佐藤琢磨、自身ふたつ目となるインディ500優勝“ミニトロフィー”を手に「非常に誇りに思う」

2020年にインディ500で2勝目を飾った佐藤琢磨は、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのオーナー達と共に、ボルグワーナー・トロフィーのミニチュアレプリカを贈呈された。

佐藤琢磨、自身ふたつ目となるインディ500優勝“ミニトロフィー”を手に「非常に誇りに思う」

 インディ500の歴代ウイナーの顔がかたどられている巨大トロフィー、“ボルグワーナー・トロフィー”。そのミニチュアレプリカが、昨年インディ500で2勝目を飾った佐藤琢磨に授与された。

 佐藤は昨年、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの一員としてインディ500に出走し、スコット・ディクソンを抑えて優勝。2017年以来2度目となるインディ500制覇を成し遂げた。

 また、チームの共同オーナーであり自身もインディ500で優勝経験があるボビー・レイホールにとっても、1992年のチーム創設以来2度目のインディ500制覇となった。チームの初優勝は2004年にバディ・ライスの手によって成し遂げられており、この時デビッド・レターマンは既にオーナーのひとりとなっていたが、マイク・ラニガンはまだそのオーナーシップに名を連ねていなかった。

 先週末に行なわれたトロフィー授与のイベントには佐藤とレイホール、ラニガンの3人が出席し、ボルグワーナー社の社長兼CEOであるフレッド・リサルドから“ベビー・ボルグワーナー・トロフィー”が贈られた。

2020 Indy 500 winner Takuma Sato is presented with the Baby Borg-Warner Trophy by Fred Lissade, BorgWarner President and CEO

2020 Indy 500 winner Takuma Sato is presented with the Baby Borg-Warner Trophy by Fred Lissade, BorgWarner President and CEO
1/8

写真:: Michael L. Levitt / Motorsport Images

2020 Indy 500 winner Takuma Sato and Bobby Rahal and Mike Lanigan with their Baby Borg-Warner trophies

2020 Indy 500 winner Takuma Sato and Bobby Rahal and Mike Lanigan with their Baby Borg-Warner trophies
2/8

写真:: Michael L. Levitt / Motorsport Images

2020 Indy 500 winner Takuma Sato is presented with the Baby Borg-Warner Trophy

2020 Indy 500 winner Takuma Sato is presented with the Baby Borg-Warner Trophy
3/8

写真:: Michael L. Levitt / Motorsport Images

2020 Indy 500 winner Takuma Sato and Bobby Rahal with their Baby Borg-Warner trophies

2020 Indy 500 winner Takuma Sato and Bobby Rahal with their Baby Borg-Warner trophies
4/8

写真:: Michael L. Levitt / Motorsport Images

2020 Indy 500 winner Takuma Sato and Bobby Rahal with their Baby Borg-Warner trophies

2020 Indy 500 winner Takuma Sato and Bobby Rahal with their Baby Borg-Warner trophies
5/8

写真:: Michael L. Levitt / Motorsport Images

Takuma Sato, Rahal Letterman Lanigan Racing Honda celebrates winning the Indianapolis 500

Takuma Sato, Rahal Letterman Lanigan Racing Honda celebrates winning the Indianapolis 500
6/8

写真:: Barry Cantrell / Motorsport Images

Takuma Sato, Rahal Letterman Lanigan Racing Honda Winner Portraits

Takuma Sato, Rahal Letterman Lanigan Racing Honda Winner Portraits
7/8

写真:: Barry Cantrell / Motorsport Images

Winner Takuma Sato, Rahal Letterman Lanigan Racing Honda

Winner Takuma Sato, Rahal Letterman Lanigan Racing Honda
8/8

写真:: Michael L. Levitt / Motorsport Images

 “本物”のボルグワーナー・トロフィーはインディアナポリス・モータースピードウェイ博物館に展示されているため、ボルグワーナー社は1988年から“ベビー・ボルグ”と呼ばれる高さ14インチ(約36センチ)のミニチュアトロフィーを製作してドライバーに手渡している。重さは5ポンド(約2.3kg)ほどで、台座部分にはドライバーの顔を模した銀製のレリーフが取り付けられている。

 また、このベビーボルグは1998年からチームオーナーにも手渡されているが、台座部分にはドライバーの顔の代わりに、チームワークの重要性を示す金製のレーシングカーの装飾が施されている。

 佐藤はこのイベントの際、motorsport.comに対して次のように語った。

「2020年は大変な1年になりました。そんな中、無観客ではありましたがレースを実現させてくれたインディカーには感謝しています」

「ボビー、デビッド、そしてマイクに良い結果を持ち帰ることができて嬉しいですし、ふたつ目となる美しいベビー・ボルグを持ち帰ることができたのも非常に誇りに思います」

「(3度目のインディ500制覇に関しては)もちろん出来る限りチャレンジします。今回のインディ500は観客が入る予定なので素晴らしいイベントになるでしょう。また新たなチャレンジとなりますが、僕たちはそれを狙っていけると思います」

 

Read Also:

シェア
コメント

関連動画

アメリカ人F1ドライバー、久々の誕生なるか? マリオ・アンドレッティが新鋭ハータを猛プッシュ

前の記事

アメリカ人F1ドライバー、久々の誕生なるか? マリオ・アンドレッティが新鋭ハータを猛プッシュ

次の記事

インディカー第3戦テキサス:前年王者ディクソン、新人マクロクリン抑え貫禄の勝利、佐藤琢磨は9位

インディカー第3戦テキサス:前年王者ディクソン、新人マクロクリン抑え貫禄の勝利、佐藤琢磨は9位
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント Borg Warner Presentation