全日本9度王者の奴田原文雄/NUTAHARA Rally team、2022年も最高峰JN-1へ継続参戦

全日本ラリー選手権で9度のシリーズチャンピオン獲得を誇る奴田原文雄は、2022年も引き続き最高峰JN-1クラスへGRヤリスで継続参戦すると発表した。

ADVAN カヤバ KTMS GR ヤリス,NUTAHARA Rally team

 JAF全日本ラリー選手権(JRCA)で最高峰クラス王者に9度輝いた経験を持つラリードライバー、奴田原文雄。彼は昨年、『NUTAHARA Rally team』を立ち上げ全日本ラリーの最高峰JN-1クラスへ参戦。2022年も自チームから継続参戦することが発表された。

 2022年シーズンも、使用する車両はトヨタGRヤリスで継続。コ・ドライバーは奴田原が主宰する『NUTAHARA Rally School』の卒業生、東駿吾が継続して務める。なお今シーズンよりKYBダンパーを装着し、最高峰JN-1クラスを戦うことになった。

 なお2022年の全日本ラリー選手権へは、開幕戦の愛知県新城市をホストタウンに開催される「新城ラリー」から最終戦までの全8戦に出場を予定しており、シリーズチャンピオンを目指すとチームは明かしている。

■ドライバープロフィール 奴田原 文雄(ぬたはら・ふみお)/ 1963年 高知県出身

 PWRC(プロダクションカー世界ラリー選手権)、APRC(アジア- パシフィック・ラリー選手権)、IRC(インターコンチネンタル・ラリーチャレンジ)、2006年「モンテカルロ・ラリー」では PWRC 日本人初の優勝を飾った。米国の「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」EVクラス優勝など海外戦歴のほか、全日本ラリー選手権では9回のシリーズチャンピオン獲得、2002年から5年連続チャンピオンと、国内外で圧倒的な強さを誇る。近年はラリースクールを主宰し、若手育成にも力を入れている。

■コ・ドライバープロフィール 東 駿吾(あずま・しゅんご)/ 1997年 大阪府出身

 2017年に「チーム if 山岳ラリー」でラリーデビュー、翌年から精力的に参戦を重ね、地区戦から全日本選手権、2020年「ラリー・モンテカルロ」のヒストリックにも参戦するなど出場回数を重ねておりラリー歴は6年目。「NUTAHARA Rally School Jr. チーム」の卒業生であり、昨年から奴田原文雄のコ・ドライバーに抜擢された。ベテランである奴田原から直接習得しながら全日本ラリー選手権JN-1クラスにおける実戦経験を積んでおり、チームが期待を寄せる若手選手である。

■チーム概要

チーム名称:NUTAHARA Rally team(ヌタハラ・ラリーチーム)
参戦車両:トヨタ GR ヤリス(JAF 全日本ラリー選手権 JN-1 クラス仕様)
車両名称:ADVAN カヤバ KTMS GR ヤリス
ドライバー:奴田原 文雄(チーム代表兼任)
コ・ドライバー:東 駿吾
チーフエンジニア:山田 淳一(RUTS RACING)
協力:KTMS(KOBE TOYOPET MOTOR SPORT)
タイヤ:横浜ゴム
Webサイト:http://www.nutahara.com

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 2022年”こそ”開催目指すラリージャパン。セントラルラリーから見えてきた課題と期待とは?
次の記事 ヘイキ・コバライネン、全日本ラリーで初の総合優勝! 今季は最高峰JN1挑戦|2022新城ラリー

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本