インタープロト第3大会富士は関口雄飛、野尻智紀がそれぞれ今季初優勝。ポイントランキングは福住仁嶺が首位に

2021年インタープロトシリーズの第3大会が行なわれ、第5戦は関口雄飛、第6戦は野尻智紀が優勝を飾った。

インタープロト第3大会富士は関口雄飛、野尻智紀がそれぞれ今季初優勝。ポイントランキングは福住仁嶺が首位に

 2021インタープロトシリーズ POWERED BY KeePerの第3大会(第5戦、第6戦)が9月25日〜26日にかけて富士スピードウェイで行なわれた。プロフェッショナルレースの第5戦では関口雄飛 (人馬一体ドライビングアカデミー)、第6戦では野尻智紀(J-Gear KI プロモート)が優勝した。

 25日に行なわれた公式予選では、関口と坪井翔(NETZ NOVEL MIE)が1分44秒984の同タイムで並ぶという激戦に。先にこのタイムを計測した関口が第5戦のポールポジションを獲得した。

 なお、26日の第5戦を前に行なわれたジェントルマンレースで複数台のマシンによるアクシデントが発生したことにより、彼らとマシンをシェアするプロフェッショナルドライバーにも影響が。マシンの修復が間に合わない関係で3名のドライバーがプロフェッショナルレースを欠場することとなり、その中にはランキング首位の山下健太(NAVUL)も含まれるという波乱の展開となった。

 ウエットコンディションで行なわれた第5戦は各所で激しい争いが繰り広げられる中、関口が首位をキープして逃げる展開に。8番グリッドから混戦を抜け出してきた野尻が2番手に浮上し、最終ラップのホームストレートでは関口の背後にピタリと付けたが、オーバーテイクには至らずそのままチェッカー。関口が優勝、野尻2位、3位に坪井翔(NETZ NOVEL MIE)が続いた。

#55関口雄飛 (人馬一体ドライビングアカデミー)

#55関口雄飛 (人馬一体ドライビングアカデミー)

Photo by: Inter Proto Motorsports

 チェッカーを受けた各車はこの着順のままグリッドに再整列した後、ローリングスタートにより第6戦が開始された。トップに立ったのは野尻で、関口と坪井は接触により共に優勝戦線から脱落することとなった。

 その後は福住が野尻を追いかけたが、ポジションは入れ替わることなく野尻がトップチェッカー。2位は福住仁嶺(キーパー号)、3位はロニー・クインタレッリ(ララパルーザ)だった。

 今回の2レースを走ることができなかった山下はポイントリーダーの座から陥落。福住が山下に10ポイントの差をつけてランキングトップとなり、12月の最終大会に臨む。

 

Read Also:

シェア
コメント
インタープロト第2大会鈴鹿は阪口晴南が連勝飾る。ランキング首位は山下健太
前の記事

インタープロト第2大会鈴鹿は阪口晴南が連勝飾る。ランキング首位は山下健太

コメントを読み込む