トップイベント
F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days

全日本F3第9戦|トムス今季初ワンツー! 宮田莉朋が今季3勝目

シェア
コメント
全日本F3第9戦|トムス今季初ワンツー! 宮田莉朋が今季3勝目
執筆:
2019/06/22 12:17

2019全日本F3選手権第9戦がスポーツランドSUGOで行われ、宮田莉朋が今季3勝目をあげた。

 2019全日本F3選手権はスポーツランドSUGOに舞台を移した。第9戦決勝は、ポールポジションからスタートした宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TEAM TOM’S)が独走で今季3勝目をあげた。

 午前中に行われた予選では、途中から雨が降り出す難しいコンディションとなった。その中でランキング2位につける宮田が速さをみせ第9戦のポールポジションを獲得。チームメイトの小高一斗が2番グリッドとなり、トムス勢がフロントロウを独占した。

一方、ポイントリーダーのサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark)はタイムアタックのタイミングがうまく噛み合わず、5番グリッドからのスタートとなった。

 同日午後に行われた第9戦の決勝レースでは、宮田が好スタートを決め、首位で1コーナーを抜けた。フェネストラズはチームメイトのエナム・アーメドをかわして4番手に浮上した。

 3周目の1コーナーで、山口大陸(TAIROKU RACING)とDRAGON(B-Max Racing with motopark)が接触。2コーナーでストップしたDRAGONのマシンは左リヤサスペンションが曲がっており、そのままリタイアとなった。山口は接触の後もしばらく走行を続けていたが、最終コーナー手前でマシンを止めてしまった。

 マシンの回収のためにセーフティカーが導入され、5周にわたってレースをコントロール。9周目にレースが再開された。

 フェネストラズは3番手のシャルル・ミレッシ(OIRC team YTB)に襲いかかり、10周目の2コーナーでオーバーテイクした。その際に接触があったのか、ミレッシはガレージにマシンを収めてリタイアとなった。

 一方首位をひた走る宮田は、ファステストラップを更新しながら後続との差をじわじわと広げていく。終盤は小高と3番手に浮上したフェネストラズとのバトルになっていった。

 宮田はそのまま逃げ切りトップでチェッカー。今季3勝目をあげるとともに、ファステストラップも記録。今季初めてフルマークを達成し、30ポイントあったフェネストラズとの差を23ポイントに縮めた。

 小高はフェネストラズからの猛攻を凌ぎきり2位。全日本F3での最高成績を収め、カローラ中京Kuo TEAM TOM'Sは今季初のワンツーフィニッシュを飾った。3位にはフェネストラズが入り、いつもより後方からスタートとなったレースで、きっちりと表彰台の一角を確保した。 

次の記事
岡山で初優勝したOIRC team YTB、今後は台風の目となるか?

前の記事

岡山で初優勝したOIRC team YTB、今後は台風の目となるか?

次の記事

全日本F3第10戦|大湯都史樹が初優勝、抗議提出により正式結果は保留

全日本F3第10戦|大湯都史樹が初優勝、抗議提出により正式結果は保留
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ 全日本F3
イベント SUGO
サブイベント 第9戦
執筆者 戎井健一郎