執筆者

Tomohiro Yoshita

Latest articles by Tomohiro Yoshita

グリッド
リスト

SC導入とほぼ同時だった6号車のピットイン。“問題なくセーフ”判定になった理由とは

2019スーパーGT第5戦富士でGT500クラスの勝敗を分けた#6 WAKO’S 4CR LC500のピットストップ。セーフティカー導入とのタイミングがギリギリだったが、GTAによると“問題なくセーフ”だったという。

大クラッシュを喫するも塚越に怪我なし、17号車は決勝出走を目指し修復中

2019スーパーGT第5戦富士。GT500クラスの予選Q2で大クラッシュを喫した#17 KEIHIN NSX-GTだが、ドライブしていた塚越広大に怪我がないことが分かった。

中嶋悟・一貴、久々に“親子共演”。ル・マン連覇をファンの前で祝福

スーパーフォーミュラ第4戦富士で中嶋一貴と中嶋悟総監督の親子によるトークが行われ、WECとF1について語らった。

第4戦富士|パロウが最後までトップを譲らず初優勝! ナカジマ9年ぶりV

スーパーフォーミュラ第4戦富士の決勝レースが行われ、ルーキーのアレックス・パロウが初優勝をポール・トゥ・ウィンで果たした。

9年ぶりの勝利、中嶋悟総監督「スタッフの喜ぶ顔が何より嬉しかった」

2019スーパーフォーミュラ第4戦富士。チームとしては9年ぶりの優勝を飾ったTCS NAKAJIMA RACINGの中嶋悟総監督が、レースを終えての心境を語った。

BMW Team Studie鈴木代表が語る(2)スーパーGT復帰の可能性は?

BMW Team Studieの鈴木康昭代表が来季以降のレース参戦に関して言及。将来的にはスーパーGTに復帰する可能性もあると語った。

「見たか!」鈴鹿で快進撃をみせた阪口晴南、その胸の内に秘めた想いとは

2019スーパーGT第3戦鈴鹿で、後半怒涛の追い上げをみせGT300クラス優勝を飾った#96 K-tunes RC F GT3の阪口晴南。この快進撃の原動力に迫った。

小山美姫、Wシリーズで直面した“課題”とFIA F4で知った“現実”

日本人として唯一「Wシリーズ」に参戦している小山美姫は、前半戦を終えての心境を語った。

モリゾウ親子が懐かしのアルテッツァで共演! S耐クラシック初開催

2019スーパー耐久第3戦「SUPER TEC富士24時間レース」の決勝レース前に「スーパー耐久 ピレリ クラシックチャレンジ」が開催された。

冴えカノレーシングから参戦の荒聖治「鈴木利男さんと組める機会を大切にしたい」

2019スーパー耐久第3戦。デイトナ24時間ウィナーの鈴木利男とル・マン24時間ウィナーの荒聖治が同じチームで参戦し注目を集めている。

HOPPY 86 MC、今季途中で参戦休止の可能性……土屋武士監督が現状を語る

スーパーGTのGT300クラスに参戦する#25 HOPPY 86 MCのつちやエンジニアリングだが、今シーズン途中で参戦を休止する可能性があることが分かった。

ジェームス・ロシター、スーパーGT海外配信を大歓迎「より多くの人に知ってもらえる」

今シーズン、#12 カルソニック IMPUL GT-Rをドライブするジェームス・ロシターは、第2戦から始まった海外ライブ配信により、スーパーGTがより注目されるレースになるだろうと語った。

新OTS導入で開幕戦から各所でバトル続出、山本尚貴「新システムは良くできている」

今シーズンから運用方法が変わったスーパーフォーミュラのオーバーテイクシステム。開幕戦で表彰台に上がった3人が印象を語った。

スーパーフォーミュラ鈴鹿決勝|ニック・キャシディが優勝。決勝レースはセーフティカー4回の荒れた展開

スーパーフォーミュラ開幕戦鈴鹿の決勝はニック・キャシディが優勝を飾った。ポールスタートの牧野任祐はリタイアとなった。

第1戦鈴鹿|日曜フリー走行は各車ロングランの確認、トップタイムは坪井翔

2019スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿。日曜日のフリー走行はルーキーの坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)がトップタイムを記録した。

ナカジマレーシング完全復活! 牧野任祐がデビュー戦でポール獲得の快挙達成

2019スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿。公式予選は牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)がポールポジションを獲得した。

スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿予選|タイム結果

2019スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿。公式予選は牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)がポールポジションを獲得した。

第1戦鈴鹿|パロウが金曜専有走行で一番時計を記録するも、セッション終盤にクラッシュ

2019年の全日本スーパーフォーミュラ選手権第1戦。金曜日の専有走行セッションが行われアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)がトップタイムを記録した。

第1戦岡山|GT300クラスはBSタイヤ勢がトップ4独占、ARTA NSX GT3がポール獲得

岡山国際サーキットで行われているスーパーGT第1戦。GT300クラス公式予選では#55 ARTA NSX GT3がポールポジションを獲得した。

SFルーキーのハリソン・ニューウェイ、日本に腰を据えて自身のレベルアップに集中

今季はスーパーフォーミュラとスーパー耐久に参戦するハリソン・ニューウェイは、日本に腰を据えて2カテゴリーのレースに集中できる環境で戦っていくと語った。

今度は“憧れのGT-Rで”GT500クラス頂点へ……平手晃平、日産移籍への想いを語る

今季は日産へ移籍しスーパーGTでGT500クラス復帰を果たす平手晃平。新たな挑戦となる2019シーズンへの想いを語った。

脇阪寿一監督、阿部エンジニア加入という”新しい風”に大きな手応え

#6 WAKO’S 4CR LC500の脇阪寿一監督は、TEAM MUGENから阿部和也エンジニアが加入したことで、大きな手応えを感じているようだ。

“大魔神”佐々木主浩総監督、ヴァンテージGT3のデビューウィンに笑顔「最高のシーズンスタートになった」

2019スーパー耐久開幕戦。新型ヴァンテージGT3のデビューウィンを飾ったD’station Racing。チームの総監督を務める元メジャーリーガーの佐々木主浩氏は、幸先のいい2019シーズンスタートになったと語った。

S耐第1戦決勝|D’station Racingが逆転優勝、新型ヴァンテージGT3の記念すべき1勝目を飾る

2019スーパー耐久第1戦鈴鹿。決勝レースは#777 D’station Vantage GT3が優勝した。

HRD Sakura連載「テストベンチは面白い!」第2回:許容されるのは”1秒”。テストベンチの極意

ホンダのスーパーGTとスーパーフォーミュラのラージプロジェクトリーダーを務める佐伯昌浩氏は、「テストベンチは面白い」と常々語っていた。そこで、我々はホンダの開発拠点HRD Sakuraを訪問。話を訊いた。

HRD Sakura連載「テストベンチは面白い!」第1回:テストベンチの役割とは?

ホンダのスーパーGTとスーパーフォーミュラのラージプロジェクトリーダーを務める佐伯昌浩氏は、「テストベンチは面白い」と常々語っていた。そこで、我々はホンダの開発拠点HRD Sakuraを訪問。話を訊いた。

PS4ゲーム『グランツーリスモSPORT』にSF19の収録が決定

スーパーフォーミュラを運営する日本レースプロモーションは、今季導入の新型マシン『SF19』の収録決定が発表された。

エヴァレーシングがスーパーGTに復活! X Worksとのコラボ体制を発表

今季からスーパーGT(GT300クラス)に参戦するX Worksが参戦体制を発表。国内でも人気のエヴァンゲリオンレーシングとタッグを組んで参戦することになった。

2019スーパーGT年間エントリー発表、GT500は15台、GT300は29台が参戦予定

スーパーGTの2019年エントリーリストが公開された。

元GP2ドライバー佐藤公哉の新たな挑戦。つちやエンジニアリング加入は“大きなチャンス”

2019シーズンはつちやエンジニアリングからスーパーGT(GT300)に参戦する佐藤公哉が意気込みを語った。

阪口晴南がK-tunes Racingに加入! トヨタ/レクサスのGT300参戦体制も明らかに

TOYOTA GAZOO Racingは2019年のスーパーGT(GT300クラス)参戦体制を発表。阪口晴南が#96 K-tunes RC F GT3に加入することが明らかとなった。

ホンダ、クラス1規定本格導入の来年以降も、ミッドシップ車での参戦を希望?

ホンダの山本雅史モータースポーツ部長が、2020年以降のスーパーGT(GT500クラス)参戦車両について言及した。

ホンダのGT500メンバーから外れた小暮卓史、気になる今季の去就は?

