Luke Smith
執筆者

Luke Smith

Latest articles by Luke Smith

グリッド
リスト

苦戦のメルセデス、決勝は”空頼み”? ハミルトン「一度くらいラッキーがあってもいいよね……」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、決勝レースで予選ポジション以上の好結果を目指すには、天候の助けが必要だと語った。

ガスリー、まさかの予選Q1敗退に落胆「戦略ミスが大きな損失につながった」

アルファタウリのピエール・ガスリーは、F1モナコGP予選で戦略的なミスもあってQ1敗退。これはチームにとって大きな損失になったと語った。

マクラーレンのノリス、扁桃炎から順調に回復も「まだ100%の状態ではない」と代表明かす

マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表は、扁桃炎に悩まされるランド・ノリスの体調は万全ではないものの、モナコでのレース週末には問題ないと語った。

角田裕毅、4度目の戒告処分で10グリッド降格ペナルティにリーチ! マグヌッセンを妨害と裁定

アルファタウリの角田裕毅は、F1モナコGPのFP2でケビン・マグヌッセンの走行を妨害したとみなされ、戒告処分を受けた。

F1アクセサリー規制、6月末まで免除期間延長へ……ドライバーとのさらなる対話に向けFIAが歩み寄り

FIAは、マシン乗車時のアクセサリー規制について、F1ドライバーとのさらなる対話のため6月末まで免除期間を6月末まで延長すると発表した。

ルクレール、母国初優勝に向けて自信見せるも「モナコGPには”サプライズ”がある」と警戒

フェラーリのシャルル・ルクレールはモナコGPに先立ち、低速コーナーでライバルよりも優れていると言われているマシンに自信を見せた一方で、”サプライズ”には備えておくべきだと考えている。

ボッタス、お尻の写真で680万円以上の寄付金を集める「よく分からないけど、良いことをした訳だ!」

アルファロメオF1のバルテリ・ボッタスは、チャリティとして自身のお尻を写したポスターを販売。結果として5万ユーロ(約680万円)の寄付金を集め、その奇妙な成功には驚いている。

ハミルトン、スペインGPの「エンジンをセーブしよう」無線は”諦めた”わけじゃない?

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1スペインGPの決勝レース1周目にハースのケビン・マグヌッセンと接触して後退した際、「エンジンを守った方がいいのでは」と無線で語ったが、それはレースを諦めたわけではなかったと語る。

【伝説のモナコGP】とんでもないレースだ……解説陣も絶句した残り3周の大ドタバタ劇:1982年

伝統のF1モナコGPでは、これまでに数々のドラマ・波乱が生まれてきた。しかし、最も“クレイジー”な幕切れをしたという点で、1982年のモナコGPを超えるものはないのではないだろうか。

ハースF1のマグヌッセン、ハミルトン”非難”の無線コメントは「その場の勢いで言ったこと」

ハースF1のケビン・マグヌッセンは、F1スペインGPの決勝レース1周目にメルセデスのルイス・ハミルトンと接触した際に無線でハミルトンを非難するような発言をしたことについて、「その場の勢いで言ったこと」だと語る。

ベッテル、ひったくり強盗に遭うもスクーターで追跡。 iPhoneの”探す”機能で盗まれたバッグの行方を探索

F1スペインGP終了後の5月23日(月)、アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、バルセロナでひったくり強盗に遭ったようだ。

クラシックF1のデモランは”リスク”になる……サインツJr.の複雑な心境

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、チームメイトのシャルル・ルクレールがモナコで1974年のマシン『312B3』をクラッシュさせてしまった件について、複雑な心境を明かした。

「今日は“僕の日”かも!」ボッタス、一時3番手浮上で夢見るもハミルトンに敗れる

バルテリ・ボッタスはF1スペインGPでアルファロメオの戦略が裏目に出るまでは、好リザルトを残して”自分の日”になるかもしれないと思っていたという。

ハミルトン「接触なければレッドブルと優勝争いできた」小児患者との交流も鼓舞する力に

メルセデスのルイス・ハミルトンはF1第6戦スペインGPを6位で終えたが、1周目の接触がなければレッドブルと争うことができたと考えている。

アロンソ、F1スペインGP決勝を前にPU交換。降格ペナルティにより母国レースを最後尾からスタート

アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、F1スペインGPの決勝レースを前にパワーユニット一式を交換。ペナルティにより最後尾からのレーススタートを余儀なくされた。

