執筆者

Filip Cleeren

Latest articles by Filip Cleeren

グリッド
リスト

マクラーレン、低速パフォーマンス改善も「モナコは特殊で予測できない」

マクラーレンF1のアンドレアス・ザイドル代表はF1モナコGPでのチームのパフォーマンスについて、スペインGPの低速セクターが良かったといって好走が期待できるとは限らないと語っている。

ルクレール&サインツJr.がトイ・ストーリースピンオフ映画『バズ・ライトイヤー』で声優に挑戦!?

フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.が、トイ・ストーリーの新作スピンオフ映画『バス・ライトイヤー』に声優として出演する事が分かった。

ルクレール失意のリタイアも……今後に向けて「ポジティブなところがたくさんあった」と前向き

フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1スペインGPでリタイアしたものの、イモラやマイアミの後よりも良い感触を持っていると語った。

体調不良に苦しんだノリス、実は扁桃炎だった。チーム代表はファイティングスピリットを称賛

マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表は、スペインGPで体調不良を訴えていたランド・ノリスについて、扁桃腺の炎症に苦しんでいたことを公表。そうした中レースを8位でフィニッシュしたことを称賛した。

ハース、”あえて”アップデートせず好結果ゲット! マシンの理解を優先「アップデートで速くなるとは限らない」

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、F1スペインGPにアップデートを持ち込んでいないにも関わらず、好パフォーマンスを見せた理由を説明した。

ポーパシングにさようなら。長い悪夢から目覚めたメルセデスは「レッドブルとフェラーリに追いつける」と代表

メルセデスでチーム代表を務めるトト・ウルフ代表は、今季チームをここまで苦しめていたポーパシングを解決できたため、これからはレッドブルやフェラーリといったトップ2チームとのギャップを縮める段階に入ったと考えている。

フェルスタッペン、"ノーパワー"の原因はDRSトラブル。「ルクレールに勝てたとは思わない」とホーナー代表

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、DRSの問題によってマックス・フェルスタッペンがスペインGP予選の最終アタックを中止したと述べたが、ポールポジションを狙えたとは考えていないようだ。

ベッテル、F1マイアミGPでの”弟子”シューマッハーとの接触は「ふたりとも愚かだった」

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、F1マイアミGPで起きたミック・シューマッハー(ハース)との接触について、「ふたりとも愚かだった」と語った。

レッドブル、勝って兜の緒を締めよ! フェルスタッペン「当たり外れが大きい」と改善求める

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、F1マイアミGPで優勝したものの、チームにオペレーション上の問題を解決するよう求めた。

価格の高さは需要の高さ。F1マイアミGP、高額チケットへの批判に反論

F1マイアミGPのマネージング・パートナーは、高額なチケット価格に関する批判に対し、「それがこのイベントに対する需要の高さ」だと反論した。

アメリカのF1ブームは予想外! ハミルトン「F1愛が高まっているのにびっくりした」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、これまでアメリカのレースファンからあまり関心を寄せられていなかったF1が人気となっていることに驚きを感じているという。

マグヌッセン好調の要因? 気持ち新たに望むF1キャリア“第2スティント”は「過度なプレッシャーがない」

ハースのケビン・マグヌッセンは、今季予想外のF1復帰となったことで、ワールドチャンピオンを目指すという「大きなプレッシャー」は背負っていないと語った。

車重が重いのは、各F1チームの責任だ! アルファロメオ代表「最低重量は十分達成可能」

アルファロメオF1のチーム代表であるフレデリック・バスールは、各F1チームは今季の車両の最低重量を引き上げるために、FIAと駆け引きをしたと信じている。

ルクレール、終盤のクラッシュで表彰台逃す……「”欲張りすぎた”代償だった」と落胆

フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1エミリア・ロマーニャGP終盤のスピンで表彰台を逃したことについて、”欲張りすぎた”代償を払うことになったと語った。

自身のミスでコースオフも、ランド・ノリス悔やむ「ルクレールを倒せたかも!」

マクラーレンのランド・ノリスは、F1エミリア・ロマーニャGPの予選でフェラーリのシャルル・ルクレールを食うこともできたかもしれないと悔やむが、それでも望外の3番手を手にしたことを満足している。

