Jonathan Noble
執筆者

Jonathan Noble

Latest articles by Jonathan Noble

グリッド
リスト

ペレス、フェラーリとの想定以上のギャップに”驚き”「やるべきことがたくさんある」

レッドブルのセルジオ・ペレスは、F1モナコGP初日を終え、ここまでフェラーリに差をつけられたことに驚きを隠せないという。

リカルド、マクラーレンから放出の噂も「2023年末まで契約がある」とチーム残留に自信

マクラーレンのダニエル・リカルドは、チーム側が彼のパフォーマンスについて満足していないことを認めた上で、契約満期の2023年末を前にマクラーレンを去ることはないと考えている。

まるでジェットコースター! メルセデス、”バウンド”に大苦戦「ストレートに100個バンプがある感じ」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1モナコGP初日の走行を終え「今まで経験した中で最もバンピーなジェットコースターだ」と表現した。

F1アクセサリー規制、6月末まで免除期間延長へ……ドライバーとのさらなる対話に向けFIAが歩み寄り

FIAは、マシン乗車時のアクセサリー規制について、F1ドライバーとのさらなる対話のため6月末まで免除期間を6月末まで延長すると発表した。

フェラーリ、次期アップデートは7月のイギリスGPまで温存か。予算制限を強く意識

フェラーリは、次回のアップデートが7月のイギリスGPまで遅らせる可能性があると明かした。

マクラーレン、アイルトン・セナの名をマシンに刻む! ハロの側面に”S”のロゴを追加

マクラーレンは今回のモナコGPから、アイルトン・セナの名前とロゴをマシンに刻んでレースを戦うことを発表した。

ベッテル、F1の”対”環境問題に提言「この素晴らしいテクノロジーが日常に貢献しているだろうか」

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、現行のF1用パワーユニットが、環境問題に貢献しているかどうかは「疑わしい」と考えている。

苦戦続くサインツJr.、フェラーリの”技術的な秘密”も関係?「僕は試行錯誤の最中」

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、チームメイトほどマシンの性能を引き出すことができていない理由について、”技術的な秘密”も関係していると明かした。

復活見せたメルセデス、でもモナコGPは苦戦必至? ウルフ代表「どのサーキットよりも期待できない」

メルセデスのトト・ウルフ代表はスペインGPで進歩を示せたものの、次戦F1モナコGPに向けては慎重な姿勢を見せている。

F1モナコGPはアルファロメオの”サプライズ”に注目!? データから分かる高いポテンシャル

高いポテンシャルを示し、バルテリ・ボッタスが予選Q3の常連となっているアルファロメオ。F1モナコGPでは、今季最大のサプライズを引き起こすポテンシャルを持っているようだ。

フェラーリ、メルセデスの復活を警戒しつつ……「まだ差は大きい。まるで”昨年の”フェラーリだ」

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、F1スペインGPで好調だったメルセデスについて、まだまだ差は大きいと語った。

【伝説のモナコGP】アイルトン・セナが”ライオン”を飼い慣らした日:1992年

1992年の5月31日、モナコのモンテカルロ市街地コースでは、アイルトン・セナとナイジェル・マンセルの激戦が繰り広げられた。今もF1の歴史上、最も記憶に残る1戦としても知られている、あのレースだ……。

F1アゼルバイジャンGP、開催に先立ち”最恐”のピット入口調整へ。来季のスプリント実施にも前向き

F1アゼルバイジャンGP主催側は、これまで安全性が指摘されていたピット入口に関し、今季の開催に先立って調整を行なうようだ。

メルセデス、スペインGPで復活を確信?「我々はチャンピオンシップを戦える!」

メルセデスはF1スペインGPで良いパフォーマンスを見せたことで、チャンピオン争いに加わることができるという確信を手にしたようだ。

フェラーリ、ルクレールのマシンを襲ったトラブル原因は、ターボとMGU-Hにあったと結論「修理できない状態」

フェラーリは、シャルル・ルクレールがF1スペインGPでリタイアしたのは、ターボとMGU-Hの故障が原因だったと結論付けた。

ルクレール失意のリタイアも……今後に向けて「ポジティブなところがたくさんあった」と前向き

フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1スペインGPでリタイアしたものの、イモラやマイアミの後よりも良い感触を持っていると語った。

