SUGO大会予選:坪井、チャンピオンに王手。レコード更新でPP獲得

シェア
コメント
SUGO大会予選:坪井、チャンピオンに王手。レコード更新でPP獲得
執筆: 青山 悦子
2018/09/29 0:42

全日本F3 SUGO大会の予選が行われ、第15戦、16戦ともに坪井翔(カローラ中京 Kuo TOM’S F317)がポールポジションを獲得した。

 全日本F3選手権SUGO大会の予選が行われ、第15戦、16戦ともにカローラ中京 Kuo TOM’S F317の坪井翔がポールポジションを獲得した。

 今回の予選では、ベストタイムが第15戦のグリッドとなり、セカンドベストタイムが第16戦のグリッドとして採用される。

 午前8時のセッション開始と共に各車コースイン。1分13秒台のタイムが並ぶ中、ランキング首位の坪井が早々に1分12秒955というトップタイムをマークした。

 その直後、開始から6分ほど経過したところで河野駿佑(HubAuto F318)がターン9”馬の背コーナー”でコースアウトしてしまった。マシンの左フロントにダメージを負っているようにも見えた。河野は自力でマシンを降り、ここで予選を終えることになった。河野は他車との接触をしたようだが、レーシングインシデントとして処理された。

 河野のマシンを回収するためにセッションは赤旗中断となったが、約10分後には再開。ここからはTOM’Sの2台がトップタイムを更新し合っていった。宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM’S F317)がタイムを伸ばして1分12秒301と坪井のタイムを上回り、その後も坪井よりも速いタイムを記録し続けた。

 しかしセッション終盤に新品タイヤを投入すると、徐々にタイムを伸ばした坪井が1分11秒871とコースレコードを更新するタイムをマークした。宮田もタイムを上げたが坪井には届かず、第15戦のポールポジションを獲得した。セカンドベストでもトップとなり、第16戦のポールポジションも決定した。チームメイトの宮田が2番手につけ、TOM’S勢が2レースともにフロントロウを独占した。

 3番手につけたのは現在ランキング3位に位置する笹原右京(THREEBOND)。タイムは1分12秒248で、セカンドベストでも3番手に入った。4番手、5番手にはTODA FIGHTEX勢の大湯都史樹、阪口晴南が並び、6番手は 金丸悠(B-MAX RACING F3)となった。

 日曜日に行われる第17戦のグリッドは第15戦の結果が、第9戦のグリッドは第16戦の結果がそれぞれ反映されることになっている。

全日本F3選手権 第15戦予選結果

1. 坪井翔(カローラ中京 Kuo TOM’S F317)/1:11.871

2. 宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM’S F317)/1:12.058

3. 笹原右京(THREEBOND)/1:12.248

4. 大湯都史樹(TODA FIGHTEX)/1:12.483

5. 阪口晴南(TODA FIGHTEX)/1:12.533

6. 金丸悠(B-MAX RACING F3)/1:12.594

7. 小高一斗(Planex スマカメ・F3)/1:12.699

8. 片山義章(YTB F318)/1:12.827

9. 藤波清斗(B-MAX RACING F3)/1:12.994

10. 根本悠生(Albirex-RT)/1:13.655

11. DRAGON(TEAM DRAGON F3)/1:14.093

12. 三浦愛(EXEDY B-Max F317)/1:14.238

13. 山口大陸(タイロクレーシング28号)/1:14.325

14. ジェイク・パーソンズ(NODAレーシング)/1:15.604

15. 吉田基良(B-MAX ENGINEERING F3)/1:16.993

16. 河野駿佑(HubAuto F318)/1:25.703

第16戦予選結果

1. 坪井翔(カローラ中京 Kuo TOM’S F317)/1:12.040

2. 宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM’S F317)/1:12.121

3. 笹原右京(THREEBOND)/1:12.495

4. 阪口晴南(TODRA FIGHTEX)/1:12.557

5. 大湯都史樹(TODRA FIGHTEX)/1:12.665

6. 金丸悠(B-MAX RACING F3)/1:12.682

7. 小高一斗(Planex スマカメ・F3)/1:12.848

8. 片山義章(YTB F318)/1:12.881

9. 藤波清斗(B-MAX RACING F3)/1:13.411

10. 根本悠生(Albirex-RT)/1:13.702

11. DRAGON(TEAM DRAGON F3)/1:14.396

12. 山口大陸(タイロクレーシング28号)/1:14.488

13. 三浦愛(EXEDY B-Max F317)/1:14.507

14. ジェイク・パーソンズ(FS-Nクラス/NODAレーシング)/1:15.829

15. 吉田基良(B-MAX ENGINEERING F3)/1:17.122

16. 河野駿佑(HubAuto F318)/1:27.511

次の記事
笹原右京、ウエットでの調子に自信「レースではTOM'Sを倒したい」

前の記事

笹原右京、ウエットでの調子に自信「レースではTOM'Sを倒したい」

次の記事

S耐王者の藤波、今季2度目のF3参戦「最低でもポイントを獲得する」

S耐王者の藤波、今季2度目のF3参戦「最低でもポイントを獲得する」
Load comments

この記事について

シリーズ 全日本F3
イベント 全日本F3第15、16、17、9戦
サブイベント 土曜日 予選
執筆者 青山 悦子
記事タイプ 予選レポート