インディカー第3戦テキサス:前年王者ディクソン、新人マクロクリン抑え貫禄の勝利、佐藤琢磨は9位

インディカー・シリーズ第3戦テキサスでは、スコット・ディクソンが今季初勝利を挙げた。佐藤琢磨は9位に入り、2戦連続のトップ10フィニッシュとなった。

インディカー第3戦テキサス:前年王者ディクソン、新人マクロクリン抑え貫禄の勝利、佐藤琢磨は9位

 2021年インディカー・シリーズの第3戦がテキサス・モータースピードウェイで行なわれた。優勝したのはスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)だった。

 今季の数少ないオーバル戦のひとつであるテキサス。ダブルヘッダーの1レース目となるこの第3戦は、雨で予選がキャンセルされた影響で、ポイントリーダーのアレックス・パロウ(チップ・ガナッシ・レーシング)がポールポジションとなり、ウィル・パワー(チーム・ペンスキー)、ディクソン、コルトン・ハータ(アンドレッティ・オートスポート)らが続く形で212周のレースがスタートした。

 3周目には早くもディクソンがパロウを交わしてトップに浮上。ディクソンは徐々に後続との差を広げていき、40周目には2番手パロウに1秒、3番手パワーに3秒の差をつけていた。

 56周目にはジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)に追突されたセバスチャン・ブルデー(A.J.フォイト・エンタープライズ)のマシンがウォールにクラッシュするという事故が発生した。ブルデーのマシンは後ろ向きに強い衝撃を受けたが、本人はメディカルチェックを受け、第4戦の出場が許可された。

 このクラッシュによるコーションが出る直前にアンダーグリーンでピットに入ってしまったパワーは順位を下げ、ディクソンをパロウ、ハータらが追いかける展開となったが、ディクソンは彼らに対して大きな差をつけていった。そしてレース終盤のピットストップで2番手以下の序列に変化があり、150周が終了する頃には2番手がフェリックス・ローゼンクヴィスト(アロー・マクラーレンSP)、3番手がスコット・マクロクリン(チーム・ペンスキー)に変わった。

 161周目、ジェームス・ヒンチクリフ(アンドレッティ・スタインブレナー・オートスポート)がそのローゼンクヴィストに周回遅れにされる際、乱流に巻き込まれてクラッシュしたため、各車はピットレーンオープンと共にピットに駆け込んだ。しかし、ローゼンクヴィストはここでタイムをロスしてしまい後退。トップのディクソンの後ろにはマクロクロン、パトリシオ・オワード(アロー・マクラーレンSP)が続く形でリスタートを迎えた。

 マクロクロンは最後までディクソンに食らい付いたが、ディクソンはそれに動じず、そのままトップチェッカー。212周中206周をリードするという完勝であった。ただひとり開幕3戦全てでトップ5フィニッシュとなったディクソンは、これでランキング首位に浮上した。

 昨年までオーストラリアのスーパーカーで絶対王者として君臨していたマクロクロンは、インディカーフル参戦1年目、しかも初のオーバルで2位表彰台を獲得してみせた。3位以下はオワード、パロウ、グラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)と続いた。終盤まで5番手を走っていたハータは右リヤのブレーキから火が出るトラブルに見舞われ22位に終わった。

 なお、12番グリッドからスタートした佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は安定してトップ10圏内を走行。リスタートを10番手で迎えると、ハータの脱落により9位でフィニッシュした。これで佐藤は2戦連続のトップ10フィニッシュとなった。ランキングは11番手だが、3番手のパワーから14点差と僅差だ。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム Mph
1 New Zealand スコット ディクソン United States Chip Ganassi Racing 212 1:45'51.341   173.036
2 New Zealand Scott McLaughlin United States Team Penske 212 1:45'51.606 0.264 173.028
3 Mexico パトリシオ オワード Arrow McLaren SP 212 1:45'53.122 1.780 172.987
4 Spain アレックス パロウ United States Chip Ganassi Racing 212 1:45'54.197 2.856 172.958
5 United States グラハム レイホール United States Rahal Letterman Lanigan Racing 212 1:45'57.945 6.604 172.856
6 United States ジョセフ ニューガーデン United States Team Penske 212 1:45'59.244 7.903 172.821
7 United Kingdom ジャック ハーベイ United States マイケル・シャンク・レーシング 212 1:45'59.846 8.504 172.804
8 United States アレクサンダー ロッシ United States アンドレッティ 212 1:46'00.931 9.589 172.775
9 Japan 佐藤 琢磨 United States Rahal Letterman Lanigan Racing 212 1:46'01.407 10.065 172.762
10 France シモン パジェノー United States Team Penske 212 1:46'01.768 10.427 172.752
11 Brazil トニー カナーン United States Chip Ganassi Racing 212 1:46'03.360 12.018 172.709
12 United Arab Emirates エド ジョーンズ Dale Coyne Racing with Vasser Sullivan 212 1:46'03.920 12.578 172.694
13 Sweden フェリックス ローゼンクヴィスト Arrow McLaren SP 212 1:46'04.289 12.947 172.684
14 Australia ウィル パワー United States Team Penske 212 1:46'05.696 14.354 172.645
15 Brazil ピエトロ フィッティパルディ Dale Coyne Racing with RWR 212 1:46'06.392 15.050 172.626
16 United States ライアン ハンター-レイ United States アンドレッティ 212 1:46'08.835 17.493 172.560
17 United States エド カーペンター United States Ed Carpenter Racing 212 1:46'11.235 19.893 172.495
18 Canada Dalton Kellett United States A.J. Foyt Enterprises 212 1:46'15.298 23.956 172.385
19 Sweden マーカス エリクソン United States Chip Ganassi Racing 211 1:46'06.957 1 Lap 171.797
20 Netherlands Rinus van Kalmthout United States Ed Carpenter Racing 211 1:46'12.124 1 Lap 171.658
21 United States コナー デイリー United Kingdom カーリン 211 1:46'16.691 1 Lap 171.535
22 United States Colton Herta United States アンドレッティ 190 1:37'20.280 22 Laps 168.649
23 Canada ジェームズ ヒンチクリフ Andretti Steinbrenner Autosport 158 1:15'50.871 54 Laps 179.981
24 France セバスチャン ブルデー United States A.J. Foyt Enterprises 55 22'53.581 157 Laps 207.574

 

 

シェア
コメント
佐藤琢磨、自身ふたつ目となるインディ500優勝“ミニトロフィー”を手に「非常に誇りに思う」
前の記事

佐藤琢磨、自身ふたつ目となるインディ500優勝“ミニトロフィー”を手に「非常に誇りに思う」

次の記事

インディカー第4戦テキサス:アロー・マクラーレンSPのオワードが初優勝。佐藤琢磨は14位

インディカー第4戦テキサス:アロー・マクラーレンSPのオワードが初優勝。佐藤琢磨は14位
コメントを読み込む