スペインGPは『メルセデスVSフェラーリ』が勃発!? ラッセル「まともなチャンスがある」

メルセデスのジョージ・ラッセルは、F1スペインGPではマシンが改善されたことで、フェラーリ勢と戦うことができるチャンスがあると考えている。

闘病中のF1ファンを元気に! パドックを走り周るロボットをスペインGPで試験導入

F1は、闘病中でサーキットに来る事ができないファンを勇気づけるべく、パドック内を動き回り、ドライバーと話せるロボットを試験的に導入した。

アップデートとメルセデスの復活は『希望の光』。ハミルトン&ラッセル、マシン改善にワクワク

ルイス・ハミルトンはF1スペインGPで導入されたアップデートによるマシンの改善が”希望の光”だと考えているものの、タイトル争いにはまだ足りないと話した。

F1初走行終えたデ・フリーズ、来季ウイリアムズ加入の噂も「自分の手には負えないコト」

F1スペインGPのFP1でウイリアムズから出走したニック・デ・フリーズだが、F1ドライバーになるチャンスがあるかどうかは”コントロールできないこと”だと極めて冷静だ。

フェラーリ、サインツJr.のシャシーを交換。燃料システムトラブルが関連

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、F1スペインGPの2日目を前にシャシーを交換。燃料システムの問題によるものだという。

レッドブル、”コピー疑惑”のアストンマーチンに知的財産が流出?「データがダウンロードされた証拠がある」

FIAはアストンマーチンがF1スペインGPで投入したBスペックマシンは合法であると認めたものの、模倣されたレッドブルとしては知的財産の移転は「重大な懸念だ」とコメントしている。

レッドブルと激似”Bスペック”マシン導入のアストンマーチン、FIAの合法性調査をクリア

FIAはF1スペインGPを前に、アストンマーチンのBスペックマシンとレッドブルの類似性について調査を行ない、問題がないことを確認した。

【コラム】世界にはベッテルが必要だ。気候変動に人権……「レーサーならレースだけに専念してろ」は悪魔の呪文

4度のF1世界チャンピオンであるセバスチャン・ベッテルはマイアミGP終了後、イギリスの討論番組に出演。そこで彼のF1引退後の姿を垣間見た。

F1参戦目指すアンドレッティ、アメリカ人ドライバーにF1で「まっとうなチャンスを」与えたい

マイケル・アンドレッティは、F1参戦計画が成功したあかつきには、アメリカ人ドライバーがF1を戦う「まっとうなチャンス」を与えたいと考えている。

ペレスの今季好調な走りは、RB18が”特殊なマシン”じゃないから?

今季好調な走りを見せるセルジオ・ペレスについて、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、今季マシンRB18が特殊なマシンになっていないことが助けになっていると語った。

マクラーレン、”素直な”新F1レースディレクターを高評価。アクセサリー規制については「他なら議論にもならない」

マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表は、FIAの新レースコントロールのレギュレーションに忠実な姿勢を高く評価している。

F1マイアミGPのバリア設置問題、ノリスはFIAに学習を求める「ドライバーの方が分かることもある」

ランド・ノリスは、F1マイアミGPでバリアが設置されていないコーナーでビッグクラッシュが続いた出来事から、FIAが学習することを望んでいる。

モナコGPの”地位”は揺るがない。フェルスタッペン、F1ブーム到来のアメリカとは「歴史と雰囲気が全く違う」

マックス・フェルスタッペンは、F1がマイアミやラスベガスといった新たな開催地にシフトする中でも、モナコGPのステータスが揺らぐことはないと考えている。

アンドレッティのF1参戦、エントリー料の250億円だけじゃ不十分? 既存チーム説得に必要な”プラスα”

マイアミGPの成功は、F1がアメリカでどれだけ躍進しているかを示す、最も強力な証拠のひとつだが、アンドレッティのF1参入はいまだ受け入れられていないようだ。

セバスチャン・ベッテル、環境問題を考える番組に出演「F1に出場すべきか、疑問に思うこともある」と認める

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、木曜日(5月12日)の夜に英国BBCのテレビ番組に出演。世界が気候変動とエネルギーの問題に直面する中、自分が世界を旅し、F1に出場すべきか疑問に思うことがあると明らかにした。