ペレス、チームオーダーに不満燻る? ホーナー代表「正しいことだったと分かってもらえる」

レッドブルのセルジオ・ペレスは、F1スペインGPで優勝を狙えるポジションにいながらもチームオーダーに従い2位。レース後、彼はチームとの話し合いを求めた。

フェラーリ代表、ルクレール襲ったPUトラブルは警告もなし「全てが上手くいっていたのに……」と肩を落とす

フェラーリは、F1スペインGP決勝レースでシャルル・ルクレールを襲ったパワーユニットトラブルは何の警告もなく突然発生したものだと語った。

ルクレール、圧巻アタックでポールも「勝つためには、タイヤの問題を解決しないと……」

シャルル・ルクレールは、F1スペインGPでポールポジションを獲得したものの、タイヤのデグラデーションの問題を解決する必要があると考えている。

このデザインはオリジナル! アストンマーチン、レッドブルからのデータ盗用を否定「従来型と並行して開発していた」

F1スペインGPでレッドブルのRB18に酷似した空力パッケージを持ち込んだアストンマーチン。レッドブルからデータ盗用の疑惑を向けられているが、これを「的外れだ」として否定している。

アストンマーチンが投入したレッドブルの”クローンマシン”。レギュレーションでコピーはどこまで許されている?

F1スペインGPで話題を集めている、レッドブル『RB18』に酷似したアストンマーチン『AMR22』の”Bスペック”マシン。F1ではライバルのコピーはどこまで許されている? レギュレーションを確認してみよう。

スタッフ引き抜きと”グリーン・レッドブル”の出現は「偶然じゃない」レッドブル代表がFIAに警鐘

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、アストンマーチンがレッドブルと非常に似通ったマシンを作り上げてきたことについて、「偶然ではない」と考えている。

メルセデス、完全復活近し? アップデートでマシンが”劇的”変化「反応が明らかに違う」

ルイス・ハミルトンは、スペインGPでのアップデートによって問題の多くが解消されたことで、メルセデスがF1のトップに返り咲くための道を歩んでいると感じているようだ。

ウイリアムズF1の襷つなぐアルボンと前任ラッセル。ふたりの違いは“コーナリング”にあり?

ウイリアムズのデイブ・ロブソンが、今季加入したアレクサンダー・アルボンと前任で現在メルセデスを走るジョージ・ラッセルのドライビングスタイルの違いについて語った。

F1メカ解説|メルセデスのワイドなフロアは不利なのか? 他チームは”隠しステー”を使用

メルセデスはスペインGPで、ゼロポッドデザインに未来があるのかどうか、最終的な答えを出したいと考えている。

レッドブル、F1スペインGPのフリー走行1回目でユーリ・ヴィップスを起用

レッドブルは、F1スペインGPのフリー走行1回目でジュニアドライバーのユーリ・ヴィップスを起用すると発表した。

信頼性不足に苛立つフェルスタッペン……しかしレッドブル代表は心配せず「我々は強固なチームだ」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、信頼性の問題が続き苛立っているマックス・フェルスタッペンについて、チームとの関係が悪化するという心配はないと語る。

アルピーヌF1、スペインGPに新型リヤウイング投入へ。チーム代表明かす

アルピーヌは、次戦スペインGPにアップデート版のリヤウイングを投入する予定だ。

F1マイアミGPのバリア設置問題、ノリスはFIAに学習を求める「ドライバーの方が分かることもある」

ランド・ノリスは、F1マイアミGPでバリアが設置されていないコーナーでビッグクラッシュが続いた出来事から、FIAが学習することを望んでいる。

フェラーリF1、連敗に頭を抱える……強みだった低速域での速さを失った?

