笹原右京、大湯都史樹がF3へステップアップ。ホンダ勢は3台参戦

ホンダは、今季全日本F3選手権のラインアップに笹原右京と大湯都史樹、阪口晴南の3台体制となることが明らかになった。

 1月12日(金)、ホンダは東京オートサロンにて2018年のモータースポーツ参戦体制を発表。全日本F3選手権は阪口晴南さらにFIA-F4よりステップアップする大湯都史樹と笹原右京の3台体制となることが明らかになった。

 2018年はHFDP(ホンダのドライバー育成プログラム)から新たなドライバーが選出されることはなく、2017年シーズンでTODA RACINGに在籍していた大津弘樹がチームを離れ、その代わりに阪口晴南が加入。また昨年のFIA-F4でランキング4位となった大湯都史樹がF3へステップアップする。さらにThreeBonda RacingはFIA-F4で昨年デビューウィンを果たし、ランキング2位となった笹原右京を起用する。

 昨年ホンダ勢はアレックス・パロウがシーズン序盤から優勝を飾るなど活躍を見せたが、最終的にはライバルに先行を許し、タイトル獲得を逃した。

 2018年はFIA-F4で存在感のある走りを見せた笹原と大湯が加入することで、どのような走りをみせることができるのか気になるところだ。また全日本F3選手権は3年目となる阪口にとっては、そろそろ優勝が欲しい勝負のシーズンとなりそうだ。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ 全日本F3
記事タイプ 速報ニュース