執筆者

松本 和己

Latest articles by 松本 和己

グリッド
リスト

フェルスタッペン、予選に向けてFP1首位の好発進。角田裕毅10番手|F1第11戦オーストリアGP

F1第11戦オーストリアGPのフリー走行1回目は、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイム。アルファタウリの角田裕毅は10番手となった。

トヨタ7号車、”スパウェザー”で大荒れのレース制す。僚友8号車はハイブリッドトラブル|WEC第2戦スパ決勝

WEC第2戦、スパ6時間レースの決勝が行なわれ、トヨタの7号車(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス組)がレースを制した。

ルクレールがFP2最速も、フェラーリ全くロングランできず。10番手の角田裕毅にトラブル:F1第2戦サウジアラビアGP

F1第2戦サウジアラビアGPのフリー走行2回目が行なわれ、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップ。角田裕毅(アルファタウリ)は10番手だった。

F1バルセロナテスト2日目:ルクレールがトップタイム。フェラーリが初日に続いて最多周回

2022年最初のF1プレシーズンテスト2日目、トップタイムを記録したのはフェラーリのシャルル・ルクレールだった。

F1バルセロナテスト2日目午前:リカルドがトップ。レッドブルのペレスが赤旗第1号に

バルセロナのカタルニア・サーキットで開催されているF1プレシーズンテスト。2日目の午前は、マクラーレンのダニエル・リカルドがトップタイムをマークした。

ポルシェ、フォーミュラE初勝利をワンツーで飾る。抜群のマネジメントでウェーレイン優勝

フォーミュラE第3戦メキシコシティePrixの決勝レースが行なわれ、ポルシェのパスカル・ウェーレインが優勝した。

F1カタールGP:FP2はボッタス首位。ガスリー2番手、フェルスタッペンが3番手に続く。角田裕毅7番手

F1第20戦カタールGPのフリー走行2回目が行なわれ、トップはバルテリ・ボッタス(メルセデス)。角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は7番手だった。

”レジェンド”フィッティパルディ、熾烈なF1タイトル争いに熱視線「レッドブルの方が安定している」

2度のF1王者であるエマーソン・フィッティパルディは、ハミルトンと激しいタイトル争いを繰り広げるフェルスタッペンの方が、より安定して競争力を発揮していると語った。

F2モンツァ:波乱のレース1はプルシェールが優勝。佐藤万璃音はクラッシュに巻き込まれる不運

F2第5戦モンツァのレース1が行なわれ、テオ・プルシェール(ARTグランプリ)が優勝を飾った。

F1オランダFP2:フェラーリがワンツー。母国フェルスタッペンは赤旗でアタック不発、角田裕毅13番手

F1第13戦オランダGPのフリー走行2回目が行なわれ、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムをマーク。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は13番手だった。

トヨタ、ル・マン薄氷のワンツーフィニッシュ。中嶋一貴、”チーム力”で乗り越えたトラブル語る

ル・マン24時間レースで総合2位となったトヨタ8号車の中嶋一貴は、レース終盤で見舞われた燃料系のトラブルについて語り、チームの力で乗り越えることができたと語った。

トヨタがワンツーでル・マン24時間レース4連覇を達成! 小林可夢偉の7号車が悲願の初制覇

第89回ル・マン24時間レースは、TOYOTA GAZOO RacingのGR010 HYBRIDがワンツーフィニッシュを達成。トヨタとしては4連覇、小林可夢偉がドライバーを務めるトヨタ7号車は悲願の初制覇となった。

F1ハンガリー予選:ハミルトン、0.3秒差のポールポジション獲得。角田裕毅はQ1敗退16番手

F1第11戦ハンガリーGPの予選が行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンがポールポジション。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、16番手でQ1敗退となった。

