F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
19 days
執筆者

松本 和己

松本 和己の最新ニュース

グリッド
リスト

シーズン再開のNASCARは、なぜ”前例”を作れたのか。HRE服部茂章氏に訊く

新型コロナウイルスにより、モータースポーツだけでなく世界中のスポーツが中断される中、アメリカではNASCARがいち早く再開された。

F1テスト最終日、午前はリカルドが最速アタック。ホンダ勢は下位に

F1プレシーズンテストの最終日午前のセッションは、ルノーのダニエル・リカルドがトップとなった。

F1テスト後半開始。初日午前はクビサがトップ! ホンダ勢も2、3番手に続く

2020年のF1プレシーズンテスト2回目がスタート。初日午前はアルファロメオのロバート・クビサがトップとなった。

WECオースティン:レベリオンがほころび見せず今季2勝目。トヨタは2、3位

WEC第5戦オースティン6時間レースは、レベリオン・レーシングの1号車がポール・トゥ・ウィンでシーズン2勝目を挙げた。

WECオースティン予選:エンジンブロー乗り越え、レベリオンがポール獲得

WEC第5戦オースティンの予選が行なわれ、レベリオン・レーシング1号車がポールポジションを獲得した。

テスト初日午前はボッタスが首位。フェルスタッペン最多91周で3番手

2020年シーズンのF1プレシーズンテスト初日午前は、メルセデスのバルテリ・ボッタスが首位となった。

ハース、新車『VF-20』を正式発表。昨年の不振から脱却を目指す

ハースF1チームは、プレシーズンテスト初日の2月19日に、2020年シーズンを戦う新車『VF-20』を正式発表した。

飛躍の基礎を築けるか。レーシングポイント、新車『RP20』のカラーリングを発表

レーシングポイントF1チームは、2月17日に2020年のシーズンを戦う新車『RP20』のカラーリングを発表した。

日産/ニスモ、2020年のモータースポーツ活動の概要を発表

2月16日、日産グローバル本社ギャラリーで日産/ニスモのファンイベントが行なわれ、2020年のモータースポーツ活動概要が発表された。

レッドブル・ホンダ、新車『RB16』を発表。王者挑戦の準備は整ったか

レッドブル・ホンダは、2020年シーズンのF1を戦うニューマシン、RB16を発表した。

フェラーリ、新車『SF1000』を発表。1000レース目迎える跳ね馬、”逆襲”なるか

フェラーリは、2020年シーズンを戦うニューマシン『SF1000』を、2月12日に発表した。

GT500復帰の千代勝正。”学びの一年”で「一皮剥けた自分を見せたい」

#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rのドライバーとして2020年のスーパーGTを戦うことが発表された千代勝正は、成長した自分を見せたいと語った。

トヨタのオジェ、大迫力の”やり過ぎ”デモランでファンを魅了

トヨタのセバスチャン・オジェは、東京オートサロンの屋外イベント会場でデモランを実施。ファンに圧巻の走りを見せた。

WRCで勝つための”武器”。トヨタ、GRヤリスを東京オートサロンで世界初公開

トヨタは、幕張メッセで開幕した東京オートサロン2020において、”GRヤリス”を世界初公開した。

佐藤琢磨の熱弁止まらず! 熱田カメラマン写真展トークショーはまさかの1時間延長

『熱田護写真展:500GP フォーミュラ1の記憶』のトークイベントが行なわれ、熱田護カメラマンとゲストの佐藤琢磨が、白熱のトークショーを繰り広げた。

NISMO FESTIVAL閉幕。”来年こそ”……雪辱誓った日産勢「ファンの応援が大きな力に」

12月8日、富士スピードウェイで『NISMO FESTIVAL 2019』が開催され、日産のドライバーや監督が集結。ファンとの交流が行なわれた。

快晴の富士スピードウェイで『NISMO FESTIVAL 2019』開催!

12月8日、富士スピードウェイで『NISMO FESTIVAL 2019』が開催され、日産のドライバーや監督が集結。ファンとの交流が行なわれた。

歴史の新たな一歩。交流戦の実現に、両シリーズ代表「素晴らしい未来が待っている」

ITRチェアマンのゲルハルト・ベルガー、そして坂東正明GTA代表がスーパーGT×DTM特別交流戦について語った。

「最高のレースだった!」デュバル、富士で躍動。白熱の”初”交流戦を演出

スーパーGT×DTM特別交流戦のレース2で3位となったロイック・デュバル(#28 BMC Airfilter RS 5 DTM)が、レースを振り返った。

日本での初優勝を成し遂げたカーティケヤン「ついに夢がかなった」

『スーパーGT×DTM特別交流戦』のレース2を勝ったナレイン・カーティケヤン(#64 Modulo Epson NSX-GT)。これが日本での初優勝となった。

60号車LMcorsaがスプリントカップ連勝。 "ラストラン"のHOPPY 86 MCは8位

スプリントカップのレース2決勝が行なわれ、#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3(吉本大樹/宮田莉朋)がレース1に続き優勝を飾った。

SGT×DTM交流戦レース2:ラスト10分の”大波乱”どこ吹く風。カーティケヤン優勝

『スーパーGT×DTM特別交流戦』のレース2決勝が行なわれ、ナレイン・カーティケヤン(#64 Modulo Epson NSX-GT)が優勝を飾った。

SGT×DTM特別交流戦レース2予選:16号車の中嶋大祐が最速も、デュバルがPP

スーパーGT×DTM特別交流戦のレース2予選が行なわれ、#16 MOTUL MUGEN NSX-GTの中嶋大祐が最速タイムを記録した。

宮田莉朋、怒涛の追い上げ。60号車が大逆転でスプリントカップのレース1制す

スーパーGT×DTM特別交流戦の併催イベント『auto sport web Sprint Cup』の決勝レース1は、#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3(吉本大樹/宮田莉朋)が制した。