ホンダのスーパーGT(GT500クラス)のメンバーから外れることになった小暮卓史。今後の去就について注目が集まっている。

JP・デ・オリベイラがGT500の日産離脱を自身のツイッターで発表

スーパーGTのGT500クラスに参戦してきたジョアオ・パオロ・デ・オリベイラが、2019年は日産を離れる旨を明らかにした。

SF19でオーバーテイクシステムが変更? 1秒単位の使用を検討中

2019年からスーパーフォーミュラの参戦車両になる『SF19』では、従来とは異なる運用方法のオーバーテイクシステム導入が検討されているようだ。

ピエール・ガスリーが語るSFの魅力「ドライバーとして成長できる場所」

F1で活躍するピエール・ガスリーは、1年間フル参戦したスーパーフォーミュラでの経験が、現在も役に立っていると語った。

山本尚貴、F1視察後の思い語る「自分からチャンスを手放したくない」

先週末のF1アブダビGPを視察してきた山本尚貴が、渡航に至った経緯と自身の今の心境について語り、改めてF1に挑戦したい気持ちがあることを明らかにした。

F3マカオでクラッシュの坪井翔「腰は痛いがドライビングに支障ない」

先日マカオで行われたFIA F3ワールドカップでクラッシュに巻き込まれた坪井翔だが、腰を痛めているものの今後のドライビングに支障はないと語った。

グループ2決勝:ST-4は13号車エンドレス86が2年ぶりの優勝

2018スーパー耐久第6戦岡山のグループ2決勝。ST-4クラスは#13 ENDLESS 86が2年ぶりに優勝、ST-5クラスは#2 TEAM221ロードスターが逆転でチャンピオンを獲得した。

坪井翔の勢い止まらず! 25号車86 MCが今季2度目のPPを獲得

2018スーパーGT第7戦オートポリス公式予選。GT300クラスは#25 HOPPY 86 MCが今季2度目のポールポジションを獲得した。

スバルBRZが異次元の速さで今季初ポールポジション!

2018スーパーGT第6戦SUGO。GT300クラスの公式予選は#61 SUBARU BRZ R&D SPORTがポールポジションを獲得した。

HOPPY 86 MCが得意でない富士でポールポジション!

2018スーパーGT第5戦富士の予選。GT300クラスは#25 HOPPY 86 MCが今季初のポールポジションを獲得した。

ボロボロになっても走り続けた59号車WRX STI、井口卓人「ベストメカニック賞をあげたい」

#59 DAMD MOTUL ED WRX STIの井口卓人は、度重なるアクシデントからマシンを復活させたチームを讃えた。

WAKO’S LC500脇阪監督「山田エンジニアがいなくても前向きに戦う」

チームルマンの山田健二エンジニアの訃報から約1週間。スーパーGT第2戦を前にし、同チームの脇阪寿一監督が、今の心境を語った。

岡山公式テスト、最終セッションはカルソニック IMPUL GT-Rがトップ

スーパーGT岡山公式テスト、2日目の最後のセッションは#12カルソニック IMPUL GT-Rがトップタイムを記録した。

スーパーGT岡山公式テスト2日目午前はホンダ勢が速さを見せる

スーパーGT岡山公式テスト2日目午前のセッションが行われ、KEIHIN NSX-GTがトップ。ホンダ勢がワンツーを占める結果となった。

2018年間エントリーリスト発表。GT500には元F1ドライバーが4人参戦

スーパーGTを運営するGTアソシエイションは27日、2018年の年間エントリーリストを発表した。

中嶋大祐、今季のSF参戦を辞退「気持ちを維持できなくなった」

ホンダから発表されたスーパーフォーミュラのドライバーラインアップに名前がなかった中嶋大祐。その理由は、本人の意向だったという。

”苦労人”モレノの、忘れられないグランプリ:1992年モナコGP

1990年の日本GPで自信唯一のF1表彰台を獲得したロベルト・モレノ。その彼には、もうひとつ忘れられないグランプリがあるという。

ロベルト・モレノ インタビュー第2回:”友人たち”の助けで得た歓喜

1990年の日本GPで歓喜の2位表彰台を得たロベルト・モレノ。この好結果は、多くの”友人たち”の支持がある、実現したモノだった。