フォーミュラEロンドン決勝:BMWのデニスが完璧な走りで1戦目制す。切れ味抜群オーバーテイクのデ・フリーズ2位

フォーミュラE第12戦ロンドンePrixの決勝が行なわれ、BMWのジェイク・デニスが独走で今季2勝目を挙げた。

F1イギリス決勝:ハミルトン、フェルスタッペンと接触も”執念”の逆転優勝。角田裕毅は10位入賞

F1第10戦イギリスGPの決勝レースは、メルセデスのルイス・ハミルトンが優勝。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は10位となった。

F1フランス決勝:フェルスタッペン、追い上げ”ミッション遂行”。スペインの雪辱果たす劇的勝利

F1第7戦フランスGPの決勝レースが行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝した。角田裕毅は13位でフィニッシュした。

母国レースで好調のアルピーヌF1。アロンソ「”通常”の競争力に戻った」と安堵

アルピーヌF1チームは、母国レースであるF1第7戦フランスGP初日、順調な滑り出しを見せた。市街地サーキットでの不調を払拭できたことに、ドライバーたちは安堵したようだ。

メルセデス、苦戦続くも2022年の開発計画には変更なし「モナコとバクーは我々にとって”最悪”だった」

モナコGPとアゼルバイジャンGPで苦戦したメルセデスF1チーム。しかし、苦戦が予想できたコースであり、2022年に向けた計画を変更する予定はないという。

F2バクー:レース2はヴィップスが見事な走りでF2初優勝。佐藤万璃音13位

FIA F2第3ラウンドのレース2が行なわれ、ユーリ・ヴィップス(ハイテック)がF2初優勝を挙げた。

F1アゼルバイジャンFP1:フェルスタッペン最速、フェラーリも好調。角田裕毅は14番手

F1第6戦アゼルバイジャンGPのフリー走行1回目が行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマーク。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は14番手だった。

F2モナコ:レース3はプルシェールがポール・トゥ・ウィンでF2初勝利。佐藤万璃音は14位

F2第2ラウンド、モナコのレース3が行なわれ、テオ・プルシェール(ARTグランプリ)が優勝を飾った。

アルファタウリF1代表、角田裕毅の”怒りの無線”は望ましくないと語るも「ある程度のアグレッシブさは必要」

アルファタウリ・ホンダのフランツ・トスト代表は、スペインGPで角田裕毅が不満を漏らした無線について望ましいコメントではなかったと認めつつ、ミスを気にしないドライバーよりは好感が持てると話した。

Moto2フランス予選:突然の雨もなんのその。フェルナンデスが初ポール獲得。小椋藍は転倒で16番手

MotoGP第5戦フランスGPのMoto2クラス予選が行なわれ、ラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)がポールポジションを獲得した。

フェルスタッペン、マシンの進歩を確信。悲願のタイトル獲得に向け「モチベーションはとても高い」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、今季のマシンRB16Bのパフォーマンスに自信を持っており、やる気に満ち溢れていると語った。

F1ポルトガルFP2:ハミルトンが首位、フェルスタッペンが続く。角田裕毅は14番手

F1第3戦ポルトガルGPのフリー走行2回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は14番手だった。

角田裕毅を支えるレースエンジニアが語る、ルーキーの情熱「クルマの中のユウキは”ストーム”だ!」

アルファタウリ・ホンダで角田裕毅を担当するレースエンジニア、マッティア・スピニがmotorsport.comのインタビューに応え、角田の印象を語った。

F1エミリア・ロマーニャFP2:好調アルファタウリ・ホンダのガスリー3番手、角田7番手。首位はボッタス

F1の2021年シーズンの第2戦エミリア・ロマーニャGPのフリー走行2回目は、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップとなった。

角田裕毅は「必ずF1チャンピオンになれる」アルファタウリのトスト代表、大絶賛

アルファタウリのフランツ・トスト代表は、F1開幕戦バーレーンGPで角田裕毅が見せたパフォーマンスを絶賛。このまま成長を続けられれば、チャンピオンに手が届くはずだと語った。