フェラーリは、シーズン開幕当初から持っていたはずの低速域でのアドバンテージを、F1マイアミGPで失ってしまった理由を追い求め続けている。

アロンソか? ピアストリか? アルピーヌF1、2023年のドライバーラインアップ決定は”7月頃”

アルピーヌは、2023年のドライバーラインアップについて決めるのを、7月のイギリスGP頃まで待ちたいと考えているようだ。

【写真】これが全ての引き金に……モナコでクラッシュのルクレール、カメラが捉えたブレーキ破損

モナコでフェラーリ312B3をドライブし、クラッシュを喫したシャルル・ルクレール。本人はブレーキトラブルと主張していたが、motorsport.comはそれを裏付ける写真を入手した。

市街地レースがF1の進むべき道。ハミルトン「歴史的なサーキットが大好きだけど、多くのファンがいてこそ」

ルイス・ハミルトンは、ファンから最大の関心を得るためにF1は市街地でレースを行なっていく必要があると考えている。

レッドブル代表、今季のF1タイトル争いは”チクチク”口撃合戦が少なめ「フェラーリ代表は良いヤツだ」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、今季フェラーリとの接近したトップ争いの中でも、昨年とは異なりチーム間の軋轢は少ないと語る。

アルピーヌ、アロンソのペナルティに関しFIAと協議へ「0.2〜0.3秒のゲインで5秒も科すことないだろう」

アルピーヌは、F1マイアミGPでフェルナンド・アロンソに下されたペナルティは「全く不当だ」として、F1チームに対しての指示内容を改善するようFIAに協議を申し込む予定だという。

レッドブルF1、開発予算の大半を既に使い果たした? チームは噂を完全否定

レッドブルは、今季最大のライバルであるフェラーリを打ち負かすべく、すでに年間予算の大半を使い果たしたのではないかという噂を完全否定する。

フェラーリの”極秘”フィルミングデーを激写。DRSに変化あり? 次戦の大規模アップデートをテストか

フェラーリが5月13日(金)、イタリアのモンツァ・サーキットを貸し切って極秘のフィルミングデーを実施。PR撮影と同時に次戦F1スペインGPに向けたアップデートのテストを行なったのではないかと注目が集まっている。

レッドブルのアドバンテージは1周0.2秒……フェラーリは逆襲に自信アリ?

フェラーリはレッドブルとの差は1周あたり0.2秒程度だと考えており、その差を埋めることに取り組んでいる。

サインツJr.、マイアミGPで”100%ではない体調”に苦しむ「でも、完走することが重要だった」

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、F1マイアミGPの決勝レースで、トップ2台についていくことができなかったのは、金曜日のクラッシュにより首にダメージを負っていたこと、そして直近2レースを早々にリタイアしたためだったと考察する。

初開催F1マイアミGPは、なぜレコードライン外のグリップが極端に低かったのか? 背景には意外な事情が

F1マイアミGPを初開催したマイアミ・インターナショナル・オートドロームは、その路面に不満があがっていた。他のサーキットと明らかに異なるグリップ感となってしまったことには、とある理由があった。

ハミルトンのマイアミGPは不運だった?「戦略の決断をドライバーに求めるのはギャンブルみたいなもの」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1マイアミGPでセーフティカーが出動した時のような”不幸な”状況では、「ギャンブルをしているように感じる」ことがあると語る。

スポンサーにも人気のF1マイアミGP。既存レースの脅威に? マクラーレンCEOはレースのローテーション提案

マクラーレンのザク・ブラウンCEOは、マイアミGPのような壮大で新しいイベントを、モナコGPのような象徴的なレースにとっての脅威とみなすべきではないと語った。

F1スペインGPは、ゼロサイドポッド”審判の日”? メルセデス、コンセプト変更の可能性否定せず

今季序盤から苦戦しているメルセデスはF1スペインGPの後、”ゼロサイドポッド”コンセプトを放棄する可能性を否定していない。

ペレス、マイアミGPはトラブルで”リタイア寸前”だった!「ホンダと協力して、問題を理解する」

レッドブルは、F1マイアミGPでセンサートラブルによりスローダウンしたセルジオ・ペレスが、リタイア寸前の状態だったという。

フェラーリ1-2もあり得た? レッドブルが”感謝”する「SC時のステイアウト」をフェラーリが説明

フェラーリはF1マイアミGPでセーフティカー出動時にステイアウトを選択。フリーストップでレッドブルに挑む機会をあえて逃した理由を説明した。

レッドブル、勝って兜の緒を締めよ! フェルスタッペン「当たり外れが大きい」と改善求める

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、F1マイアミGPで優勝したものの、チームにオペレーション上の問題を解決するよう求めた。

