トップイベント
Jonathan Noble
執筆者

Jonathan Noble

Latest articles by Jonathan Noble

グリッド
リスト

ルノー、2022年に向け”メルセデス型”PUコンセプトの投入を検討中

ルノーは、2022年向けパワーユニットのコンセプト変更の一環として、メルセデス型の採用を検討中だという。

F1復帰のアストンマーチン、”5年計画”でタイトル獲得を狙える体制を目指す

新車『AMR21』を発表しF1復帰の第一歩を踏み出したアストンマーチンは、今後5年以内にタイトル獲得を狙う体制を整えることを目指すという。

メルセデスF1の新車W12、最新版フロアは公開されず「ライバルにコピーされては困る」

メルセデスは2021年マシン『W12』のフロアに関して、ライバルチームにコピーされないためにデザインを隠していることを明かした。

F1、表彰台での”シャンパンファイト”にスパークリングワインを使用。フェッラーリ・トレントと契約

F1はイタリアのフェッラーリ・トレント社と契約。今季、レース後の表彰台ではスパークリングワインを使ってシャンパンファイトが行なわれる。

メルセデスPU、発生した問題は解決済み? 革新的アイデア導入でさらに競争力アップ

メルセデスは2021年シーズンを前に、パワーユニットに問題が発生していると以前明かしていたが、新車W12の発表後にその問題への対処として実行した変更点について説明した。

Wシリーズ王者チャドウィック、ウイリアムズF1との開発担当ドライバー契約を延長

2019年のWシリーズ王者であるジェイミー・チャドウィックが、開発担当ドライバーとして今季もウイリアムズと仕事を続けることが明らかになった。

レッドブル・ホンダでの”貴重な”1年が、ペレスの将来の可能性を広げる?

今季レッドブル・ホンダに加入するセルジオ・ペレスは、2021年に訪れるであろう様々なチャンスが、自身のF1における将来の”扉を開く”のに役立つと信じている。

フェラーリ、新車SF21の直線スピードに自信。ただし開幕後は22年マシンの開発を最優先?

フェラーリは昨年直線スピードの遅さに悩まされたが、2021年マシンのSF21ではそれが解消されていると自信を持っている。

ペレス、対フェルスタッペンにも動じず? 10年キャリアから来る“経験”が大きな武器に

2021年にレッドブルF1へ加入したセルジオ・ペレス。彼はチームメイトのマックス・フェルスタッペンとの戦いにおいて、自身の豊富なF1経験が鍵となると考えている。

リカルド、F1のスプリントレース導入に前向き姿勢「僕はもっとレースがしたい!」

ダニエル・リカルドは、予選スプリントレースがF1を台無しにしてしまう可能性を恐れてはいないと語った。

フェラーリF1”復活”を目指してシャシー開発部門刷新。今夜体制発表会を開催

フェラーリは、昨年の大不振から脱却するため、2021年シーズン開幕を前にシャシー開発部門を刷新した。

レッドブルは何かを隠している? 2021年のF1新車『RB16B』の走行写真を一切公開せず

F1チームは新車の秘密を隠そうとするものだが、今季のレッドブルは徹底して新車『RB16B』の情報を漏らさないようにしている。

アストンマーチンF1、2021年新車の名称は『AMR21』に。3月3日に発表予定

アストンマーチンF1チームは、レーシングポイントからのリブランドに伴い、マシンの名称も完全に新しいものにするようだ。

BWT、アストンマーチンF1のスポンサー継続を発表。“ピンク”は消えても支援は消さず?