油断ダメ、ゼッタイ。マクラーレン代表、F1オーストラリアGPでは好調も「まだ望んでいた位置にいない」

マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表は、チームはF1第3戦オーストラリアGPでは好結果を手にしたものの、それは外的要因が大きかったとして、今後も油断してはいけないと気を引き締めた。

ラッセル、ハミルトンと”5番手を争う”ことに興味なし「まずは協力して前進しなきゃ!」

今季からメルセデスに加入したジョージ・ラッセルは、現時点ではチームメイトのルイス・ハミルトンとコース上で戦うことについては「興味はない」と語った。

タイヤかすいっぱいでアンダーステアに……ルクレール、楽勝に見えるも「快適な58周だったわけじゃない」

F1オーストラリアGPの決勝を完勝したシャルル・ルクレール(フェラーリ)。しかしSCからのリスタート時にタイヤかすを拾ってしまうなど、完全に楽なレースだったわけではないとルクレールは明かす。

フェルスタッペン、”アストンマーチンのセーフティカー”に不満「まるで亀みたいに遅い!」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、F1第3戦オーストラリアGPで出動したアストンマーチンのセーフティカーを亀と呼び、スピードアップを検討するようF1に要求した。

ルクレール、スロー走行で呼び出しもお咎めなし、PP変わらず。角田裕毅は今季3度目の戒告処分受ける

アルファタウリの角田裕毅は、F1オーストラリアGP予選中のスロー走行によって、今季3度目の戒告処分を受けた。同様の理由で呼び出されていた、シャルル・ルクレールと周冠宇はお咎めなしだ。

フェルスタッペン、F1オーストラリアGP予選でフロントロウ獲得も「マシンがとっ散らかっていた」と不満げ

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、オーストラリアGPの予選を2番手で終えたものの、マシンが「とっ散らかっていた」として不満を露わにした。

凱旋レース迎えるリカルド、オーストラリアGPのレイアウト変更でポイント獲得に期待「入賞できれば、小さな勝利」

マクラーレンのダニエル・リカルドは、前戦での復調から、凱旋レースとなる第3戦オーストラリアGPでは入賞を狙えると期待している。

レッドブル代表、接近戦を可能にした新規則を称賛も「DRS検知ラインの位置は検討が必要」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、F1サウジアラビアGPで見られた”いたちごっこ”を避けるため、DRS検知ラインの配置を検討するべきだと考えている。

好調フェラーリ、今季タイトル獲得が見えた? 「ルクレールの走りは世界王者レベル」とチーム代表

フェラーリF1のマッティア・ビノット代表は、ランキング首位のシャルル・ルクレールについて、その走りが”F1世界王者レベル”だと考えている。

メルセデス代表、サウジアラビアGP続行の議論で”ドライバーへの圧力”を否定

メルセデスのトト・ウルフ代表は、サウジアラビアGP金曜日にドライバーがイベント続行をボイコットする可能性が浮上した際、ドライバーたちに圧力をかけていないと語った。

沈んだ巨人メルセデス、苦しい現状は謙虚になるための訓練? チーム代表「最後には我々を強くしてくれる」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、F1サウジアラビアGPでライバルに挑戦できなかった痛ましい現状は、”謙虚さ”を身に付けるための訓練になると信じている。

「できることは全てやった」ルクレール、サウジ2位も満足。ペレスに対する”ピットストップ陽動作戦”も成功!

フェラーリのシャルル・ルクレールはF1サウジアラビアGPで、対フェルスタッペンのバトル、そしてペレスを攻略するための”ピットストップ陽動作戦”など、できることは全てやったと語った。

オコン、危機一髪。シューマッハーと”同じクラッシュ”をなんとか回避「あと1度でも角度が違ったら……」

アルピーヌのエステバン・オコンは、F1第2戦サウジアラビアGPの予選でミック・シューマッハーと同じようなクラッシュをするところだったと語った。

新世代マシンに苦しむメルセデス、チーム代表「現状はまったく受け入れられない」ハミルトンは予選Q1敗退

メルセデスのトト・ウルフ代表はチームが厳しい状態となっている現状について、「まったく受け入れられるモノではない」と語った。

アルボン、セーフティカー規則の見直しを求める「全開で走ったけど、隊列に追いつけなかった」

ウイリアムズのアレクサンダー・アルボンは、F1開幕戦バーレーンGPの後、F1のセーフティカールールをもう一度見直す必要があるかもしれないと考えている。

ボッタス、スタート大失敗はクラッチのトラブルが原因「50%の確率で起きるんだ……」

アルファロメオのバルテリ・ボッタスは、バーレーンGPで発生したスタートの出遅れは、プレシーズンテストから既知の問題が原因だったと明かした。

アロンソ「オーバーテイクはまだ難しい」2022年レギュレーションの効果を疑問視

アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、2022年のレギュレーションで他車の追従はより容易になったものの、まだオーバーテイクは難しいと語った。

