F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

全日本ラリー選手権:SUBARU WRX STIが1-2。鎌田卓麻は今シーズン初優勝

シェア
コメント
全日本ラリー選手権:SUBARU WRX STIが1-2。鎌田卓麻は今シーズン初優勝
2016/10/17 7:20

全日本ラリー選手権の第8戦が行われ、SUBARU WRX STIが1-2フィニッシュを果たした。

鎌田卓麻, 市野諮, SYMS TEIN DL WRX STI
ラックSTI 名古屋スバル DL WRX
ラックSTI 名古屋スバル DL WRX
SYMS TEIN DL WRX STI
SYMS TEIN DL WRX STI
SYMS TEIN DL WRX STI
SYMS TEIN DL WRX STI
SUBARU エンジニア

 岐阜県高山市を中心に開催された全日本ラリー選手権第8戦『M.C.S.C.ラリーハイランドマスターズ2016 Supported by Sammy』は、10月16日(日)にすべての競技を終了し、SUBARU WRX STIの鎌田卓麻/市野諮が今シーズン初勝利を獲得しました。2位には勝田範彦/石田裕一が入り、前日トラブルに苦しんだ新井敏弘/田中直哉は4位でラリーを終えました。

 ラリーは快晴に恵まれたものの、すでに秋の気配のする肌寒い気温のもとスタート。リードを拡大したい鎌田は、この日序盤のSS7、SS8で連続ベストタイムをマークし、2番手勝田との差を12.7秒まで広げることに成功します。続くSS9、SS10では反撃に転じた勝田が鎌田のタイムを上まわり、その差は6.8秒まで縮まります。残すSSはあとふたつ。鎌田はSS11で渾身のベストタイムをたたき出して、その差を8.3秒に再び拡大。最終SSは勝田がトップでフィニッシュするも、その差をひっくり返すには至らず、鎌田が今シーズン初優勝を獲得しました。勝田は3.1秒差で2位となっています。前日の夜にターボチャージャーを交換した新井は思うような走りができず前日からひとつ順位を上げた4位となりました。

 優勝した鎌田は、「2日目はまわりの皆さんがかなり攻めていたので、追い詰められてビックリしました。優勝することができ、ホッとしています。SUBARU BRZでJN5クラスを走っている頃は何度か優勝できたのですが、総合優勝は2005年以来久々です。今回はスタートからフィニッシュまでクルマの調子が良かったので、最終戦も勝てるように頑張ります」と、ラリーを振り返りました。2位の勝田は、「かなり攻めましたが、鎌田選手も速かったですね。今回は完敗です。でも、奴田原選手よりも上位でフィニッシュできたのは本当に良かったです。最終戦は、今回のようにスロースターターにならないよう、SS1から全開で行きます」と、自身のホームイベントと言える最終戦新城ラリーへの意気込みを語りました。

 また、今回のラリーにSUBARU BRZで参戦した小濱勇希/馬場雄一はJN2クラス優勝、加納武彦/横手聡志はJN2クラス3位に入っています。

ディーラーメカニックコメント「チームワークの重要性をあらためて感じました」

担当車両:SYMS TEIN DL WRX STI
大井 聖靖(おおい きよやす)29歳
スバル信州株式会社 小諸店 サービスエンジニア
メカニック歴9年

 応募のきっかけは、会社の先輩が昨年参加したことだったと、大井は言います。

「先輩から『仕事に対する気持ちが変わる』と聞いたことが印象に残っていました。もともとSUPER GTをはじめとするモータースポーツにも興味がありましたし、通常業務を続けていくなかで、新しい挑戦が必要だと考えていたこともあり、応募を決めました」

「私が担当したのは基本的な作業でしたが、例えば締付けトルクに関してもしっかりと管理されていた点などが印象的でした。これだけ過酷な状況で使用された車両を、その場で直して送り出すなんて、通常業務ではあり得ません。そのなかで、目の前の作業に対してしっかりと頭の中でシミュレーションすることも重要だと知りました。限られた時間内で作業を行うためにも重要ですし、自分の職場に戻ってからも、作業時間の短縮はお客様も喜びますし、会社の利益にもなるはずです」と、ラリーに参加して気がついた点を語ってくれました。

 また、日頃の業務に活かせそうな点についても大きな収穫があったようです。
「チームからも色々と声をかけて頂き、やるべきことが分かった状態で作業ができました。リーダーからの指示も含めて、チームワークの重要性をあらためて感じました。後輩との接し方など、きっと自分の仕事でも役立つはずです。先にも言いましたが、自分の動き方のイメージを持ったうえで行えば、これまで以上にスムーズに作業を進められるはずです。今回は本当に得難い経験をできましたし、参加できて良かったです。もしチャンスがあれば、ぜひ応募したいと思います」

 次戦は11月4日(金)〜6日(日)に開催される第9戦「新城ラリー2016」(愛知県新城市)です。2016年シーズンもいよいよ最終戦、今回の優勝で波に乗る鎌田と、チャンピオンの権利がかかる勝田、新井がどのような走りを見せるか、次戦もSUBARU勢の奮闘にご注目ください。

【スバルSTI プレスリリース】

次の記事
コバライネンがラリー北海道に参戦。「もともとラリーが好きだった」

前の記事

コバライネンがラリー北海道に参戦。「もともとラリーが好きだった」

次の記事

女性のためのモータースポーツプロジェクト、TGR WOMANが新城ラリーで出展

女性のためのモータースポーツプロジェクト、TGR WOMANが新城ラリーで出展
コメントを読み込む