これまでレーシングポイントのスポンサーを務めてきたBWTは、2021年シーズンからアストンマーチンF1と名を変える同チームを継続して支援することを発表した。

レッドブルRB16Bには”良いポテンシャル”あり? 初走行フェルスタッペン&ペレス好感触

レッドブルがシルバーストン・サーキットで新車RB16Bのシェイクダウンを実施。マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスのふたりがステアリングを握った。

F1シート失ったアルボン、“雑草魂”で這い上がれるか?「くよくよしても仕方ない」

レッドブルのF1シートを失ったアレクサンダー・アルボンは、くよくよしてもレースシートが戻ってくることはないため、あれこれ悩む必要はないと考えている。

アルファロメオF1代表、フェラーリPUの”挽回”に期待「問題の大部分を解決しているはず」

アルファロメオF1チームのフレデリック・バスール代表は、今年のフェラーリのパワーユニットが大幅に改善していると期待している。

リカルドの”幅広い腰”がF1マシン設計の限界を決めてしまう?
ビデオ・インサイド

リカルドの”幅広い腰”がF1マシン設計の限界を決めてしまう?

マクラーレンのダニエル・リカルドは、自分の腰の幅が広いために、現代のF1マシンのコクピットは狭すぎると訴えるが、今季用マシンMCL35Mでは問題はないと語る。

F1中団トップ、さらにその上を狙って! アルファタウリ、飛躍のために「ミスをしないことが大事」

アルファタウリのフランツ・トスト代表は、2021年シーズンのF1で中団争いのトップに立つという目標を達成するためには、ミスをしないことが重要だと語った。

レッドブル・ホンダ“ラストイヤー”を飾るニューマシン『RB16B』の発表日が明らかに

レッドブルは2021年のF1マシン『RB16B』を2月23日に発表することを明らかにした。

ピレリ、2021年シーズンの各F1グランプリに持ち込むタイヤコンパウンドを一挙発表

F1にタイヤを供給するピレリは、2021年シーズンの各グランプリで使用するタイヤコンパウンドを一挙に発表した。

ホンダの新F1用PU”RA621H”は「テストベンチでは期待通り」田辺豊治TDが説明

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターが、今シーズン使うパワーユニットについて説明。どのような変更が加えられたのかを解説した。

アルファタウリF1代表、ルーキー角田裕毅に大きな期待「素晴らしいレースを見せてくれるはず」

アルファタウリのフランツ・トスト代表は、ルーキーの角田裕毅がすぐにパフォーマンスを発揮することができると確信していると語った。

今季もF1で“ピンクカラー”が見られる? BWTがハース、ウイリアムズと交渉か

オーストリアの水処理会社であるBWTはハースやウイリアムズと協議していると噂されており、2021年シーズンのF1でも印象的なピンクのカラーリングが見られる可能性があるようだ。

メルセデスのPUへの懸念は、用心深さのせい? マクラーレン「今のところ全く問題ない」

マクラーレンは、メルセデスが2021年用パワーユニットについて懸念を表明しているにもかかわらず、これまでのところ問題は確認できていないと語る。

マクラーレンの新車MCL35Mに、メルセデスのロゴなし……その理由とは?

マクラーレンのマシンにはパワーユニット供給メーカーであるメルセデスのロゴが貼られていないが、これは両者の間で結ばれた契約が、純粋にパフォーマンスのみを目指した”カスタマー契約”であるというのが理由のようだ。

レッドブルF1、次世代PUを内製化する可能性も?「新しい規制に対応できるようにする」

レッドブルは、F1が次世代パワーユニットを導入する2025年から、自らパワーユニットを製造する可能性があるという。

レッドブルが継続使用のホンダPU、2022年からの名称は“レッドブルPU”に?

2022年からホンダ製PUを自社で運用してくレッドブルだが、そのPUのネーミングライツは販売しない方針のようだ。

メルセデスF1の2021年型パワーユニットに問題あり? 新レギュレーションが開発を苦しめる

メルセデスは、2021年シーズンに向けたパワーユニット開発でいくつかの問題に直面していることを認めるも、開幕までには修正できるはずだと確信している。

レッドブルのF1参戦継続に追い風? 2022年からのPU開発凍結が決定か

F1チームは、2022年からのパワーユニット開発凍結の計画を全会一致で承認したようだ。

F1の次世代パワーユニット導入は2025年に。”パワフルで魅力的”なパワーユニットを目指す

F1は次世代パワーユニットの投入を1年前倒しし、2025年に”パワフルで魅力的”な新パワーユニット導入を目指すという。

F1委員会が本日開催。PU開発凍結や予選レースなど、F1の将来を決める重要な会議

2月11日に行なわれるF1委員会の会議。ここでは、PU開発凍結や2021年の開催カレンダー、そしてスプリントレースの実験を行なうか否かという問題が、議題の中心になるはずだ。