攻め時は今じゃない……フェラーリ、レッドブルの開発”息切れ”を期待「このペースで開発は続かない」

フェラーリは、現時点でレッドブルの方が速いと認めながらも、積極的なアップグレードを維持し続けることは難しいと考えている。

タイヤテストで疑惑浮上したフェラーリの無罪裁定、火種に? ライバルチームがFIAへ”透明性”確保を要求

先日行なわれたF1タイヤテストでは、フェラーリが不正に新パーツを投入したのではという疑惑が持ち上がったが、”無罪”という裁定が下った。しかしマクラーレンは、透明性を確保するようにFIAへ要求している。

コース一部に批判集まるF1マイアミGP、来季開催に向け「必要であれば何であれ変更する」

F1マイアミGPの主催者は、ドライバーから批判の声が寄せられているサーキットの路面を、来シーズンのレース成功のためにも改善する意思があるようだ。

フェルスタッペンに破れたルクレール、次戦F1スペインGPでのアップデートに期待「プッシュし続けなきゃ!」

F1マイアミGPの決勝レースでレッドブルのマックス・フェルスタッペンに破れたフェラーリのシャルル・ルクレールは、次戦スペインGPでのアップデートで巻き返しを期待している。

F1、アクセサリー脱着義務違反に罰則追加か。3度目の違反ではポイント剥奪も視野に

今季からF1ではアクセサリー脱着義務ルールが厳格されているが、複数回違反した場合は最大約3500万円の罰金やチャンピオンシップポイント剥奪のペナルティーが科される可能性があるという。

“ゼロポッド”でも戦える! メルセデスは現行マシンコンセプトの熟成を諦めず 「繊細だが……上位で争えると信じている」

メルセデスはF1マイアミGPの週末を通して、“ゼロポッド”と呼ばれるサイドポンツーンのコンセプトで今季の先頭争いに加わることが可能であると感じたようだ。

フェラーリ、F1タイヤテストで新パーツ投入の疑いも……FIAの調査で”無罪”が確定

フェラーリはイモラで行なわれたタイヤテストで、許可されていない新パーツを使ったのではないかと疑われていたが、FIAの調査の結果問題はなかったようだ。

F1マイアミの新コース「ラインを外れるとグリップ無し」「シケイン以外は良い」と一部から文句

メルセデスのルイス・ハミルトンはマイアミGPの新設コースについて、子供の頃のホームセンターの駐車場を思い出すと語った。

マクラーレンCEO、アウディへのチーム売却を完全否定「我々はマクラーレンF1だ! 残していかねばならない」

マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンは、アウディがマクラーレンF1を買収する可能性に興味を持っているとしても、売却することはないと断言する。

アップデート予定のメルセデス、”真の力”開放はまだ先? 「試行錯誤の期間必要」と代表

メルセデスF1はマイアミGPでポーパシング対策のアップデートを予定している。しかしチームはまだ”トライ・アンド・エラー”の段階であり、秘めたパフォーマンスを開放するまでは時間が必要そうだ。

フェイクでも構わない? ”ニセ”マリーナのミームでマイアミGPが最後に笑うその理由とは

マイアミGPの舞台マイアミ・インターナショナル・オートドロームのインフィールドに設置されたフェイクのマリーナが”ミーム化”されF1コミュニティ内で話題となっているが、主催者はそれでも問題はないと考えているようだ。

ベッテル、F1の”DRS依存”に警戒感「理想的なのは、DRSなしでレースができるクルマ」

セバスチャン・ベッテルは、オーバーテイクがDRSのみに依存するようになれば、F1は間違った方向に向かっていると主張した。

メルセデス、”NFTアートコラボ”の特別デザインリヤウイングを公開。NFT落札者に実物プレゼント

第5戦マイアミGP、NFTによるチャリティーオークションに用いられるメルセデスW13の特別デザインのリヤウイングが初公開された。

メルセデス、ポーパシング解消の道筋見えた? 「マイアミで実験し、評価したい」とウルフ代表

メルセデスF1は2022年シーズン序盤に苦しい戦いが続いてきた。しかし現在、主な問題であるポーパシングに関して、解決に向けたいくつかの方向を発見できたという。