F1
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
1 days
MotoGP
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
11 7月
-
12 7月
Canceled
R
17 7月
-
18 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
44 days
執筆者

永安陽介

永安陽介 の最新ニュース

グリッド
リスト

F3シュピールベルク2:レース2はプルシェールが初優勝! ローソン快走もクラッシュ

FIA F3の第2ラウンド・レース2がレッドブルリンクで行なわれ、ARTグランプリのテオ・プルシェールが初優勝を挙げた。

F1シュタイアーマルクFP1:ついに覚醒? ペレスがトップタイム。 フェルスタッペン2番手で続く

F1第2戦シュタイアーマルクGPのフリー走行1回目がレッドブルリンクで行なわれた。トップタイムを記録したのはレーシングポイントのセルジオ・ペレス。レッドブルのマックス・フェルスタッペンは2番手タイムでセッションを終えた。

F2シュピールベルク:レース2はドルゴビッチが初優勝! 日本勢は松下が6位入賞

2020年のFIA F2開幕戦シュピールベルクのレース2が行なわれ、MPモータースポーツのフェリペ・ドルゴビッチがF2初優勝を挙げた。日本勢は松下信治が6位に入賞した。

F1オーストリアFP1:王者メルセデス、貫禄のワンツー。フェルスタッペン3番手発進

2020年のF1開幕戦オーストリアGPのフリー走行1回目が行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録。レッドブルのマックス・フェルスタッペンは3番手タイムを記録した。

Moto2カタール決勝:長島哲太、”親友”富沢祥也が勝った地で悲願の初優勝

ロサイル・インターナショナル・サーキットでMotoGP第1戦カタールGPのMoto2クラス決勝レースが行なわれ、Red Bull KTM Ajoの長島哲太がキャリア初優勝を挙げた。

Moto3カタール決勝:小椋藍、開幕戦で3位表彰台獲得! 鈴木は悔しい5位に

ロサイル・インターナショナル・サーキットでMotoGP第1戦カタールGP Moto3クラスの決勝レースが行なわれ、アルベルト・アレナスが今季1勝目を挙げた。3位には日本の小椋藍が入った。

Moto3カタール予選:鈴木竜生、開幕戦で幸先良いポールポジション獲得!

ロサイル・インターナショナル・サーキットでMoto3クラスの予選が行われ、日本の鈴木竜生が、自身2度目となるポールポジションを獲得した。

ホンダ、2020年全日本ロードへのHRCワークス参戦は無し。販売店系チーム支援へ

ホンダの清水宏モータースポーツ部部長は、2020年の全日本ロードレース選手権にTeam HRCとしては参戦しないことを明言した。

ホンダWSBKの勝利は“時間の問題”? バウティスタ「目標は勝利のみ」

2020年、スーパーバイク世界選手権の世界に、ホンダはワークス体制で戻ってきた。全く新しいバイクを携えて挑む新シーズンとなるが、ライダーのアルバロ・バウティスタは勝利は時間の問題だと語った。

WSBKワークス復活のホンダ、新型CBR1000RR-Rのカラーリングを公開

ホンダは2020年のスーパーバイク世界選手権の参戦体制を発表。ワークス体制のTeam HRCはアルバロ・バウティスタ、レオン・ハスラムの2名、サテライトチームは高橋巧とジョルディ・トーレスの組み合わせでレースへ挑む。

青木拓磨がJAGUAR I-PACE eTROPHYに参戦! “横浜チーム”がフォーミュラE誘致に向け始動

元WGPライダーで、現在は4輪レースに参戦している青木拓磨。そんな青木がフォーミュラEのサポートレースとして開催されているJAGUAR I-PACE eTROPHYへ参戦することが発表された。

「目標はタイトル奪還」2020年型マシンは、“速く強い”マシン作り目指す|ヤマハ開発リーダーに訊く(3)

2019年からヤマハのモトGPグループのグループリーダーを務める鷲見崇宏氏にシーズンの振り返りや展望を訊くインタビュー第3回。今回は2020年のヤマハの展望について話を訊いた。