F1ポルトガルGP開催にゴーサイン。開催地未定だった第3戦として実施へ

F1は、未定となっていた2021年シーズンの第3戦をポルトガルで実施することを決定したようだ。

仮想通貨がF1を救う? サッカーが先行投入し成功する”ファントークン”

新型コロナウイルスの影響で、収益が大幅に減ることになったF1。しかし新たな収益元を確保するための準備が進められているようだ。そのひとつが仮想通貨”ファントークン”の導入である。

フェラーリF1、リスク覚悟の”革新的”パワーユニットを2022年から使用へ?

フェラーリは2022年シーズンに向け、これまでにはないデザインを特徴とする、根本から新しいパワーユニットを導入することを目指している。

メルセデス、ハミルトンと“1年契約”に至った経緯を説明「今後に向けてはじっくり話したい」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、ルイス・ハミルトンとの契約を1年だけ更新することに合意したのは、より長期の契約をまとめるために時間が欲しかったからだと説明した。

F1テレビ視聴者数、コロナ禍の2020年でも微減に留まる「これがF1の強み」

2020年シーズンのF1はコロナ禍によってイレギュラーな1年になったにも関わらず、テレビ視聴者は順調に推移したようだ。

ロマン・グロージャン、アルピーヌF1上層部の入れ替えに驚きも、”成功”を願う

2020年限りでF1を離れ、今季はインディカーに挑むロマン・グロージャンは、アルピーヌF1の上層部が大きく変わったことに驚いたと言うが、それでもチームは良い方向に向かうだろうと考えていると語った。

ハミルトンの契約延長はまだ? F1ドメニカリCEOもヤキモキ「ハミルトンがF1に残ることを願う」

F1のステファノ・ドメニカリは、ルイス・ハミルトンを称賛し、彼がメルセデスとの契約を結んでF1に留まることを望んでいると述べた。

F1、3連戦の連発は「必要悪だ」と理解求める。新CEOはレース数減にも興味

F1は開催スケジュールにおいて3連戦は避けたいと考えている一方で、新型コロナウイルスの感染が世界中で広がっている状況もあり、今季のカレンダーには3連戦を含める必要があったと説明している。

F1新CEO、開幕戦でドライバーとの話し合いを計画「“F1の顔”としての責任自覚して」

F1は社会問題などに対するドライバーのメッセージングの役割や、シリーズのアンバサダーとしての責任について開幕戦バーレーンで話し合いの席を設けることを考えている。

2021年F1、TBCの第3戦はポルトガルが最有力? 実現不可ならバーレーン連戦も

F1は新型コロナウイルスの影響で第3戦がポルトガルで開催できない場合に備え、2021年の開幕戦が行なわれるバーレーンで、2週連続でグランプリを開催する可能性を検討していることが分かった。

F1のドメニカリCEO、レッドブルのPU開発凍結プランを支持「F1界全体のためになる」

F1のステファノ・ドメニカリCEOは、パワーユニット開発凍結を求めるレッドブルを支持するよう各チームに呼びかけた。

グロージャン、息子と娘デザインの特別ヘルメットを着用。2月末にレースマシンへ復帰

2021年のインディカー・シリーズ参戦が決まったロマン・グロージャン。彼は2月下旬に初めてインディカーをテストする際、自身の子供が当初最後のF1レースに向けてデザインしたヘルメットを使用するつもりだと明かした。

アメリカでの人気を拡大するため……F1が進める新戦略。米国2レース目開催も視野

F1は、アメリカでの2レース目を検討中であり、それを実現させるためにも、今年はアメリカ国内での関心を惹きつける策を講じる予定であるという。

F1、レース週末の土曜日に追加のスプリントレース開催を検討。新CEO明かす

F1の新たなCEOであるステファノ・ドメニカリによれば、F1はレース週末の土曜日にスプリントレースを実施することを検討しているという。これは、早ければ今シーズン中に試行されることになるようだ。