F1レースディレクター、バーレーンGPのトラックリミット裁定基準は「ブレていない」と断言

F1レースディレクターのマイケル・マシは、開幕戦バーレーンGP決勝レース中のトラックリミットについて、裁定基準は変わっていないと主張した。

F1バーレーンGP予選:フェルスタッペン圧巻、0.4秒差のポール獲得! 角田裕毅は攻めのタイヤ戦略実らず13番手

F1開幕戦バーレーンGPの予選が行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得した。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は13番手だった。

F2サヒール:レース2はピアストリが逆転優勝。佐藤万璃音は8位でポイント獲得

FIA F2開幕戦のレース2がバーレーンで行なわれ、オスカー・ピアストリ(プレマ・レーシング)が優勝を果たした。

F1バーレーンFP2:”四強”時代到来? フェルスタッペン首位もノリス肉薄。角田裕毅はガスリー上回る7番手

F1開幕戦バーレーンGPのフリー走行2回目は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマーク。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は7番手だった。

マクラーレンF1移籍のリカルド、伝家の宝刀”ブレーキング”はまだ調整必要?

今季からマクラーレンに加入したダニエル・リカルドは、まだブレーキの面で適応が必要だと考えているものの、すぐに感覚が掴めるはずだと語った。

いよいよ始まる角田裕毅のF1挑戦。「チームから求められるようなドライバーになりたい!」

今シーズン、7年ぶりの日本人F1ドライバーとして、アルファタウリからデビューする角田裕毅。彼は、チームから求められるようなドライバーになりたいと語った。

”レッドブルPU”にホンダはどこまで関与する? 浅木LPL「レッドブルとの契約次第」

レッドブルは、F1活動を終了するホンダのプロジェクトを引き継ぎ、参戦を続ける予定となっているが、どこまでホンダが来季のPU開発に関わるかは今後の契約次第だという。

ホンダが寄せる角田裕毅への期待。浅木LPL「いずれF1王者になってくれるんじゃないか」

ホンダF1プロジェクトの開発総責任者である浅木泰昭氏は、今季アルファタウリからF1デビューする角田裕毅について、いずれチャンピオンになってくれると期待を寄せている。

ホンダF1の新PUはほぼ別物! 新骨格採用でより低重心、コンパクト化

ホンダF1のPU開発総責任者である浅木泰昭氏は、F1の2021年シーズンに向けて新たな骨格を採用したPUについて、ほぼ別物だと語った。

F1プレシーズンテスト3日目午前|レッドブル・ホンダのペレスがトップ。ガスリー4番手

バーレーン・インターナショナル・サーキットで行なわれているF1プレシーズンテスト3日目、午前のセッションは、レッドブルのセルジオ・ペレスがトップとなった。

F1プレシーズンテスト2日目午前|角田裕毅、57周走行し5番手。リカルドが初日に続き午前トップ

バーレーン・インターナショナル・サーキットで行なわれているF1プレシーズンテスト2日目、午前のセッションはマクラーレンのダニエル・リカルドがトップとなった。

F1テスト初日午前:リカルド首位。ホンダ勢順調、アルファタウリ最多74周。メルセデスにまさかのトラブル

バーレーンでスタートしたF1プレシーズンテスト。初日午前のセッションは、マクラーレンのダニエル・リカルドがトップとなった。

フェラーリF1、逆襲の準備は整ったか? 新車『SF21』を発表、トップチーム返り咲き狙う

スクーデリア・フェラーリは、2021年シーズンのF1を戦う新車『SF21』を発表した。

アストンマーチンF1復活の第一歩。2021年の新車『AMR21』発表、象徴的なグリーンカラー纏う

2021年シーズンからF1に復帰するアストンマーチンは、3月3日にブランドを象徴するグリーンカラーを纏った新車『AMR21』を発表した。

メルセデスの”F1支配”は続くのか。新車『W12』を発表、ブラックアローで8連覇を狙う

メルセデスF1チームは、2021年シーズンのF1を戦う新車『W12』をSNSで発表した。

WEC開幕戦、セブリングでの実施を断念しポルティマオで開催へ。SF開幕戦と日程重複

WECは、セブリングで3月19日に開催する予定だった開幕戦を延期し、4月4日にポルトガルのアルガルヴェ・サーキットで実施することを発表した。

F1アブダビGP決勝:フェルスタッペン、完璧ポール・トゥ・ウィンで有終の美。今季2勝目を飾る

F1アブダビGPは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが完勝。メルセデス勢に大差をつけ、今季2勝目を挙げた。

