執筆者

原田 了

Latest articles by 原田 了

グリッド
リスト

ARTAに強力な“助っ人”。ベテラン伊与木仁エンジニアがチームに合流

今季はBUSOU Drago CORSEのチーフエンジニアを務めてきた伊与木仁エンジニア。スーパーGT第4戦富士でARTAに合流した彼に話を聞いた。

GT300のベテランが生み出す“ケミストリー”に注目。JLOC小暮卓史は今も進化している?

スーパーGTのGT300クラスでは、実績のあるベテランドライバーが若手や中堅とコンビを組むケースが多い。そこで見られる化学反応(ケミストリー)に注目すると、非常に興味深い。

“絶滅危惧種”V8&V10エンジン、再び日の目を見るか。カーボンニュートラル燃料にかかる大きな期待

スーパーフォーミュラで開発テストが進められているカーボンニュートラルフューエル。その開発への道のりは平坦なものではないが、成功に向けて夢が膨らむものとなっている。

公式テストで最速タイム連発、“直線番長”脱却しコーナーでも速さ見せるトヨタGRスープラ:2022スーパーGT開発戦線

2度の公式テストを終え、いよいよ開幕戦を待つのみとなった2022年のスーパーGT。GT500クラスに参戦する3メーカーの首脳陣に話を聞いた。第3回はトヨタ陣営だ。

改善点はF1でも話題のポーパシング。セットアップの懐も深くなったNSX-GT:2022スーパーGT開発戦線

2度の公式テストを終え、いよいよ開幕戦を待つのみとなった2022年のスーパーGT。GT500クラスに参戦する3メーカーの首脳陣に話を聞いた。第2回はホンダ陣営だ。

最大の注目株、日産Z GT500。その改革は空力にとどまらず:2022スーパーGT開発戦線

2度の公式テストを終え、いよいよ開幕戦を待つのみとなった2022年のスーパーGT。GT500クラスに参戦する3メーカーの首脳陣に話を聞いた。第1回は日産/ニスモ陣営だ。

2022スーパーGT、気になるニューマシンを大胆分析!:そのポテンシャルはいかに? 工業製品としても上出来のトヨタGR86

2022年スーパーGTに登場する注目のニューマシンを大胆分析。今回はGT300クラスに投入されるapr製作のGR86だ。

2022スーパーGT、気になるニューマシンを大胆分析!:変更は“顔”だけにあらず。細部にこだわりが見えるType SベースのNSX-GT

2022年スーパーGTに登場する注目のニューマシンを大胆分析。今回はホンダが投入する新モデルのNSX-GTだ。

2022スーパーGT、気になるニューマシンを大胆分析!:低く身構え、獰猛なイメージが漂うNISSAN Z GT500

2022年スーパーGTに登場する注目のニューマシンを大胆分析。今回は日産がGT500に投入するZ GT500だ。

【特集】R35 GT-Rラストラン 第3回:星野一義「GT-Rは自分の分身みたいなものだった」

2021年スーパーGT最終戦でラストレースを迎えた、GT500の日産GT-R。選手としてスカイラインGT-Rを走らせ、監督としてR35 GT-Rを走らせてきた星野一義に話を聞いた。

【スーパーGT】GT-Rからバトン受け継いだ”Z GT500”。空気抵抗減でストレートスピードが向上か?

日産は2022年シーズンから、スーパーGTの車両をGT-RからNissan Z GT500へと変更。首脳陣からの期待も大きい”Z ”だが、2021年がラストシーズンとなったR35 GT-Rの戦いぶりを踏まえて、Zに期待される進化について考えた。

【特集】R35 GT-Rラストラン 第2回:松田次生「23号車で23勝目をマークした鈴鹿が最も印象に残っている」

2021年スーパーGT最終戦でラストレースを迎えた、GT500の日産GT-R。スーパーGT歴代最多の23勝、その内17勝をR35 GT-Rでマークした松田次生に話を聞いた。

【特集】R35 GT-Rラストラン 第1回:本山哲「GT-Rは一番いい思いをさせてもらったクルマ」

2021年スーパーGT最終戦でラストレースを迎えた、GT500の日産GT-R。かつてこの車両で数々の実績を残してきた本山哲が、GT-Rとの思い出を語った。

『世界のレーシングカー博物館探訪記』:第3回 ル・マンに“自動車の歴史”アリ。24時間レース&ヒストリックなマシンにメロメロ?

