F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
4 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
イベント 進行中 . . .
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
33 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
20 days

ジャガー、I-PACE eTrophyをわずか2シーズンで終了。コロナの影響で戦略見直し

シェア
コメント
ジャガー、I-PACE eTrophyをわずか2シーズンで終了。コロナの影響で戦略見直し
執筆:
2020/05/20 10:33

ジャガーは、フォーミュラEのサポートレースであるI-PACE eTrophyを2019-2020年シーズンをもって終了することを発表した。

 ジャガー・レーシングは、フォーミュラEのサポートレースであるI-PACE eTrophyを2019-2020年シーズンをもって終了することを発表。わずか2シーズンでシリーズが幕を閉じることとなった。

 2016年からフォーミュラEに参戦し、国際モータースポーツに復帰したジャガーは、2018年に発売された電動SUV『I-PACE』のワンメイクシリーズを、フォーミュラEのサポートレースとして開催することで、フォーミュラEと合意。当初の発表では3年契約とされていた。

 初年度の2018-2019年シーズンは10レースを実施したが、参戦台数は12台がピーク。2年目にあたる今季、2019-2020年シーズンは日本からチーム・ヨコハマ・チャレンジのドライバーとして、元WGPライダーの青木拓磨が参戦したが、6チーム10台ほどと参戦台数は伸びていなかった。また、新型コロナウイルスによってカレンダーが中断される前の段階で、今季のカレンダーは8ラウンドに縮小されていた。

 ジャガーのフォーミュラEチームのディレクターであるジェームズ・バークレイは、次のように述べた。

「このシリーズは、我々が設定した目標のうち多くを実現してきた」

「しかし、新型コロナウイルスの流行という前例のない事態に、我々は戦略を見直した。成功を収めた2シーズンを終えた後、ジャガーI-PACE eTrophyシリーズを終了するという決断を下した」

「我々は電動モビリティへの移行の重要な一歩として、引き続き電動モータースポーツとジャガー・レーシングのフォーミュラEプログラムに全面的に取り組んでいく」

「フォーミュラEとeTrophyのシーズンがチームやパートナー、ファンにとって安全な形で再開されるのを楽しみにしている」

 ジャガーが発表した声明では、I-PACE eTrophyは”今季最後のレースの後”、終了するとされている。しかし、フォーミュラEは現在6月末までシーズン中断となっている上、ニューヨークePrixとロンドンePrixの開催中止が決定したことで、今季残りのレース予定は白紙状態だ。

 motorsport.comの調べによると、フォーミュラEはシーズンを再開するため、常設サーキットでのレース実施に関して交渉を行なっているようだ。

 また、フォーミュラEはI-PACE eTrophyに代わるサポートカテゴリーを見つけようとしているようだが、現時点ではその候補となるチャンピオンシップまたはメーカーがあるとは考えられていない。

 I-PACE eTrophyは、新型コロナウイルスの影響で終了となった、最初の国際モータースポーツ・シリーズだと言える。

 

Read Also:

次の記事
青木拓磨、初EVレースで初表彰台! 初尽くしの活躍で“チーム横浜”の挑戦に弾み

前の記事

青木拓磨、初EVレースで初表彰台! 初尽くしの活躍で“チーム横浜”の挑戦に弾み

コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Jaguar I-Pace eTrophy
執筆者 Matt Kew