マクラーレンのノリス、メルセデス&アルファロメオと戦うには「もうちょっと改善必要」

ランド・ノリスはマクラーレンがF1の中団グループ上位のアルファロメオやメルセデスと戦うためには、まだ”もう少し”改善する必要があると考えている。

マクラーレン代表、F1の将来に危機感「トップを争うためには、Bチームを持つことが必須だなんて……」

マクラーレンF1のアンドレアス・ザイドル代表は、F1でトップ争いをするためには、”Bチーム”を持つことが必須という形にならないことを願っていると語った。

メルセデス代表、Netflix『Drive to Survive』継続に満足「F1に新たな次元をもたらした」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、NetflixのF1ドキュメンタリー番組『Drive to Survive』の2シーズン継続に満足しており、現行のフォーマットを変更する理由はないと語った。

マイアミGPスタートでジャンプアップのアロンソ、秘密はドライバーズパレードにあった?

フェルナンド・アロンソは、F1マイアミGPで好スタートを切った要因は“F1史上最も遅い”ドライバーズパレードにあると明かした。

4位セルジオ・ペレス、センサートラブルが無ければ「”勝利”のチャンスもあった」

レッドブルのセルジオ・ペレスはF1第5戦マイアミGPを4位で終えているが、レース中に発生したパワーユニットのセンサートラブルがなければ、優勝するチャンスすらあったと考えている。

ノリスとクラッシュのガスリー「右に寄ろうとしたんだけど……」アロンソとの接触で既に操縦困難に

ピエール・ガスリーはF1マイアミGPでのランド・ノリスとの接触について、ノリスにスペースを与えようとしたが、マシンにダメージがあったため難しかったという。

アロンソ、コース外走行のペナルティで11位に降格。ガスリーとの接触では自らのミス認める

アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、F1マイアミGPレース後の5秒加算ペナルティにより、9位から11位に降格した。

ミッキーマウス? フォーミュラE? マイアミのシケインは不評……しかしコース全体については高評価

マイアミ・インターナショナル・オートドロームのレイアウトには、各F1ドライバーが高い評価を下す。しかしシケインについては、タイトすぎるとして批判的な声が集まっている。

ラッセル、予選12番手に落胆「マシンが全く別のケモノだった」ポーパシング酷く初日より遅いタイムに

ジョージ・ラッセルはF1マイアミGPの初日と2日目の予選では、マシンが”全く別種の獣”に感じられたと、ペースを失った理由を説明した。

クラッシュの衝撃は51G! オコン、予選走れず「あそこの壁がコンクリートなのは受け入れられない」

アルピーヌのエステバン・オコンは、F1マイアミGPのFP3でクラッシュを喫し、予選を走ることができず。コンクリートウォールに激突したことで、51Gもの衝撃を受けたようだ。

「ここ10年でベストなスタート」アロンソ、獲得ポイント“2点”もマシンパフォーマンスには満足

フェルナンド・アロンソは2022年シーズン序盤にわずかなポイント獲得に留まっているものの、タイトルを争った2012年以来、最も競争力のあるシーズンとなっていると評価している。

メルセデス好調の1日も、ドライバー懐疑的。ラッセル「正直言ってよく分からない」

ジョージ・ラッセルはF1第5戦マイアミGP初日にメルセデスが見せた速さについて、アップデートが寄与しているか「確信が持てない」と話している。

アンドレッティ、F1新規参入に向けてFIA会長とマイアミで会談。感触は「ポジティブ」

F1への新規参入を目指しているアンドレッティは、マイアミGPの金曜日にFIAと会合。参入に向けて、FIAからのサポートを受けられるとことを期待している。

ハミルトン、FIAからアクセサリー着用禁止規定2レース免除……”簡単に外れないピアス”も脱着へ

ルイス・ハミルトンは、FIAのメディカルスタッフとの協議の結果、簡単に取り外す事ができないアクセサリー類に関して、2レース分のアクセサリー着用禁止ルール免除を受けたようだ。

公道を使えない! 想定外の事態が、マイアミ・オートドロームの”魅力”を引き上げた?