世界中に存在する、レーシングカーを扱った博物館……有名どころからマイナーどころまで、“趣味”が高じて世界150箇所以上のミュージアムを訪れてきたモータースポーツジャーナリストが、その魅力を紹介する連載企画第3回。今回は世界三大レースに数えられるル・マン24時間レースの舞台となっているサルト・サーキット、そのサーキット博物館をご紹介しよう。

『世界のレーシングカー博物館探訪記』:第2回 “デザイン”のヤマハを感じる? ヤマハ・コミュニケーションプラザ

世界中に存在する、レーシングカーを扱った博物館……有名どころからマイナーどころまで、“趣味”が高じて世界150箇所以上のミュージアムを訪れてきたモータースポーツジャーナリストが、その魅力を紹介する連載企画第2回。今回は“デザイン”のヤマハとしても名高い、ヤマハ発動機の企業博物館をご紹介。

スーパーフォーミュラ初優勝の福住仁嶺、苦しかった日々を想い走ったウイニングランで「少しウルっときた」

DOCOMO TEAM DANDELION RACINGの福住仁嶺は、初優勝を飾ったスーパーフォーミュラ第4戦SUGOのウイニングランで、不運などによって勝利を失ってきたこれまでの苦い思い出が脳裏を駆け巡ったようだ。

関口雄飛、ポールポジションの喜び噛み締め「今年も走らせてくれた関係者すべてに感謝」

スーパーフォーミュラ第4戦SUGOの予選でポールポールポジションを獲得した関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)は、久々のポールポジションをかみしめ、支えてくれた人たちへの感謝を述べた。

『世界のレーシングカー博物館探訪記〜百聞は一見にしかず〜』:第1回 日本F1の聖地? ホンダ・コレクションホール

世界中に存在する、レーシングカーを扱った博物館……有名どころからマイナーどころまで、“趣味”が高じて世界150箇所以上のミュージアムを訪れてきたモータースポーツジャーナリストが、その魅力を紹介する連載企画第1回。

スーパーフォーミュラ2戦目で優勝のジュリアーノ・アレジに、トムス舘信秀監督も「本当に楽しみ」とご満悦

スーパーフォーミュラ第3戦オートポリスではKuo VANTELIN TEAM TOM'Sのジュリアーノ・アレジが優勝したが、チーム監督の舘信秀は、アレジが2戦目で結果を残したことに驚きつつ、今後が楽しみになったと語った。

SF2戦目で初ポールのアレジ、強気のアタックが奏功「少しリスクを背負ってでも攻めようと思った」

スーパーフォーミュラ第3戦オートポリスでポールポジションを獲得したジュリアーノ・アレジは、雨脚強まるコンディションの中、リスク承知で攻めたことがこの結果に繋がったようだ。

スーパーGTのカーボンニュートラル化は“eフューエル”から? レース距離増加の計画も明らかに

スーパーGTを運営するGTアソシエイションの坂東正明代表は、同シリーズにおけるカーボンニュートラル化の第一歩として、水素と二酸化炭素を合成した液体燃料“eフューエル”の導入を目指したいと語った。

【スーパーGT】GT300優勝のLMコルサ吉本「埼玉トヨペットとガチンコで戦えるクルマ目指す」

スーパーGT第2戦のGT300クラスで優勝した60号車SYNTIUM LMcorsa GR Supra GTの吉本大樹は、今回トラブルで後退した52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GTを次戦以降“ガチンコ勝負”で打ち負かしたいと語った。

17号車Astemo NSX、波乱のスーパーGT第2戦富士を制す。塚越「今年のスタイルは”輝嚇の弾丸”」

富士スピードウェイで行なわれた2021年のスーパーGT第2戦。マシントラブルやペナルティなどで上位を走るチームが次々と脱落する中、優勝を手にしたのは#17 Astemo NSX-GTだった。

