F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
Stephen Brunsdon
執筆者

Stephen Brunsdon

Stephen Brunsdonの最新ニュース

グリッド
リスト

スーパートロフェオ・ワールドファイナル:同ポイントの決着。シャンドルフ、地元戦での勝利数の差で世界王者に

フレデリック・シャンドルフが、サンディ・ミッチェル&アンドレア・アミチ組との同ポイントの争いを制し、ランボルギーニ・スーパートロフェオ・ワールドファイナルのタイトルを獲得した。

スーパートロフェオ・ワールドファイナルinヘレス初日:各地域のチャンピオンが決定

ランボルギーニ・スーパートロフェオ・ワールドファイナルの初日がヘレスで行われ、アジア、ヨーロッパ、北米の各シリーズ王者が決まった。

スーパートロフェオ北米第5戦:コナー・デイリー/ブレンドン・グドヴィッチ組が連勝

スーパートロフェオ北米シリーズ第5戦が行われ、46号車プレシジョン・パフォーマンス・モータースポーツが連勝。ブレンドン・グドヴィッチは逆転タイトルに望みをつなげた。

スーパートロフェオアジア上海:Game Racing今季5勝目。ランク首位まで2ポイント差

ランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジアの第5戦が上海インターナショナル・サーキットで行われ、クリス・ファン・デル・ドリフト/エヴァン・チャン組の68号車Game Racingが勝利を収めた。

スーパートロフェオ欧州ニュル:ガルビアッティ/ポルティグリオーネ組が連勝

ランボルギーニ・スーパートロフェオ欧州シリーズ第5戦がニュルブルクリンクで行われ、Imperiale Racingの44号車がレース1、レース2をともに制した。

スーパートロフェオ北米第4戦;レース1でルベルティ&スピラッツィオーリ初勝利

ドリーム・レーシングのパオロ・ルベルティとセドリック・スビラッツォーリは、バージニア・インターナショナル・レースウェイで、ランボルギーニ・スーパートロフェオ北米シリーズでの初勝利を挙げた。

スーパートロフェオアジア韓国:プハッカ&笠井組がダブル表彰台を獲得

FFF Racingのジュウッソ・プハッカと笠井崇志が、韓国国際サーキットで行われたランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジアシリーズ第4戦で1勝を含むダブル表彰台を獲得することとなった。

スーパートロフェオ北米ロードアメリカ:ミッチェル&アミチが連勝で、ランク首位に近付く

ロード・アメリカで行われたランボルギーニ・スーパートロフェオの北アメリカシリーズ第3戦は、プレステージ・パフォーマンス/ウェイン・テイラー・レーシングのコンビがレース1でシリーズ初優勝を果たした。

WRCフィンランド:トヨタのタナクが今季4勝目。ランキング首位を堅持

WRC第9戦ラリー・フィンランドの最終日が行われ、TOYOTA GAZOO Racingのオット・タナクが優勝。ランキング首位の座を堅持した。

スーパートロフェオ欧州スパ:クロエス&アファナシエフが連続表彰台。ランクトップに浮上

ランボルギーニ・スーパートロフェオ欧州シリーズラウンド4、スパ・フランコルシャン戦が行われ、Bonaldi Motorsportのダニー・クロエスとセルゲイ・アファナシエフ組が優勝と2位を獲得し、ランキングトップに浮上した。

ブランパンGTヨーロッパ:濱口/キーン組がプロ・アマクラス連勝でタイトルに前進

ブランパンGTワールドチャレンジ・ヨーロッパの第5戦では、519号車の濱口弘/フィル・キーン組が優勝。プロ・アマクラスのタイトルに向け一歩前進した。

スーパートロフェオ欧州ザントフールト:クロエス&アファナシエフが完全制覇

ランボルギーニ・スーパートロフェオの欧州シリーズがザントフールトで行われ、ダニー・クロエスとセルゲイ・アファナシエフ組の3号車Bonaldi Motorsportが、レース1、レース2共に勝利を収めた。

スーパートロフェオ欧州:Imperialeのコンビが土日連勝

ランボルギーニ・スーパートロフェオ・ヨーロッパのミサノ戦が行われ、44号車Imperiale Racingが土日のレース共に勝利を収めた。

ファン・デル・ドリフト/チェン組68号車、失格乗り越え鈴鹿を制覇

ランボルギーニ・スーパートロフェオのアジアシリーズ第2戦が鈴鹿サーキットで行われ、レース1を66号車ヴィンチェンツォ・ソスピリ・レーシングが、第2レースを68号車Gama Racingがそれぞれ優勝を果たした。