レッドブル代表、開幕戦バーレーンGPでの残酷なダブルDNFは「最悪の悪夢」……原因は燃料ポンプの故障とチーム推測

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、開幕戦バーレーンGP決勝の最終盤にマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスがマシンを止めてしまったことは、チームにとっての「最悪の悪夢」だと語った。

開幕戦3位のハミルトン、“予想外の”表彰台獲得に「感謝している」……フェラーリの再起も祝福

メルセデスのルイス・ハミルトンは、2022年シーズンのF1開幕戦バーレーンGPでの予想外の表彰台獲得に「感謝している」と語った。

ハミルトン、予選5番手も”満足”「レッドブルとフェラーリは別次元。決勝では戦えない」

ルイス・ハミルトンは、ドライブする上で”悪夢”のようだったメルセデスのマシンで予選5番手を獲得できたことに満足していると語った。

メルセデスF1は爪を隠していなかった? 初日低調のハミルトン「去年よりはるかに大きな問題。長期的な修正が必要かも」

メルセデスのルイス・ハミルトンはF1開幕戦バーレーンGPの初日を終えて、昨年の開幕戦よりも「はるかに大きな問題」に直面していると語った。

フェルスタッペン、初タイトル獲得でさらに速くなる? アロンソ&ベッテル「プレッシャーは少なくなる」

フェルナンド・アロンソは、2021年に初のタイトルを獲得したマックス・フェルスタッペンについて、よりプレッシャーを感じずにレースができると考えている。

テストでトラブル続出のアルファロメオ。「何よりレースを走り切れるかが心配」とボッタス

アルファロメオのバルテリ・ボッタスは、F1プレシーズンテスト中にさまざまな問題が発生したため、レース距離を走りきれるかどうかが「一番の心配事」だという。

マクラーレンのノリス、テスト好調も「メルセデスとレッドブルに挑むにはまだ課題がたくさん」

マクラーレンF1のランド・ノリスは、バルセロナテストを終えた段階では、まだレッドブルとメルセデスの2チームが先を行っているように思えると現状を分析した。

新加入アルボンの働きは”期待以上”。ウイリアムズCEO「チームにうまく溶け込んでいる」

ウイリアムズF1のヨースト・カピトCEOは、新加入のアレクサンダー・アルボンについて「期待以上」の働きをしてくれていると語った。

ボッタス、アルファロメオF1での”大きな責任”を歓迎「自分のすべてを捧げる」

バルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1チームのリーダーとして大きな責任を背負うことを喜んでいる。

ボッタス、アルファロメオと共に表彰台に上がるのを「密かに夢見ている」

アルファロメオに加入したバルテリ・ボッタスは、チームにとっては安定してポイントを獲得することができれば「大きな成果」になると認めつつも、密かに表彰台に上ることを夢見ていると語った。

いかに新しいF1マシンに慣れるかが勝負! ノリス「色々なドライビングスタイルを試している」

マクラーレンのランド・ノリスは、一新された2022年のF1マシンに適応するために、意識して様々なドライビングスタイルを試しているようだ。

名門ウイリアムズは”家族経営”から脱皮した? カピト代表「ちゃんとしたエンジニアリング企業になった」

ウイリアムズのヨースト・カピト代表は、”重要な変化”を経て、ウイリアムズが家族経営から”しっかりとした構造を持つエンジニアリング企業”に成長したと考えている。

ウイリアムズに訪れた変化、”セナのロゴ”がマシンから消える。カピト代表「前に進みたい」

ウイリアムズのチーム代表であるヨースト・カピトは、1995年からチームのマシンに入れられてきた、アイルトン・セナのロゴをマシンから取り外した理由について説明した。