61号車BRZ、富士初日全セッション首位。山内英輝「全力で後続を引き離していくだけ」

スーパーGTの第2戦富士予選で、GT300クラスのポールポジションを獲得した61号車SUBARU BRZ R&D SPORTの井口卓人と山内英輝は、決勝でも速さを見せつけるとその意気込みを語った。

19号車WedsSport、本人たちも驚きのPP「どうやったらトップに追いつけるか追求した結果」

スーパーGT第2戦富士でGT500のポールポジションを獲得した19号車WedsSport ADVAN GR Supraの宮田莉朋は、チームやヨコハマタイヤと協力して、どうすれば上位陣に追いつけるか追求した結果が今回のPPにつながったと語った。

【スーパーフォーミュラ】野尻智紀、開幕2連勝も次戦以降は「真っ新なところからスタートしたい」

野尻智紀は2021年のスーパーフォーミュラで開幕2連勝を飾ったが、第3戦以降は「真っ新なところからスタートしたい」と気を引き締めた。

ついにスーパーフォーミュラ初PPを手にした福住仁嶺「今回は自信があって気楽な気持ちでいられた」

スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿でキャリア初のポールポジションを獲得したDOCOMO TEAM DANDELION RACINGの福住仁嶺は、これまで以上に自信を持って気楽な気持ちで予選に臨むことができたと語った。

2019年王者コンビ大嶋&山下がルーキーレーシングで初優勝「モリゾウさんにタイトルで恩返しを」

スーパーGT第1戦岡山で勝利を飾ったTGR TEAM ENEOS ROOKIEの大嶋和也は、オーナーであるモリゾウ(トヨタ自動車の豊田章男社長)へ恩返しをするためにも、シリーズタイトルを狙っていきたいと力強く宣言した。

【スーパーGT】デ・オリベイラ「期待以上の結果!」前年王者KONDO RACING、新シーズンを勝利|開幕戦GT300優勝コメント

スーパーGT開幕戦岡山のGT300クラスを制した#56 リアライズ日産自動車大学校 GT-R/KONDO RACINGの藤波清斗とジョアオ・パオロ・デ・オリベイラが、レース後に記者会見に応じ、喜びのコメントを発した。

【スーパーGT】11号車GAINERの平中、望外のポールから「スープラに負けないレース」目指す

2021スーパーGT第1戦の公式予選でGT300クラスのポールポジションを獲得した#11 GAINER TANAX GT-Rの平中克幸と安田裕信が、記者会見でその喜びを語った。

阪口晴南、GT500代役参戦の大役果たし驚異のPPラップ「僕を呼んでくれたチームに感謝」

代役参戦ながら#37 KeePer TOM'S GR Supraをポールポジションに導く見事なドライビングを見せた阪口晴南が、その喜び、そして自身を起用したチームへの感謝などを語った。

スーパーフォーミュラ開幕戦富士:PPスタートの野尻智紀が完勝。初タイトルに向け好スタート

2021年スーパーフォーミュラ開幕戦の決勝レースが行なわれ、野尻智紀(TEAM MUGEN)がポールトゥウィン。念願のチャンピオン獲得に向け、素晴らしいスタートダッシュを切ることになった。

スーパーフォーミュラ開幕戦富士:野尻智紀が昨年の最終戦に続く2戦連続PP

2021年スーパーフォーミュラ開幕戦富士の予選では、昨年同地で行なわれたシリーズ最終戦のポールシッター、野尻智紀が年を跨いで2戦連続となるポールポジションを獲得した。

野尻智紀、混戦のSF開幕戦で“頭ひとつ”抜け出してのポール「明日は強く賢いレースを」

スーパーフォーミュラ開幕戦でポールポジションを獲得した野尻智紀は、マシンが非常に高いレベルで仕上がっていることを認め、決勝では強く賢いレースを展開したいと意気込んだ。

【スーパーGT】富士公式テスト2日目、最後の最後で逆転した23号車ニスモが最速

スーパーGT富士公式テスト2日目は、#23 MOTUL AUTECH GT-Rが最速タイムをマークした。

【スーパーGT】富士公式テスト初日、36号車スープラがトップタイム。GT300は56号車GT-R首位

スーパーGTの富士公式テストの初日が富士スピードウェイで行なわれ、GT500クラスは36号車au TOM'S GR Supraがトップタイムを記録。GT300クラスは56号車リアライズ日産自動車大学校 GT-Rが首位となった。