開発の肝はコミュニケーション。“ひとつの目標”に向かう組織作りが奏効|ヤマハ開発リーダーに訊く(2)

2019年のヤマハはMotoGPでコンストラクターズランキング2位と、苦戦した2018年から改善を示した。新たにヤマハのモトGPグループのグループリーダーに就任した鷲見崇宏氏に、ヤマハ内部でのコミュニケーションの改善などについて訊いた。

“選択と集中”の開発。目指したのは『コーナ前後100mの強さ』|ヤマハ開発リーダーに訊く(1)

2019年のヤマハはMotoGPでコンストラクターズランキング2位になるなど、苦戦した2018年と比べれば改善を示した。新たにヤマハのモトGPグループのグループリーダーに就任した鷲見崇宏氏に、開発の狙いなどについて訊いた。

新投入スープラは“素性が良い”。埼玉トヨペットGBの吉田、シェイクダウンの印象明かす

埼玉トヨペットGreen Braveは、スーパーGTの2020年シーズンに、GRスープラを投入することを発表。シェイクダウンでの走行を担当した吉田広樹は、エンジンのトルク感に違いがあると語り、ポテンシャルを感じている様子だ。

埼玉トヨペットGB、2020年は“GRスープラ”投入。新たに川合孝汰が加入

スーパーGTやスーパー耐久に参戦する埼玉トヨペットGreen Braveは、東京オートサロンで2020年のモータースポーツ活動体制発表を行ない、新たにGR SUPRA GTを投入することを明かした。

いざ表彰台! 暴れ馬に“可能性”見出す中上貴晶。飼いならせるかは「自分次第」

LCRホンダでMotoGP2年目のシーズンを終えた中上貴晶。2019年は肩の負傷によって戦線を早期に離脱してしまったが、その怪我の回復状況から、2020年シーズンの目標、来季に駆ることになる2019年型RC213Vについての話を聞いた。

FIA F2アブダビ・レース2:ギオット今季4勝目。松下信治は7位入賞

FIA F2の最終戦アブダビラウンドレース2がヤス・マリーナ・サーキットで行なわれ、ルカ・ギオット(ユニ・ヴィルトィオーシ)が今季4勝目を挙げた。

F1アブダビFP3:レッドブルのフェルスタッペン最速。3強入り交じる結果で予選へ

F1第21戦アブダビGPのフリー走行3回目が行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。

F1アブダビFP2:ボッタス初日完封&メルセデスワンツー。フェルスタッペン5番手

F1第21戦アブダビGPのフリー走行2回目が行なわれ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムを記録。チームメイトのルイス・ハミルトンとワンツー体制を築いた。

MotoGPバレンシア決勝:マルケス優勝でホンダ3冠。ロレンソ、引退レースを無事完走

MotoGP最終戦バレンシアGPの決勝レースが行われ、レプソル・ホンダのマルク・マルケスが、今季12勝目を挙げた。引退レースのホルヘ・ロレンソは13位となった。

Moto2バレンシア予選:ナヴァッロがポールポジション獲得。長島哲太はQ2進出ならず

MotoGP最終戦バレンシアGPのMoto2クラス予選が行われた。ポールポジションを獲得したのは、ホルヘ・ナヴァッロとなった。

MotoGP最終戦バレンシアFP3:クアルタラロが首位譲らず。マルケス2番手で追う

MotoGP最終戦バレンシアGPのフリー走行3回目が行われ、ファビオ・クアルタラロがトップタイムをマーク。ヤマハ勢は4人がトップ6に入った。

MotoGP最終戦バレンシアFP1:ヤマハ勢好調、クアルタラロが首位発進。マルケス3番手

MotoGP最終戦バレンシアGPのフリー走行1回目がサーキット・リカルド・トルモで行われ、ペトロナス・ヤマハのファビオ・クアルタラロがトップタイムをマークした。