F1アブダビ予選:フェルスタッペン、今季最初で最後のポール獲得! 僅差でボッタス抑える

F1第17戦アブダビGPの予選が行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが今季初ポールポジションを獲得した。

F1アブダビFP2:ボッタス首位、フェルスタッペン3番手もトップ3はアタック消化不良? 終盤にトラブル続発

F1最終戦アブダビGPのフリー走行2回目が行なわれ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。

佐藤琢磨、グリコ・オンラインイベントで夢を語る「インディ500の3勝目と、次世代の育成が夢」

オンラインイベント『with Glicoファンミーティング』にゲストとしてインディカードライバーの佐藤琢磨が登場。パフォーマンスを発揮するための秘訣や夢を語った。

F1バーレーンGP決勝:波乱尽くしのレースをハミルトン制す。レッドブルがダブル表彰台

F1第15戦バーレーンGPの決勝レースが行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンが優勝した。

F1バーレーンGP予選:ハミルトンが完璧な仕事で今季10度目ポール。フェルスタッペン3番手

F1第15戦バーレーンGPの予選が行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。

佐藤琢磨の『KIDS KART CHALLENGE』オンラインイベント実施「頑張ってきたことは必ず次に繋がる」

『TAKUMA KIDS KART CHALLENGE 2020』のオンラインイベントが行なわれ、佐藤琢磨が参加した子どもたちと交流を深めた。

F1バーレーンFP1:ハミルトンが首位発進。ホンダ勢はガスリーが5番手につける

F1第15戦バーレーンGPのフリー走行1回目が行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。

夢の女性F1ドライバーを目指して! カルデロン「SFでのチャンスを最大限に活かしたい」

アルファロメオF1チームの開発ドライバーであり、スーパーフォーミュラにも参戦するタチアナ・カルデロンが、オンラインインタビューでその思いを語った。

F1トルコ決勝:ハミルトン、抜群のタイヤ管理で逆転優勝。7度目の戴冠に華を添える

F1第14戦トルコGPの決勝レースが行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンが優勝を果たし、今季のチャンピオン獲得を決めた。

F1トルコ予選:ストロールが大波乱の予選を制し、初ポール! フェルスタッペン2番手

F1トルコGPの予選が行なわれ、レーシングポイントのランス・ストロールが自身初ポールポジションを獲得した。

F1トルコFP2:フェルスタッペンがトップ。滑りやすい”難路面”との戦いは続く

F1トルコGPのフリー走行2回目が行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録した。

F1エミリア・ロマーニャ:流れも味方にハミルトンが逆転優勝。ホンダ勢に災難続くも、クビアト4位

F1第13戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースが行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンが優勝を飾った。

F1エミリア・ロマーニャ予選:ボッタス逆転PP。フェルスタッペン3番手、ホンダPU全4台がQ3進出

F1第13戦エミリア・ロマーニャGPの予選が行なわれ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがポールポジションを獲得した。

F1ポルトガル決勝:ハミルトン、圧勝! F1最多勝記録の92勝目。フェルスタッペンは3位

F1第12戦ポルトガルGPの決勝レースが行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンが今季8勝目を挙げた。

F1ボルトガルGP予選:ハミルトン、まさかの2回アタックで鮮やかPP。フェルスタッペンは3番手

F1第12戦ポルトガルGPの予選は、メルセデスのルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。