レーシングカーは奥が深い! トップエンジニアでも”計り知れない”世界

開幕が迫る2021年シーズンに向けて、富士スピードウェイで行なわれたスーパーフォーミュラの合同テスト。トップエンジニアをしても、レーシングカーは奥が深く、まだまだ計り知れないのだという。

若手・ベテラン群雄割拠のスーパーフォーミュラ、タイヤ・メーカー・チームそれぞれの胸中を追う

2021年のスーパーフォーミュラも開幕が近づいてきた。3月11〜12日にかけて行なわれた鈴鹿テストでは若手ドライバーも多数参加。ベテラン勢も油断できない速さを見せる若手、エキサイティングなレースに欠かせないタイヤ供給を担当するヨコハマタイヤまで話を訊いた。

【スーパーGT】昨季は2度のポールポジション。表彰台にも登壇したダンロップタイヤの次の一手

2021年シーズンから、スーパーGTのGT500クラスで2チームにタイヤを供給することになったダンロップ。新たなシーズンに向けた期待感について、同社の竹内二郎モータースポーツ部長に話を伺った。

大湯都史樹”GT500本格走行”初日にトップタイム「これまでとは違うスタイルが必要」

レッドブル無限の大湯都史樹が、スーパーGTの岡山公式テスト初日にトップタイムを記録。GT500マシン本格走行初日にいきなりトップタイムを記録したことで、周囲からの期待も高まっている。

レジェンドの新たな挑戦。新チームでGT300参戦の本山哲の思い「楽しんで走るところを見せたい」

新チームを結成し、チームのドライバー兼ゼネラルマネージャーとしてスーパーGTのGT300クラスに参戦する本山哲。新たな挑戦に臨むその胸中を訊いた。

劇的展開で終幕したスーパーGT。2021年も「今季と同等の8戦開催予定」とGTA代表

スーパーGTを運営するGTアソシエイションの坂東正孝代表は第8戦富士で行なわれたGTA定例会見に出席。コロナ禍の中での開催となった2020年シーズンの振り返りと、未だコロナの影響の残る中ではあるが来季に向けた考えを語った。

「王座よりも、このレースで勝ちたかった」完全勝利の52号車吉田&川合が喜び

2020スーパーGT第8戦富士でポールトゥウィンを飾った#52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT。ドライバーの吉田広樹はシリーズチャンピオンよりも、今回のレースに勝ちたかったとその気持ちを語った。

リアライズ 日産自動車大学校 GT-RがGT300王者獲得。藤波「まるで夢みたい」

スーパーGTの2020年最終戦が富士スピードウェイで行なわれ、2位でフィニッシュした#56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rがチャンピオンを獲得。ドライバーの藤波清斗とジョアオ・パオロ・デ・オリベイラが喜びを語った。

埼玉トヨペット、今季2勝目も56号車リアライズが2位獲得で今季王者に|GT300富士

2020スーパーGT第8戦富士のGT300クラス決勝は#52 埼玉トヨペットGB GR Supra GTが今季2勝目を挙げたが、2位を獲得した#56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rがシリーズチャンピオンに輝いた。

PPで王座に一歩接近。37号車平川、決勝は「開幕戦と同じポールトゥウィンを目指す」

スーパーGT第8戦富士GT500クラス予選でポールポジションを獲得した#37 KeePer TOM'S GR Supra。平川亮はチャンピオン獲得を目指し、決勝では開幕戦と同じようにポールトゥウィンを飾りたいと意気込みを語った。

SGT富士GT300予選|#52埼玉トヨペットの川合、“鎧袖一触”のレコードタイムでPP

2020スーパーGT第8戦富士のGT300クラス予選が行なわれ、#52 埼玉トヨペットGB GR Supra GTがポールポジションを獲得。Q2でアタックを担当した川合孝汰はレコードタイムを更新する速さを示した。

