インディ500優勝3度のレジェンド、ボビー・アンサー亡くなる。享年87

インディ500で優勝3度を数えるボビー・アンサーが5月2日に亡くなったことが彼の家族によって明かされた。87歳だった。

インディ500優勝3度のレジェンド、ボビー・アンサー亡くなる。享年87

 世界三大レースのひとつであるインディ500で3度優勝したアメリカオープンホイール界のレジェンド、ボビー・アンサーが5月2日、ニューメキシコ州アルバカーキにある自宅で老衰のため87歳で亡くなった。

 ボビー・アンサーは1968年、1975年、1981年のインディ500で優勝。1960年代、1970年代、そして1980年代に優勝を飾ったことになるが、3つの異なる年代でインディ500を制したドライバーは彼とリック・メアーズのみだ。

 そしてボビー・アンサーの弟であるアル・アンサーSr.は4度、その息子であるアル・アンサーJr.は2度インディ500で優勝しており、アンサー家だけで9度のインディ500制覇を数える。

 1934年に生まれ、15歳でレースを始めたボビー・アンサーはストックカーの選手権でタイトルを獲得。アメリカ空軍に所属した後は兄のジェリー(1959年に事故死)と弟のアルと共に本格的にUSAC(アメリカ自動車クラブ)の選手権でレースキャリアを積んでいった。

 1968年にインディ500を初制覇したボビー・アンサーは、同年にUSACのナショナルチャンピオンにも輝き、以降は選手権争いの常連となっていった。前述の通りインディ500では3勝を挙げ、インディカー通算35勝をマーク。1990年にはインディアナポリス・モータースピードウェイの殿堂入りを果たした。

 また、彼にとって最後のインディ500制覇となった1981年大会では、コーション中に追い抜きをしたとして一時優勝が剥奪されるという事件もあった。長期に渡る抗議と訴訟の末に優勝を確定させたボビー・アンサーは世間からのバッシングなども受けたことでモータースポーツに幻滅し、引退を決断したと語っていたが、その後はインディカーやNASCARの中継で長きにわたって活躍した。

 ボビー・アンサー氏のご冥福をお祈りいたします。

 

Read Also:

Bobby Unser with Juan Pablo Montoya in 2015

Bobby Unser with Juan Pablo Montoya in 2015

Photo by: IndyCar Series

シェア
コメント
インディカー第4戦テキサス:アロー・マクラーレンSPのオワードが初優勝。佐藤琢磨は14位

前の記事

インディカー第4戦テキサス:アロー・マクラーレンSPのオワードが初優勝。佐藤琢磨は14位

次の記事

パトリシオ・オワード、インディカー初優勝のご褒美はF1テスト……それでも「心はインディカーと共にある」

パトリシオ・オワード、インディカー初優勝のご褒美はF1テスト……それでも「心はインディカーと共にある」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
ドライバー Bobby Unser
執筆者 Charles Bradley