【インディ500】ホンダ「佐藤琢磨と歩み続けてきたことを誇りに思う」

インディ500を制した佐藤琢磨に対し、ホンダがコメントを発表。「キャリアを共に歩み続けてきたことを誇りに思う」と語った。

【インディ500】ホンダ「佐藤琢磨と歩み続けてきたことを誇りに思う」
Listen to this article

 第101回インディ500を制した佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポート)。日本人初となるその偉業に、ホンダがコメントを発表。同社ブランド・コミュニケーション本部長の森山克英氏は、「佐藤琢磨選手とキャリアを共に歩み続けてこられたことを、誇りに思う」と語った。

 佐藤琢磨は、ホンダ系のドライバー育成スクール”鈴鹿サーキット・レーシングスクール”出身。レーシングドライバーとしてデビューした後は、F3〜F1〜インディと、一環してホンダ・エンジンを搭載するマシンに乗り続けてきた。

■本田技研工業株式会社 執行役員 ブランド・コミュニケーション本部長 森山克英
「世界3大レースのひとつであるインディ500で日本人初優勝という快挙を成し遂げた琢磨選手と、マイケル・アンドレッティCEOをはじめとするチームおよび関係者の方々、そして、琢磨選手を応援してくださっているファンの皆さまに心より感謝申し上げるとともに、この快挙達成の喜びを分かち合いたいと思います。そしてHondaとして、琢磨選手のレーシング・ドライバーとしてのキャリアと共に歩み続けてこられたことを大変誇りに思います」

「今回のインディ500制覇により、世界のモータースポーツ界に大きな足跡を残すことになった琢磨選手のさらなる活躍を期待します。琢磨選手、本当におめでとう!」

【関連ニュース】

佐藤琢磨「インディを目指す日本人が出てきてほしい」

インディ500決勝詳報:佐藤琢磨が激戦制す。アロンソはリタイア

佐藤琢磨「みんなに感謝。本当に、本当に嬉しい」

アンドレッティ「日本にタクの優勝を伝えられ嬉しい」

悔しがるカストロネベス「また2位なんてうんざり」

シェア
コメント

【インディ500】決勝詳報:佐藤琢磨が激戦制す。アロンソはリタイア

【インディ500】優勝した琢磨の獲得賞金総額、なんと2億7千万円越え

最新ニュース

【ギャラリー】今季こそ古豪の復活なるか? 名門ウイリアムズの歴史を彩る名車たち

【ギャラリー】今季こそ古豪の復活なるか? 名門ウイリアムズの歴史を彩る名車たち

F1 F1

【ギャラリー】今季こそ古豪の復活なるか? 名門ウイリアムズの歴史を彩る名車たち 【ギャラリー】今季こそ古豪の復活なるか? 名門ウイリアムズの歴史を彩る名車たち

フェラーリF1新代表、メルセデス代表と友好関係も”公私混同”はナシ「コース内外で地獄みたいな戦いを展開するよ!」

フェラーリF1新代表、メルセデス代表と友好関係も”公私混同”はナシ「コース内外で地獄みたいな戦いを展開するよ!」

F1 F1

フェラーリF1新代表、メルセデス代表と友好関係も”公私混同”はナシ「コース内外で地獄みたいな戦いを展開するよ!」 フェラーリF1新代表、メルセデス代表と友好関係も”公私混同”はナシ「コース内外で地獄みたいな戦いを展開するよ!」

レッドブルとフォードの”業務分担”はどうなる? ホーナー代表「エンジンを我々、電動部分はフォードという単純な関係ではない」

レッドブルとフォードの”業務分担”はどうなる? ホーナー代表「エンジンを我々、電動部分はフォードという単純な関係ではない」

F1 F1

レッドブルとフォードの”業務分担”はどうなる? ホーナー代表「エンジンを我々、電動部分はフォードという単純な関係ではない」 レッドブルとフォードの”業務分担”はどうなる? ホーナー代表「エンジンを我々、電動部分はフォードという単純な関係ではない」

2022年F1新レギュレーション導入で、最も激しい開発競争の舞台となったフロア……2023年はどうなる?

2022年F1新レギュレーション導入で、最も激しい開発競争の舞台となったフロア……2023年はどうなる?

F1 F1

2022年F1新レギュレーション導入で、最も激しい開発競争の舞台となったフロア……2023年はどうなる? 2022年F1新レギュレーション導入で、最も激しい開発競争の舞台となったフロア……2023年はどうなる?