F1マイアミGPのサーキット設計担当者は、当初予定されていた公道を使うことができなくなったことが逆に功を奏し、修正版レイアウトで優れたことができたと考えているようだ。

F1人気番組「Drive to Survive」がさらに継続へ。第5&6シーズン制作決定を公式発表

NetflixとF1は、人気ドキュメンタリーシリーズの「Drive to Survive」をさらに2シーズン継続すると発表した。

F1ドライバーの”身だしなみチェック”が厳格に。ジュエリー禁止と耐火下着着用の監視強化

FIAはF1チームに対し、ドライバーがジュエリーやアンダーウェアに関する規則を遵守するよう、車検の一環としてさらなる監視を行なうようだ。

フェルスタッペンとルクレール、カート時代からのライバル関係に”真のリスペクト”あり

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、今季激しく競い合っているマックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレール(フェラーリ)との間に、”真のリスペクト”があると語った。

俺の“パフォーマンス”を越えてゆけ。40歳アロンソ「チームメイトに敵わないと気づくまではF1に残る」

アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、F1でレースを続ける意欲は高いとして、「純粋なパフォーマンスで」チームメイトに負け越すまでは残留すると語った。

シューマッハー、フェラーリ早期昇格の道途絶えるもサインツJr.の契約延長は「当然の結果」

ハースF1のミック・シューマッハーは、カルロス・サインツJr.のフェラーリとの契約延長により、自身のキャリアが「大きく変わる」ことはなく、フェラーリにとっては「当然のステップ」だと考えている。

フェラーリ、フィリップ・モリスとのスポンサー契約を継続「形は変わっても、一緒にいることが大切」

フェラーリは長年のスポンサーであるフィリップ・モリス・インターナショナルとの契約を継続。その形は変わったものの、「一緒にいることが重要だ」とチーム代表は語る。

スプリントは50%長くないと機能しない? 今後の開催に向けF1ドライバーがコメント

今シーズン初のスプリントが第4戦エミリア・ロマーニャGPで実施された。ジョージ・ラッセル(メルセデス)はスプリントのレース距離を50%長くし、タイヤデグラデーションを考慮しないと機能しないと考えている。

イモラで角田裕毅が好走も、アルファタウリ代表は”二歩遅れ”の現状に危機感

アルファタウリのフランツ・トスト代表は、難しいシーズン序盤を過ごしたチームが、中団争いのライバルたちから”二歩遅れている”と考えているようだ。

マクラーレンのノリス、苦戦からの復調に“嬉しい”驚き隠せず「今シーズン中に表彰台へ上がれるとは到底思えなかった」

マクラーレンのランド・ノリスは、F1開幕戦バーレーンGPの結果から「今シーズン中に、表彰台に上がれるとは思えなかった」としてエミリア・ロマーニャGPでの表彰台に驚いている。

カウルが弾け飛びリタイア……アロンソ、不運の連鎖に嘆き「4戦でわずか2ポイント……つらいよ」

アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、エミリア・ロマーニャGPで今季2度目のリタイアを喫し、自身の不運を嘆いた。

ウイリアムズのアルボン、無得点も満足「僕らは速くない……けどチャンスを活かしてみせる」

F1エミリア・ロマーニャGPで11位フィニッシュを果たしたアレクサンダー・アルボン。無得点に終わったものの、前戦オーストラリアGPと同様に満足のいく結果だったと考えている。

好調ハース、FIAが非公式訪問も「いつでも好きにチェックすればいい」”Bチーム”に対する懸念を一蹴

F1において”Bチーム”に対する懸念が高まる中、ハースのギュンター・シュタイナー代表はチームは「いつでも好きな時にチェックを受け入れる」と語った。

レッドブル、F1エミリア・ロマーニャGP完勝の”鍵”はタイヤ上手く使えるかどうか

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、タイヤをより良い作動領域に収める”力”が、F1エミリア・ロマーニャGPでフェラーリを打ち負かすための鍵になったと考えている。

リカルド、サインツJr.とのクラッシュで自らのミス認める「カルロスに謝るつもり」

マクラーレンのダニエル・リカルドは、F1エミリア・ロマーニャGPの1周目にカルロス・サインツJr.と接触した責任は自分にあると認めた。

レッドブルのワンツーは2016年以来! ホーナー代表「チームにとって過去ベストリザルトのひとつ」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、F1第4戦エミリア・ロマーニャGPでのワンツーフィニッシュはチームにとって最高の結果のひとつだと語った。