マクラーレンの2022年型F1マシンが1432ピースのレゴで再現。3月1日発売予定

マクラーレンは2022年型F1マシンが、レゴ・テクニックシリーズで発売されることになったと明らかにした。このモデルは、全1432ピースのブロックで組み立てる本格仕様である。

F1チームがルーキーをふたり起用する時代は終わった? 中堅チームの理想形はガスリー&角田裕毅ペアか

アルファタウリのフランツ・トスト代表は、チーム間の格差が縮まり続けていることから、ルーキーをふたり起用する時代は終わったと考えている。

最終形態には程遠い? ピエール・ガスリーには「まだまだ伸びしろがある」とアルファタウリ代表が語る

アルファタウリでチーム代表を務めるフランツ・トストは、2021年シーズンも輝かしい成績を残したピエール・ガスリーは「まだ向上できる」として、これまで以上のパフォーマンスを期待している。

アルファタウリとアルピーヌが2022年F1新車発表日を公開。アルピーヌはプレシーズンテスト直前にお披露目

アルファタウリ、そしてアルピーヌが2022年F1ニューマシンの発表日を相次いで公表した。

アルファタウリ代表、F1で2年目を迎える角田裕毅に「才能はある。スターになれるかどうかは彼次第」

アルファタウリのフランツ・トスト代表は、F1での2シーズン目を迎える角田裕毅の運命は、彼自身の手にかかっていると語った。

アルピーヌCEOのロッシ、迷走した2021年シーズン序盤は「何をすればいいのかさえ分からなかった」と振り返る

アルピーヌのローラン・ロッシCEOは2021年シーズンを振り返り、チームは序盤に“迷走”していたが、マシンへの理解が深まってからは「思ったよりも一貫性のあるパフォーマンスが出ていた」と語った。

リバティ・メディアのF1改革にオコン、カンゲキ。「今のチャンスのあり方は素晴らしい!」

アルピーヌのエステバン・オコンは近年F1が行ってきた、ショーをよりアグレッシブに見せるための施策による進化が、素晴らしいものだと感じている。

アロンソ、2022年はリソース不足を言い訳にできないシーズンに「アルピーヌは昨シーズンよりもいい状態にある」

フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)は、チームは1年前よりも良い状態にあると考えており、2022年シーズンは他チームよりもリソースが不足していると言い訳をすることはできないと語った。

F1チームの移籍は想像以上の難しさ……ペレス「ドライバーですら過小評価してしまう」

セルジオ・ペレスは2021年にレーシングポイントからレッドブルへ移籍したが、この”チームを変更する”という行為の難しさは過小評価されていると主張した。

マクラーレン、2022年は熾烈な開発競争を予想「"ツール"は減ったが、できることはいくらでもある」

マクラーレンのテクニカルディレクターであるジェームス・キーは、各チームがF1の新しいルールに対応するため、極めて速く開発を進めていくことになると予想している。

”復活”したマクラーレンとフェラーリ。リカルド、2チームの戦いは「F1にとってクールな物語」

ダニエル・リカルドは、2021年にコンストラクターズランキング3位をめぐり、マクラーレンとフェラーリがバトルをしたことはF1にとっても「クールな物語」だったと考えている。

自己最高得点の裏側……ガスリー、牽引役として戦った2021年を振り返る「ユウキとの関係は上位チームと同じ」

マックス・フェルスタッペンの隣で大きく苦戦したレッドブルへF1チームでの2019年シーズンから2年、ピエール・ガスリーはアルファタウリでチームリーダーとして2021年に真価を発揮した。

マクラーレンCEO、2021年シーズンは4位に転落も「とても成功した1年」と満足げ

マクラーレンのザク・ブラウンCEOは、2021年シーズンはコンストラクターズランキングでフェラーリに3位の座を奪われてしまったものの、チームとしては「とても成功した1年」だと語った。

かつては色々あったけど……アロンソ「ホンダのF1離脱は残念」

アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、ホンダがレッドブルと共にチャンピオンを獲得した後にF1参戦を終了させるのは、残念なことだと語った。

マゼピン、僚友シューマッハーとの関係を語る「難しい時期もあったけど、今は“ニュートラル”な関係」

ニキータ・マゼピンは、ハースのチームメイトであるミック・シューマッハーとはルーキーシーズンに難しい時間を過ごしたものの、今は“とてもニュートラルな関係”だという。