スーパーGT、来季FCY導入はまだ不透明? GTA坂東代表「ラグや精度の問題もある」

スーパーGTを運営するGTアソシエイションの坂東正明会長は、第7戦もてぎで行なわれた定例会見においてFCY(フルコースイエロー)の導入について説明。スーパーGTとしてどのようなシステムとしていくのか、その詳細と現状について語った。

ついに優勝! 8号車ARTA野尻「運もあったが、ペースが良かったから勝てた」

ついに今季初優勝を遂げた#8 ARTA NSX-GT。第一スティントを担当した野尻智紀は、運が良かったことは認めつつも、「自分たちのペースが良かったから勝てた」とレースを振り返った。

今季2勝目でランキング首位に。最終戦に向け「万全の対策を練って臨む」とオリベイラ

#56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rのジョアオ・パオロ・デ・オリベイラは、スーパーGT最終戦はポイントリーダーとしてアプローチせず、万全の対策を練って臨みたいと気を引き締めた。

SGT第7戦もてぎ|GT300は56号車リアライズが今季2勝目。ランク首位で最終決戦へ

2020スーパーGT第7戦もてぎのGT300クラスは、#56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rが優勝。最終戦を前にして、ランキングでも首位に浮上した。

決勝で後退する姿はもう見せない! PPの64号車Moduloの伊沢「絶対に優勝したい」

スーパーGT第7戦もてぎでGT500クラスのポールポジションを獲得した#64 Modulo NSX-GTの伊沢拓也は、今回こそは予選の結果をレースに繋げ、優勝を手にしたいと意気込みを語った。

セーフティカーはもう勘弁……61号車スバルBRZ、PPから今季初勝利を狙う|スーパーGT第7戦もてぎ予選

スーパーGT第7戦ツインリンクもてぎでは、GT300クラスは#61 SUBARU BRZ R&D SPORTがポールポジションを獲得した。井口卓人は前回のレースを振り返り、セーフティカーが出てくるようなレースにはなってほしくないと語った。

第7戦もてぎ GT300予選|61号車スバルBRZ、今季初PP獲得

スーパーGT第7戦ツインリンクもてぎの予選が行なわれ、GT300クラスは#61 SUBARU BRZ R&D SPORTがポールポジションを獲得した。

ファン入場再開したスーパーGT、最終戦は観客上限を増加? GTA坂東代表が示唆

スーパーGTをプロモートするGTAの坂東正明代表は、第6戦鈴鹿で行なわれた会見に登壇。2020年シーズンにおける観客入場の拡大予定についてや、新型コロナウイルス拡大防止策の現状についての質問に答えた。

鈴鹿制した21号車アウディの川端&近藤、マシンの仕上がりに手応え「この勢いに乗りたい」

2020スーパーGT第6戦のGT300クラスで優勝した21号車Hitotsuyama Audi R8 LMSの川端伸太朗と近藤翼は、マシンの調子が良くなってきているとして、残るレースに向けた期待感を口にした。

地獄から天国へ。大逆転勝利の23号車ニスモ、松田次生「結果で感謝を伝えたかった」

スーパーGT第6戦鈴鹿は、GT500クラス最後尾から#23 MOTUL AUTECH GT-Rが逆転優勝を飾った。予選でクラッシュを喫した松田次生は、チームへの感謝を語った。

SGT第6戦|GT300決勝レポート:ピットタイミングも奏功し21号車アウディが優勝

鈴鹿サーキットで行われた2020スーパーGT第6戦のGT300クラス決勝は、21号車 Hitotsuyama Audi R8 LMSが優勝を飾った。

「ポールを獲る自信があった」自らQ2担当を志願。阪口晴南が“有言実行”の走りでPP

スーパーGT第6戦鈴鹿でGT300クラスのポールポジションを獲得した#96 K-tunes RC F GT3の阪口晴南は、予選に向けて手応えがあったため、自らQ2を走ることを志願したと明かした。

8号車ARTA、3度目の正直なるか? 福住「自分たちのレースをすれば“結果”はついてくる」

スーパーGT第6戦鈴鹿のGT500クラス予選でポールポジションを獲得した#8 ARTA NSX-GT。決勝レースに向けて福住仁嶺は周りを意識しすぎず、自分たちのレースをすれば結果はついてくると語り、好結果への意気込みを見せた。