F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
執筆者

松本 和己

松本 和己の最新ニュース

グリッド
リスト

NISMO FESTIVAL閉幕。”来年こそ”……雪辱誓った日産勢「ファンの応援が大きな力に」

12月8日、富士スピードウェイで『NISMO FESTIVAL 2019』が開催され、日産のドライバーや監督が集結。ファンとの交流が行なわれた。

快晴の富士スピードウェイで『NISMO FESTIVAL 2019』開催!

12月8日、富士スピードウェイで『NISMO FESTIVAL 2019』が開催され、日産のドライバーや監督が集結。ファンとの交流が行なわれた。

歴史の新たな一歩。交流戦の実現に、両シリーズ代表「素晴らしい未来が待っている」

ITRチェアマンのゲルハルト・ベルガー、そして坂東正明GTA代表がスーパーGT×DTM特別交流戦について語った。

「最高のレースだった!」デュバル、富士で躍動。白熱の”初”交流戦を演出

スーパーGT×DTM特別交流戦のレース2で3位となったロイック・デュバル(#28 BMC Airfilter RS 5 DTM)が、レースを振り返った。

日本での初優勝を成し遂げたカーティケヤン「ついに夢がかなった」

『スーパーGT×DTM特別交流戦』のレース2を勝ったナレイン・カーティケヤン(#64 Modulo Epson NSX-GT)。これが日本での初優勝となった。

60号車LMcorsaがスプリントカップ連勝。 "ラストラン"のHOPPY 86 MCは8位

スプリントカップのレース2決勝が行なわれ、#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3(吉本大樹/宮田莉朋)がレース1に続き優勝を飾った。

SGT×DTM交流戦レース2:ラスト10分の”大波乱”どこ吹く風。カーティケヤン優勝

『スーパーGT×DTM特別交流戦』のレース2決勝が行なわれ、ナレイン・カーティケヤン(#64 Modulo Epson NSX-GT)が優勝を飾った。

SGT×DTM特別交流戦レース2予選:16号車の中嶋大祐が最速も、デュバルがPP

スーパーGT×DTM特別交流戦のレース2予選が行なわれ、#16 MOTUL MUGEN NSX-GTの中嶋大祐が最速タイムを記録した。

宮田莉朋、怒涛の追い上げ。60号車が大逆転でスプリントカップのレース1制す

スーパーGT×DTM特別交流戦の併催イベント『auto sport web Sprint Cup』の決勝レース1は、#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3(吉本大樹/宮田莉朋)が制した。

諦めの境地? 17号車の塚越広大、”中間”セットアップで交流戦2位獲得

『スーパーGT×DTM特別交流戦』のレース1で2位を獲得した#17 KEIHIN NSX-GTの塚越広大が、レースを振り返った。

SGT×DTM交流戦:キャシディ、完璧なレース運びでレース1制す。DTM勢はトレルイエ6位

『スーパーGT×DTM特別交流戦』のレース1決勝が行なわれ、ニック・キャシディ(#37 KeePer TOM'S LC500)が優勝を果たした。

スーパーGT×DTM特別交流戦レース1予選:キャシディがPP。デュバル2番手

『スーパーGT×DTM特別交流戦』のレース1予選が行なわれ、ニック・キャシディ(#37 KeePer TOM'S LC500)がポールポジションを獲得した。

”将来”に向けて、まずは一歩。ドリームレースの実現にDTM王者ラスト「とても光栄」

スーパーGT×DTM特別交流戦のレースを前に、各陣営のドライバーが記者会見で意気込みを語った。

特別交流戦FP2:DTM王者の本領発揮? ラストが首位。デュバルが2番手に続く

『スーパーGT×DTM特別交流戦』のフリー走行2回目が行なわれ、レネ・ラスト(#33 Audi Sport RS5 DTM)がトップとなった。

スーパーGT×DTM特別交流戦FP1:天候に翻弄され赤旗終了。マーデンボローが首位

『スーパーGT×DTM特別交流戦』のフリー走行1回目が行なわれ、ヤン・マーデンボロー(#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R)が首位となった。

F3マカオ:フェルシュフォー、ヴィップス抑えマカオを制す! 角田裕毅は11位

F3マカオGPの決勝レースは、リチャード・フェルシュフォー(MPモータースポーツ)がマカオ初参戦で初優勝を飾った。

F1ブラジルFP3:ハミルトンが首位。フェルスタッペン肉薄、0.026秒差の2番手

F1第20戦ブラジルGPのフリー走行3回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。

F1ブラジルFP1:アルボン首位もクラッシュ。フェルスタッペンはタイム計測なし

F1第20戦ブラジルGPのフリー走行1回目は、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンがトップタイムをマークした。

F1、CO2排出削減に本腰。2030年までに”カーボンニュートラル”化を目指す

F1は二酸化炭素の排出削減を進め、2030年までに”カーボンニュートラル”化することを目指すという方針を発表した。

WEC上海で敗北喫したトヨタ、ハンディキャップへの”支持”は変わらず

WEC上海で優勝を逃したトヨタ。しかし、テクニカルディレクターのパスカル・バセロンは、”サクセス・ハンディキャップ”を支持し続けているという。

WEC上海:レベリオンが今季初優勝。トヨタは意地のダブル表彰台

WEC第3戦上海4時間レースの決勝は、レベリオン・レーシングの1号車が今季初優勝を果たした。

トヨタ、WEC上海予選での苦戦は予想通りも「レベリオンの”遅さ”は不可解」

トヨタのテクニカルディレクターであるパスカル・バセロンは、WEC上海の予選でポールポジションを獲得したレベリオンの遅さに驚いたと語った。

WEC上海予選:プライベーターの”逆襲”、レベリオンPP。トヨタは4、5番手に沈む

WEC第3戦上海4時間レースの予選が行われ、レベリオン・レーシング1号車がポールポジションを獲得した。

23号車ニスモ、最終戦は悔しい8位。クインタレッリ「僕たちには足りない部分がある」

スーパーGT最終戦もてぎを8位で終えた#23 MOTUL AUTECH GT-R。ロニー・クインタレッリは悔しさを口にしながらも、新型車両が導入される来季に期待を寄せた。