新興チーム唯一の生き残り、ハースF1誕生の裏側。キーパーソンは現代表のシュタイナー

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、チームのビジネスモデルをうまく機能させるためのアイデアは、F1の現CEOであるステファノ・ドメニカリから得たと明かした。

角田裕毅、F1デビュー1年目のマシンの出来は? アルファタウリの新車発表日が明らかに

今季角田裕毅を起用するアルファタウリ・ホンダは、2月19日に2021年用のニューマシンAT02を発表することを明らかにした。

「オファーがあれば喜んで!」グロージャン、F1代役参戦に”超前向き”

インディカー参戦が決定したロマン・グロージャンは、F1で代役を務めるオファーが舞い込むことを望んでいるものの、F1でのキャリアはすでに”閉じられたモノ”だと語る。

角田裕毅が見せた驚異の成長曲線。その“柔軟な姿勢”がF1昇格の要因に

周囲が驚くようなスピードでステップアップを続け、F1へとたどり着いた角田裕毅。成長のためには自らのアプローチを変えてみせるその柔軟性が、彼をここまで押し上げたのかもしれない。

メルセデス、2021年用ニューマシン”W12”の発表日を明らかに

メルセデスは、2021年のF1ニューマシン”W12”を、3月2日に発表することを明らかにした。

PU開発凍結の影響をモロに受け、巻き返す機会を失ったフェラーリ。ミスできない2021年

2020年シーズン、パワーユニットのパフォーマンスの低さにより、苦戦したフェラーリ。今シーズンはそれをどこまで挽回することができるかが活躍の鍵となる。

マクラーレン、さらなる躍進を目指して……キーポイントは「低速コーナーと突風対策」

マクラーレンは、2021年シーズンに向けて低速時のパフォーマンス向上と風の影響を受けにくいマシン作りを目指しているという。

早くもフェラーリファンの心を鷲掴み。サインツJr.、走行初日を終え直接声援に応える

カルロス・サインツJr.は、フェラーリF1での初走行を終えた直後、コースサイドに陣取ったファンの元を訪れて直接挨拶。その声援に対して感謝の想いを伝えたという。

最近のF1マシンは速くなりすぎ? ダウンフォース削減に踏み切らせた驚異のタイム向上

2021年シーズンのF1では、タイヤへの負荷を軽減するためにダウンフォース量が削減される。その背景には、ここ数年間の驚異的なまでのパフォーマンス向上があった。

角田裕毅、F1での1年目から「ミスを恐れない……全力でプッシュする」

2021年にアルファタウリ・ホンダのドライバーとしてF1デビューする角田裕毅は、1年目のシーズンから「ミスを犯すことを恐れずに戦う」と語る。

2021年のF1、各グランプリの決勝スタート時刻が発表。”00分”スタートに

F1は、2021年シーズンの各グランプリのセッション開始時刻を発表。決勝レースはこれまで”10分”スタートとなっていたが、これが”00分”スタートに改められることになった。

ウイリアムズ「規則一新の2022年はチャンス」今季とのリソース分配が課題に

ウイリアムズは2022年の大幅なレギュレーション変更に伴い、開発計画をより慎重にしなくてはならないと認めつつもの、2021年用マシンへの作業を犠牲にすることはないと語った。

マクラーレン、メルセデスPU搭載のニューマシン『MCL35M』を初始動

マクラーレンは、F1の2021年シーズンに向けて、メルセデス製のパワーユニットを搭載した『MCL35M』の初始動の様子をSNSで公開した。

ストロール、2020年は”最高のシーズン”。だけど「たくさんのチャンスも逃した」

アストンマーチンF1のランス・ストロールは、2020年シーズンがこれまでのキャリアで最も成功した1年だったとしながらも、多くのチャンスを逃したと考えている。