【全日本F3】岡山開幕3戦:高星、優勝-2位-優勝の完璧な週末

全日本F3選手権が岡山で開幕。早速3レースが行われ、高星明誠が2勝2位1回という絶好のシーズンスタート。アレックス・パロウも第2戦を制した。

 全日本F3選手権の開幕戦が岡山国際サーキットで行われ、第1戦と第3戦を高星明誠(B-Max Racing team with NDDP)が、第2戦をアレックス・パロウ(ThreeBond Racing with Drago corse)がそれぞれ優勝を果たした。

高星、坪井、パロウのバトル
 

 まず4月1日の土曜日には、今季の全日本F3初戦となる第1戦が行われた。ポールポジションを獲得したのはパロウだったが、3番グリッドの高星が絶好のスタートで首位を奪うと、そのまま逃げ切って優勝を決めた。2位には坪井翔、3位には宮田莉朋と、カローラ中京 Kuo TOM'Sのふたりが表彰台を獲得している。PPスタートのパロウは4位でフィニッシュしている。

 日曜日の午前中には第2戦が行われ、PPスタートはまたしてもパロウ。パロウは今度もミスを犯して順位を下げるも、すぐに首位を奪い返す。そのあとはトップの座をキープしたまま18周を走りきり、全日本F3初優勝を果たした。2位には開幕戦勝者の高星、宮田は連続での3位となった。

優勝した高星明誠(中央)、アレックス・パロウ(左)、宮田莉朋(右)
優勝した高星明誠(中央)、アレックス・パロウ(左)、宮田莉朋(右)

Photo by: Toyota

 日曜午後には第3戦が開催。こちらのスターティンググリッドは、第1戦の決勝順。PPスタートの高星は18周を逃げ切り、早くも今季2勝目。開幕ラウンドを優勝-2位-優勝というこれ以上ない形で終えた。2位には4番手スタートのパロウが入り、3位はまたも宮田。宮田は3レース連続での3位となった。

 なお同時に行われたF3-Nクラスは、第1戦と第3戦をDRAGON(B-MAX RACING TEAM)が、第2戦を霜野誠友(シーエムエスモータースポーツプロジェクト)が制している。

 次のラウンドは4月22〜23日の鈴鹿サーキット。第4戦と第5戦の2レースが行われることになっている。

【関連ニュース】

【F3欧州選手権】牧野任祐の参戦発表「スーパーライセンスを獲りたい」

16年全日本F3チャンピオンの山下健太「最終戦のスタート前は特に緊張した」

【全日本F3】トムス、カラーリングを一新し3年連続王者輩出を目指す

【全日本F3】横浜タイヤ、全日本F3へのタイヤ供給契約を3年延長

【F3ヨーロッパ】佐藤万璃音、モトパークからF3ヨーロッパ参戦決定

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ 全日本F3
イベント名 第1大会 岡山国際サーキット(第1.2.3戦)
サーキット 岡山国際サーキット
記事タイプ 速報ニュース