インディカー第4戦テキサス:アロー・マクラーレンSPのオワードが初優勝。佐藤琢磨は14位

インディカー・シリーズ第4戦テキサスでは、アロー・マクラーレンSPのパトリシオ・オワードがインディカー初優勝を挙げた。佐藤琢磨は14位だった。

インディカー第4戦テキサス:アロー・マクラーレンSPのオワードが初優勝。佐藤琢磨は14位

 2021年インディカー・シリーズ第4戦がテキサス・モータースピードウェイで行なわれた。優勝はパトリシオ・オワード(アロー・マクラーレンSP)。インディカー初優勝となった。

Read Also:

 1周2.32kmのオーバルで行なわれるダブルヘッダーの2戦目。248周で競われた第4戦は多重クラッシュと共に幕を開けた。スタートのグリーンフラッグが振られるのとほぼ同時に、ピエトロ・フィッティパルディ(デイル・コイン・レーシングwithリック・ウェア・レーシング)がセバスチャン・ブルデー(A.J.フォイト・エンタープライズ)に追突したことをきっかけに後続のマシンが次々とクラッシュし、6台のマシンがストップした。

 その後再スタートが切られると、レースはポールシッターのスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)をチームメイトのアレックス・パロウ、ウィル・パワー(チーム・ペンスキー)、ジャック・ハーベイ(メイヤー・シャンク・レーシング)、そしてオワードらが追う展開となった。

 レースが折り返しを迎えようかというタイミングで、パロウは首位ディクソンの1秒差前後に肉薄し、3番手集団はそこから離れた位置につけていた。その集団にいたハーベイがホイールベアリングの故障で戦線離脱した後にコーションが出されると、各車が一斉にピットイン。128周目にリスタートを迎える時には、トップ5はディクソン、パワー、グラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)、ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)、オワードというオーダーになっていた。

 各車が軒並み最後のピットストップを終えた直後、フェリックス・ローゼンクヴィスト(アロー・マクラーレン)の右後輪が外れるアクシデントが発生し、190周目にコーションが出された。これによって他と異なるレース戦略を採っていた佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)が先頭となり、そこにニューガーデン、オワード、レイホール、ディクソンが続く形でリスタートを迎えたが、佐藤は211周目に最後のピットストップを行なったことで14番手までポジションを落とした。

 レース終盤、優勝争いはニューガーデンとオワードのふたりに絞られた。オワードは残り24周というところでニューガーデンをパスしてトップに立つと、そのままトップチェッカーを受けて優勝。2018年のインディ・ライツ王者で、2019年には日本のスーパーフォーミュラでも走った期待の若手がついにインディカー初優勝を成し遂げた。2位にはニューガーデン、3位にはレイホールが続いた。

 11番グリッドからスタートし一時はトップ10圏内を争っていた佐藤だったが、最初のピットストップでロスがあったことに加え、コーションのタイミングも味方せずラップダウンに。最終的に14位でレースを終えた。

 タイトル争いは、このレースを4位で終えたディクソンが依然としてランキング首位。それをオワード、パロウの若手ドライバーが追いかけるという構図となっている。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 Mph
1 Mexico パトリシオ オワード Arrow McLaren SP 248   169.360
2 United States ジョセフ ニューガーデン United States Team Penske 248 1.244 169.332
3 United States グラハム レイホール United States Rahal Letterman Lanigan Racing 248 5.644 169.234

シェア
コメント
インディカー第3戦テキサス:前年王者ディクソン、新人マクロクリン抑え貫禄の勝利、佐藤琢磨は9位

前の記事

インディカー第3戦テキサス:前年王者ディクソン、新人マクロクリン抑え貫禄の勝利、佐藤琢磨は9位

次の記事

インディ500優勝3度のレジェンド、ボビー・アンサー亡くなる。享年87

インディ500優勝3度のレジェンド、ボビー・アンサー亡くなる。享年87
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント Texas
執筆者 David Malsher