【全日本ラリー】開幕戦:SUBARUの勝田範彦がトップでゴール

2017年全日本ラリー選手権第1戦「ラリーオブ嬬恋2017」は、SUBARU WRX STIの勝田範彦/石田裕一がトップでゴールした。【プレスリリース】

 2017年全日本ラリー選手権第1戦「ラリーオブ嬬恋2017」は、2月5日(日)にすべての競技を終了して、SUBARU WRX STIの勝田範彦/石田裕一がトップでゴールしました。また、2日目を終えて2番手を走行していた鎌田卓麻/市野諮が2番手でゴールしました。終盤3番手につけていた新井敏弘/田中直哉は、リタイアを喫しています。

リードを保ち冷静な走りを見せた勝田 

 競技最終日となった5日(日)は、午後から天候が崩れ、雪が降り出すという難しいコンディションに。刻一刻と変化していく路面への対応力が問われる1日となりました。SS14-20の計7SS、SS距離は36.608kmと、3日間で最も長いSS距離を走行することとなります。デイポイント(デイごとのトップ3に与えられるポイント)を狙ってアタックするか、ポジションキープに専念するか、上位選手の作戦に注目が集まりました。

 この日最初のSSは、高速ステージの『Aisainooka』です。ラリー最長の7.355kmを制した鎌田は、勝田との差をじわりと詰めていきます。このSSで鎌田は背後に迫る新井に14.4秒差をつけ、総合のタイム差でも単独2番手のポジションを固めていきます。続くSS15では勝田が鎌田の追い上げに動じることなくベストタイムで応戦。同じSSで新井はスノーバンクにヒットしタイヤをパンクしてしまい、総合4番手に後退してしまいます。結局、勝田は無理のない走りで2番手鎌田との差を守り切り、一度もトップの座を譲ることなくゴールを果たしました。新井はSS17で総合3番手に復帰したものの、SS18を走り切った後、マシントラブルでリタイアを喫することとなりました。

 なお、正式結果は現在審議中のため、現段階では順位が確定していません。

勝田「無事に走りきることができた」 

 初日は僅差の競り合いとなったものの、2日目以降はトップを守り切った勝田は、「すごく気持ちいいラリーでした。ウインターラリーは10年以上ぶりなのですが、その時は雪の壁に当たりながら走るボブスレーのようなイメージがあって、実はあまり出たくなかったんです。でも、スノーバンクもあって、素晴らしいコンディションでした。もっと雪があれば、さらに気持ち良かったでしょうね。自信はありませんでしたが、タイヤもクルマもとても良く、大きなトラブルやミスもなく走り切ることができました」と、久々の出場となったスノーラリーの感想を語りました。

 2番手でゴールした鎌田は、「クルマには勝てるポテンシャルはあったんですが、2日目に自分のミスで遅れてしまいました。今日はデイポイント1位を獲ることができましたし、しっかりと2番手を確保できたことは、これからのシリーズを考えると大きいと思います」と、ラリーを振り返りました。 

 次戦は4月7日(金)~9日(日)に佐賀県唐津市で開催される第2戦「ツール・ド・九州2017 in 唐津」です。この舗装路ラリーでは勝田がこれまで11連勝と、非常に得意としているだけに、さらなる勝利を重ねるかに注目が集まります。今回2位の鎌田、惜しくもリタイアとなった新井らSUBARU勢の好走にご期待ください。

【スバルテクニカインターナショナル】

【関連ニュース】

【全日本ラリー】AQTEC、今季体制発表。ラリー車両レンタルも開始

全日本ラリー選手権:SUBARU WRX STIが1-2。鎌田卓麻は今シーズン初優勝

コバライネンがラリー北海道に参戦。「もともとラリーが好きだった」

プジョー 208 R2、全日本ラリー選手権第7戦で優勝:プジョープレスリリース

全日本ラリー選手権結果速報:勝田範彦&石田裕一組のWRXが優勝

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ 全日本ラリー選手権
イベント名 第1戦ラリーオブ嬬恋2017
記事タイプ 速報ニュース