの参戦を取りやめ、「今季の残り10レースと2025年以降のレース」で6号車のドライバーとして参戦することになる。そのため、デビッド・マルーカスの後任として5月にチームと契約したばかりだったテオ・プルシェールはわずか数戦でインディカーのシートを失うこととなった。

 アロー・マクラーレンのチーム代表であるギャビン・ワードは、次のように述べた。

「安定性と持続的な成長は、長期的なゲームプランの鍵を握っている。今回の一件はそのミッションにおける重要なステップだ」

「まず、ここ数週間6号車のドライバーとして我々と戦ってくれたテオに感謝したい。今シーズンはずっとイス取りゲームをしてきたが、最終的にノーランを起用することで、将来の土台を築くことができる。彼は若く才能豊かなドライバーであり、既に計り知れないほどの経験を積んでいるため、共に旅をすることに興奮している」

 シーゲルは昨季のインディNXTルーキーオブザイヤーという実績を引っ提げ、サーマル・クラブで開催されたエキシビション戦でデイル・コインからインディカーデビュー。ロングビーチでも同チームのドライバーを務め、インディ500ではクラッシュもあり予選落ちとなった。そして前戦ロード・アメリカでは、アグスティン・カナピノの代役としてフンコス・ホリンジャーから出走した。

「今週末アロー・マクラーレンのマシンに乗り込むこと、インディカー・シリーズにおける自分の居場所を確保できたことにワクワクしている」とシーゲルは言う。

ノーラン・シーゲル

ノーラン・シーゲル

写真: Michael L. Levitt / Motorsport Images

「これは予想外の出来事だけど、HMDモータースポーツからインディNXTを走った結果、このようなポジションにいられることに興奮している。今週末から地元で始まるこの新しい旅路において、チームと共に学べることを楽しみにしている」

 一方で昨年のF2王者であるプルシェールにとっては、ジェットコースターのような1年となった。当初はスーパーフォーミュラ参戦のためTEAM IMPULと契約して開幕戦を走ったが、その傍らでマルーカスの代役としてインディカーにデビュー。その後マクラーレンから正式なオファーを受けたため、スーパーフォーミュラを離脱してインディカーに本格参戦することとなっていた。しかし、わずか5戦でシートを喪失した。

 
前の記事 女性ドライバーのチャドウィックがインディNXTで初優勝。目指すはインディカー昇格……しかし謙虚に高み目指す「今どき“裏口入学”なんてない」
次の記事 アロー・マクラーレン、突然解雇のプルシェールに「彼が悪かったわけではない」と釈明。期待の若手起用を優先

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本