F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベント 進行中 . . .
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
3 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
11 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
4 days
永安陽介
執筆者

永安陽介

永安陽介 の最新ニュース

グリッド
リスト

表彰台を争うペースがあったのに、7位。スズキのリンス、予選位置の改善が課題に

MotoGP日本GPを7位で終えたスズキのアレックス・リンス。彼は表彰台を争うペースがあったものの、予選位置の改善が必要だと語った。

ホルヘ・ロレンソ、完全復活は来季にお預け? 改善傾向も未だ痛みアリ

レプソル・ホンダのホルヘ・ロレンソは、日本GPを17位で終えた。既にシーズンも終盤だが、ロレンソは今も身体の状態が完全ではないようだ。

“ラップタイムが良すぎた”マルク・マルケス、ガス欠寸前薄氷の勝利

MotoGP日本GPで今季10勝目を収めたマルク・マルケス。しかしその勝利はガス欠寸前まで追い込む、“薄氷”の上に成り立つモノだった。

「悔いは無い」中上貴晶、2019年シーズンは“悪くはなかった”と評価

中上貴晶は負傷した身体で彼にとって“今季最終戦”の日本GPを16位で完走。ファンの応援が力になったと明かし、来シーズンに向けた準備を進めたいと語った。

鈴木竜生、“苦杯”の母国戦4位。「この気持ちを糧にしたい」

MotoGP日本GPのMoto3クラスで、鈴木竜生は最終ラップでライバルによる追い越しを許し、表彰台を逃した。レース後、鈴木はその悔しさを次戦の糧にしたいと語った。

ヤマハ勢を警戒するマルケス、もてぎ初ポール獲得も目標は“表彰台”? 

MotoGP日本GPでポールポジションを獲得したマルク・マルケスだが、レースはタフなものになると予想した。

今季最終レースに“全力”投球。中上貴晶、予選13番手からトップ10目指す

LCRホンダの中上貴晶は右肩に負傷を抱える中、MotoGP日本GP予選で渾身の走りを見せた。決勝レースではトップ10を目指すと語った。

「序盤からプッシュする」3番グリッド鈴木竜生、ホーム戦攻略のカギは“分断”

MotoGP日本GPのMoto3クラス予選で3番グリッドを獲得した鈴木竜生。曰く、勝利を狙うには集団の分断が重要になるという。

MotoGP日本FP3:“ウエットマスター”ペトルッチ首位。中上貴晶、奮闘15番手

MotoGP日本GPのフリー走行3回目が行われ、ウエットコンディションの中ダニーロ・ペトルッチが首位で終えた。

「トラクションを見つけ出した」好調のビニャーレス、コーナー脱出の改善がカギ

MotoGP日本GP初日を2番手で終えたビニャーレス。曰くトラクションを改善したことで、こうした好結果につながったという。

「攻めた走りができない」負傷に苦しむ中上貴晶、レース出場も危ぶまれる状態に

負傷に苦しむ中上貴晶は、MotoGP日本GP初日を終えてコンデションが厳しく、思うような走りができない状態だと語った。

寒さでタイヤが機能しない……初日4番手ドヴィツィオーゾ、気温に苦しむ1日に

MotoGP日本GP初日を4番手で終えたアンドレア・ドヴィツィオーゾ。しかしトップ2のヤマハ勢に追いつくためにはまだセットアップを煮詰める必要があると話した。

MotoGP日本FP2:クアルタラロ、ビニャーレス抑え首位。中上貴晶15番手

MotoGP日本GPのフリー走行2回目が行われ、ファビオ・クアルタラロがトップタイムをマークした。

“旧型なら”上手く乗れるはず……クラッチロー、代役ザルコの活躍を予想

LCRホンダのカル・クラッチローは、中上貴晶の代役として終盤3戦を共に戦うヨハン・ザルコについて、ホンダのマシンで上手く走ることができるという見方を示した。

MotoGP日本FP1:好調ヤマハ勢が“トップ3独占”。中上貴晶、母国戦を15番手発進

MotoGP日本GPのフリー走行1回目がツインリンクもてぎで行われた。トップタイムをマークしたのはヤマハのマーベリック・ビニャーレスだった。

中上貴晶、右肩負傷の影響大。「レース距離は誤魔化せない」

中上貴晶はMotoGP日本GP以降の3戦を、負傷した右肩の治療のために欠場することになった。曰く、レース距離を走るのが厳しい状態だという。

青木3兄弟、26年振り揃って走行。“パラライダー”支援の一般社団法人設立へ

青木3兄弟がサーキットに集結し、26年ぶりに3兄弟が共にバイクを走らせた。

「セッティングを変える」ロレンソ、得意のもてぎを“ターニングポイント”に?

MotoGP日本グランプリがいよいよ開幕を迎える。負傷も重なってRC213Vへの適応に苦しむホルヘ・ロレンソだが、得意のもてぎをターニングポイントにしたいと語った。

プレイベントは“ルール無用”! MotoGPライダー、ペナルティ必至の走りでファンを沸かす

MotoGP日本GPの開幕直前プレイベントとして、ミニバイクによるレースが開催。“ルール無用”の様子を呈したレースで木曜日から集まったファンを沸かせた。

MotoGPタイ決勝:マルケス、クアルタラロ下し逆転優勝。文句ナシのタイトル獲得

MotoGP第15戦タイGPの決勝レースが行われ、マルク・マルケスが今季9勝目を上げて通算8度目のタイトルを獲得した。

Moto2タイ決勝:マリーニ独走で今季初優勝。長島哲太15位に沈む

MotoGP第15戦タイGPのMoto2クラス決勝がチャーン・インターナショナル・サーキットで行われた。優勝はルカ・マリーニ。長島哲太は15位だった。

Moto3タイ決勝:アレナス、今季初優勝。日本勢は転倒に巻き込まれリタイア続出

Moto3タイ決勝が、チャーン・インターナショナル・サーキットで行われた。優勝はアルベルト・アレナスだった。

MotoGPタイ予選:クアルタラロ、レコード更新のPP獲得。マルケス転倒も3番手

MotoGPタイGPの予選が行われ、ペトロナス・ヤマハのファビオ・クアルタラロがポールポジションを獲得した。

Moto2タイ予選:長島哲太、好調の2番手フロントロウ。マルケスがポール獲得

タイのチャーン・インターナショナル・サーキットでMotoGPタイGPのMoto2クラス予選が行われ、アレックス・マルケスがポールポジションを獲得した。