第17戦オートポリス:坪井、5連勝で今季7勝目。ランク首位高星を猛追

全日本F3選手権の第17戦がオートポリスで行われ、坪井翔(カローラ 中京 Kuo TEAM TOM’S)が今季7勝目を挙げた。

 全日本F3選手権の第17戦オートポリスは、坪井翔(カローラ 中京 Kuo TEAM TOM’S)がポール・トゥ・ウィンで今季7勝目を挙げた。

 坪井は富士で行われた第13戦から4連勝を挙げており、ランキングトップの高星明誠(B-MAX RACING TEAM WITH NDDP)を猛追しているが、その差は31ポイントという状態でオートポリスに乗り込んできた。逆転チャンピオンに向けて負けられない状況の中で、坪井は第17戦、18戦ともにポールポジションを獲得し、まずは2ポイントその差を縮めた。

 2番グリッドを獲得したのは、坪井のチームメイトである宮田莉朋。アレックス・パロウ(Three Bond Racing with DRAGO CORSE)が3番手、高星は4番手スタートとなった。

第17戦のスタートシーン
第17戦のスタートシーン

Photo by: Jun Goto

 シグナルが消えレースがスタートすると、宮田がまさかの出遅れ。坪井が順当にホールショットを獲得すると、パロウが2番手に続いた。宮田は高星の後塵を拝する4番手まで後退してしまった。

 坪井はトップを快走。パロウを引き離し、4周目までに3秒以上の差をつけた。

 高星の前に出て坪井を援護したい宮田だが、パロウを先頭とする2番手集団は約1秒ほどの等間隔で、なかなかチャンスが訪れない。

 すると逆に高星がパロウとの差を縮め、プレッシャーを与え始めた。しかし、こちらもすんなりとオーバーテイクすることはできず、一旦は引き離された宮田も含め2番手集団が再び接近した。

 ラスト3周に入る頃には、坪井のリードは11秒以上にまで拡大。逆転チャンピオンに向けて一人旅を続けた。

 高星はファイナルラップのメインストレートでパロウのスリップストリームに入るも、1コーナーでイン側を守ったパロウをオーバーテイクすることはできず。ブレーキで無理をした高星に宮田も接近するが、最後までポジションチェンジは起こらずパロウが2位、高星が3位でフィニッシュとなった。

 独走でトップチェッカーを受けた坪井は、これで5連勝。ファステストラップも記録し、高星とのポイント差を23ポイントまで縮めた。

 レース後、坪井は「まずはホッとしています。1コーナーをトップで通過できれば抜かれないという自信がありました。後ろを見ないで、ファステストを狙ってプッシュし続けました。明日もレースがあるので、今日のようなしっかりしたレースがしたいです」と語った。

 一方の高星は「表彰台を獲り続けていればチャンピオンにはなれるんですけど、やっぱり勝たなければいけないし、色々と考え直さなければいけないレースになりました。足りない部分は気合で乗り切りたいと思います」と気を引き締め直した。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ 全日本F3
イベント名 第8大会 オートポリス(第17.18戦)
サーキット オートポリス
記事タイプ 速報ニュース