セントピーターズバーグ予選:ハータがポールポジション。佐藤琢磨はQ1敗退の15番手

インディカー第2戦セントピーターズバーグの予選は、コルトン・ハータ(アンドレッティ・オートスポート)がポールポジションを獲得した。

セントピーターズバーグ予選:ハータがポールポジション。佐藤琢磨はQ1敗退の15番手

 インディカー・シリーズ第2戦セントピーターズバーグの予選が行なわれ、アンドレッティ・オートスポートのコルトン・ハータがポールポジションを獲得した。

 当初、3月上旬に開幕戦として開催が予定されていたセントピーターズバーグでの市街地レース。延期となったものの、第2戦として開催が実現した。

 全車が2グループに分かれて行なわれた予選Q1。グループ1はスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)がスピンし、ベストタイムを抹消される場面があったが、6番手で何とかQ2進出。アレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)がトップ、ハータも2番手でQ2に駒を進めた。

 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)もグループ1に出走。セッション序盤は上位につけたが、最終的に8番手。全体では15番手で予選を終えることになった。

 グループ2はプラクティス2セッションでもトップとなったジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)が首位通過。佐藤のチームメイト、グレアム・レイホールが2番手となった。開幕戦ウイナーのアレックス・パロウ(チップ・ガナッシ)もQ2進出を決めた。

 12台がファスト6進出を目指すQ2では、ハータが最速。ニューガーデンが2番手に続いた。ディクソンやレイホール、パロウ、ロッシといったホンダ勢の有力ドライバーがここで敗退となった。

 ポールポジションを争うファスト6は、ハータがラストアタックで60秒3210を記録してポールポジションを獲得。土壇場まで暫定トップに立っていたジャック・ハーベイ(メイヤー・シャンク)に約0.25秒の差をつけるアタックで、決勝に向けて絶好の位置を手にした。

 ニューガーデンは3番手。4番手に同じくペンスキーのシモン・パジェノーが並んだ。5番手はセバスチャン・ブルデー(A.J.フォイト)、6番手は開幕戦ポールシッターのパトリシオ・オワード(アロー・マクラーレンSP)となっている。

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 United States Colton Herta United States アンドレッティ 4 1'00.321     107.425
2 United Kingdom ジャック ハーベイ United States マイケル・シャンク・レーシング 3 1'00.570 0.249 0.249 106.982
3 United States ジョセフ ニューガーデン United States Team Penske 3 1'00.607 0.286 0.036 106.917
4 France シモン パジェノー United States Team Penske 4 1'00.635 0.314 0.027 106.868
5 France セバスチャン ブルデー United States A.J. Foyt Enterprises 4 1'01.001 0.680 0.366 106.227
6 Mexico パトリシオ オワード Arrow McLaren SP 5 1'01.079 0.758 0.078 106.091
シェア
コメント
インディ500、今季は徹底したコロナ対策を実施。13万5000人の観客動員を予定

前の記事

インディ500、今季は徹底したコロナ対策を実施。13万5000人の観客動員を予定

次の記事

インディカー:セントピーターズバーグ|ハータがポールトゥウイン。佐藤琢磨は15番手から追い上げ6位

インディカー:セントピーターズバーグ|ハータがポールトゥウイン。佐藤琢磨は15番手から追い上げ6位
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント St. Pete
執筆者 David Malsher